Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

社内運動会の企画と人気の種目!運営をするメリットとデメリット

スポンサードリンク

人気の社内イベント企画 社内運動会

最近見直されているのが、社内での交流や関りなど上司と部下、同僚同士などの繋がりになります。

仕事をしているだけだとなかなか深まりにくいのですが積極的に会社として何かを実施してコミュニケーションを深めたい。

そんな考えから社内運動会を実施している会社が最近は増えてきているんですよね。

社内運動会をすることで普段話をしない人とチームになったり、関係性を深めたり、一緒に協力をしたりすることでフラットな関係性を作ることができるといわれていますのでメリットも高いです。

もちろん、みんなが楽しめる企画や運営は大事。

そこで社内運動会で人気の曲や種目、開催時期や運営の方法などをなどについて書いていきたいと思います。

社内運動会の目的

社内運動会なんてひと昔前の話では?と思う方もいらっしゃると思いますが、実はそんなことは有りません。

最近が社内の雰囲気を元気にするため、積極的に取り入れたり交流の場として人気を集めていく企画となっており昔よりもより積極的に取り入れる会社が多くなってきています。

主な目的は「社内のコミュニケーションの向上」「協力をする力」です。

企画も大変ですし準備に時間もかかります。

また、会社内からは文句や不満も出てくることになることもありますが、社内運動会がおわったがおわったとは、社内の会社の雰囲気が良くなったり、チームとしての雰囲気も良くなったり、交流がさらに深められたりします。

その後業績が上がったという成功事例をみて、先見性のある会社がすでに取り入れることもあるみたいですね。

社内にいるとパソコン業務は会議に追われて、大事な顔を見て話すと言うことも無くなっていますので、あえて社内運動会という交流の場をつくって関係を磨いていくとよりよくなることもありますね。

社内運動会の競技

社内運動会で人気の競技は、ちょっと特殊な感じのものが多いです。

小学校や中学校でやっているような競技を取り入れてもよいですし、社内運動会独特の競技を取り入れても良いでしょう。

例えば人気の借り物競争ですが、社内運動会では「借り者競争」と変えて人を借ります。

”営業が上手なひと” ”プレゼンが上手いひと”という具合に人と人をつなぐ競技なんておもしろいですね。

その際にはコメントをもらうなどすると楽しめます。

他にも「役員人間ボーリング」なんて面白いといわれています。

会社の役員の顔を貼ったピンに思い切りボールを投げる。

ピンがはじけると思った以上に盛り上がります。

とにかくみんなが楽しめることが大事なので、リレー、玉入れ、借りもの競争、ボールリレー、綱引きなどはテッパンの競技と言えます。他にも騎馬戦、棒引きなど。

社内の特色を出して、コンクリートの会社ならコンクリートの早固めや、お米の会社ならバトンをお米の袋(10kg)にするなど会社の特徴を出してもおもしろいでしょう。

衣装もそろえよう

衣装もみんなで揃えるとさらに一致団結感が出ますのでチームごと、部署ごとに色を変えるなどしても面白いです。

最近はデザインTシャツはとても安価に購入が可能です。

プロフェッショナルに依頼をする方法もある

プログラムや企画ができるなら自社で行なうほうがよいのですが、社内運動会やりたいけれどもどうやれば良いかわからないという会社の社員も多いでしょう。

そんな会社には社内運動会の企画や運営をしてくれるプロフェッショナルな会社がありますのでうまく利用してみましょう!

社内運動会のイメージがわかない方はデンソーの運動会がすごいと言われています。

他にもYouTubeにいろいろとアップをされていますので参考にしてください。

運動会の企画運営の会社に依頼をした場合には会場の段取りから準備、後片付けに至るまですべてを請け負ってくれますし盛り上がることも間違いないといわれています。

最近の事例を紹介すると、

・アフター5にちょこっと運動会

・〇周年記念に運動会

・社員旅行で運動会

・同窓会で運動会

など社内のコミュニケーションなどを活発化させるためにできることをどんどんさせていきましょうということですね。

上司と部下やその家族などもみんなでやることで会社全体の雰囲気が変わったという事例もありますので取り組んでみてはいかがでしょうか?

会社の起爆剤としての効果もある

ここ数年が社内運動会の再来として人気になっていますので、会社の雰囲気を一新したい、社員全員でコミュニケーションを取りたいというときに起爆剤としての効果もあります。

実際に社内運動会を実施している会社は雰囲気が変わったという声も多いのである意味取り入れてみると良いかもしれませんね。

社内運動会をプロフェッショナルに依頼 料金はいくら?

たしかにプロにお願いをすれば運営もラクになるのですが、実際にお願いをした場合にどれくらいの料金が必要なのでしょうか??

価格表をみてみると、参加人数150名の予定になると。

コスト重視タイプで80万円~

ベーシックなタイプで150万円~

完全パックで400万円

相場はこれくらいになっており、あとは会社の予算と相談をしてどこまでの料金を支払うかよると思いますね。

だいたい競技数は10程度で一人が2~3競技は参加をできるようなプランになっています。

社内の活性化という点で最近新たなブームとなっていますので社内運動会を検討をしている方は参考にしていただければと思います。

私の会社でも提案してみようかな??と思いますね

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク