Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ピカールの使い方と効果をレビュー!自転車を磨くのにおすすめ

スポンサードリンク

拭いても落ちたない自転車の汚れ

管理人の私はここ5年ほどクロスバイクに乗っています。

クロスバイクといえば今も流行していますが、スピード系の自転車として人気を集めており、ロードバイクのようなハンドルではなく、まっすぐのものが多いので初心者でも乗りやすい。

そしてスピードも出るということでかなり人気となっている自転車ですね。

そんな自転車も5年も乗っていると、困ることが原因不明の黒ずみ汚れ。

自転車屋の人に聞いてみると油と道路の汚れなどいろいろなものが混ざっている状態なので研磨剤入りのスポンジでも効果は薄かったです。

そこで、自転車屋さんに聞いて教えてもらったのが「ピカール」という商品です。

これで自転車についている黒ずみ汚れが驚くほど落ちましたので紹介をしていきましょう。

ピカールとは?

まず、ピカールって聞いても「それなに?」という方も多いことでしょう。

そこで、ピカールについてまずは書いていきたいと思います。

ピカールは日本磨料工業株式会社が作っている商品で、簡単にいうと研磨剤入りの汚れ落としとなっており、真ちゅう、銅、ステンレス、アルミ、錫、鉄、等の金属、及びプラスチック類などの汚れと落とすことに適している商品となります。

液体と固体のようなタイプが売っているのですが、液体の方が使いやすいと言われていますので私は液体型を購入。

これで自転車をきれいにするため磨きましたね。

ただし、なんでも汚れがよく落ちるというわけではなく不向きな部分もありますので紹介をしていくと、塗装、コーティング、金銀メッキ、その他特殊な表面処理をしたものは汚れを落とすどころは表面を傷つけてしまう可能性もあるためやめおきましょう。

ちなみに海外にはピカールという冷凍職員もAmazonなどで検索するとでてきますが、名前は同じで全く異なる商品なので注意をして下さいね。

使い方

ピカールの使い方は簡単です。

1,フタをとる前に缶ごとよく振りましょう。

2,柔らかい布に適量をつけ、汚れがとれるまで磨きましょう。

3,十分磨けましたら別の柔らかい乾いた布でふき取りましょう。

※食器等に使用した場合は、食器用洗剤で十分に洗い流してください。

こんな風に液体を付けるだけできれいにすることができますが注意点もありますので以下に書いていきます。

<注意事項>

※長時間使用する場合や皮膚の弱い人は保護手袋を着用してください。

※換気の良い場所で使用してください。

便利な場所としては、ステンレスのキッチンや自転車、バイクのさび取り、仏具磨きなどには最適でピカピカになります。

使用の注意点

ただし、ピカールで何でも磨けばよいというものではなく注意点もありますのでいかに書いていきましょう。

気を付けたいことは箇条書きにしていきますので参考にしてください。

・強くこすらないこと

※ピカールには研磨(表面を削る)効果があるため、力を入れてこすりすぎると磨き傷の原因となります。

・使える素材を確認する

※ほとんどの金属類に使えるというのもピカールの魅力なのですが、使用に向いていないものもありますので確認をしましょう。

・高価なものに使うときは注意をしよう

※高価なものに使えるのかといわれるとそれは「?」ですので繊細なものや高価なものはピカールで磨くのにはおすすめしません。

・手袋をつけて換気をすること

※ピカールには灯油の成分が含まれていますので手袋を着用し、できれば屋外で利用をしましょう。

・使う際には自己責任

※いろいろなものをピカピカにできるピカールですので汎用性も非常に高いです。

その反面中には使えなかったり、色が変色してしまったという口コミもありますのであくまでも自己責任でそこないましょう。どうしても利用をしたい場合には目立たないところで試してから行いましょう。

ピカールの効果を紹介

では、私が実際に自転車に使用をしてみたビフォーとアフターについて紹介をしていきましょう。

まず、こちらが私の自転車のビフォーです。

5年間磨いたこともなかったためにこびりついている黒ずみ汚れがひどいことになっていますね。

これ、研磨剤入りのスポンジである激落ちくんを使ってもびくともしなかった汚れなのです。

では、使い方通りつかってみますが、ピカールを振ってからの使用です。

・布にピカールを付けてこする

もちろん、5年以上も積み重なった汚れなのでなかなか簡単には落ちませんが、布につけてこするとひたすら続けることで汚れどんどん落ちていきます。

全部で、30分ほど磨き続けるアフターはこんな感じです。

白い部分がたくさん見えました。

まだ少し黒ずみは残っていますが、後日もう一度するととてもきれいになったのでピカールの効果はすごいですね。

車のヘッドライトなどにも使えるそうです。

購入はどこでできるの?

購入先はいろいろなところにあります。

私はホームセンターのコーナンで購入をしましたが、Amazonや楽天などでも販売をしていますのでお好みのお店て購入をしてください、

ちなみにモノタロウでも取り扱いがあるのでプロも使用している商品だということでしょう。

まとめ

いままで落としたくても落ちなかった自転車の黒ずみ汚れが本当にきれいに落ちました。

長年磨いても磨いてもきれいにならなかった汚れがこんなに簡単にキレイに落ちるなんてびっくりですので自転車の汚れを落としたい方にピカールをおすすめします。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク