Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ホワイトデーお返しの意味!お菓子の意味とホワイトデーの起源について

スポンサードリンク

バレンタインのお返し ホワイトデー

彼女は職場の同僚から2月14日のバレンタインでチョコレートをもらうこともあるでしょう。

そんなときに男性からはホワイトデーにお返しをするという風習が残っていますね。

これってバレンタインにチョコレートをもらった男子が必ずすることなのですが、そもそもホワイトデーにお返しをする意味は何でしょうか?

また、女性に喜ばれるホワイトデーの人気のプレゼントとは何でしょうか?

そんなホワイトデーの意味は人気のプレゼントについて書いていきましょう。

ホワイトデーとは?

ホワイトデーは一般的にバレンタインデーにチョコレートやプレゼントなどをもらった男性からお返しとしてキャンディ、マシュマロ、ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性に贈る日とされています。

バレンタインデーが2月14日なのですが、そのちょうど一か月後の3月14日に届けるというのが習慣となっていますね。

起源は?

ホワイトデーは海外でも普通に行われている習慣だと思っていたのですが・・・

実はホワイトデーの起源は「日本」となっており、ヨーロッパや欧米では基本的にない週間となっており、どうやらホワイトデーの仕掛け人は日本のお菓子屋さんだというのが一番有力とされています。

ただし、その諸説にはいろいろとありおもに3つあるので紹介をしていきましょう。

不二家説

不二家といえば、日本で誰もが知っているペコちゃんで人気のお菓子屋さんとなっていますね。

そんな不二家が日本でバレンタインデーが定着をしているならば、お菓子業界でそれにお返しをする人作ってみてはどうなのか?という提案がなされました。

その提案から昭和40年代に入って以降は各お店によってばらばらに「お返しの贈り物の日」という感じでビスケットやマシュマロ、ビスケットなどを販売するようになったのですが、不二家が「リターンバレンタイン」の名称でバレンタインデーのお返しの宣伝を行うようのなったのです。

1973年にエイワと呼ばれるお菓子屋さんと協力をして3月14日にマシュマロを販売するキャンぺーンを開始して、ホワイトデーが定着をしたと言われています。

石村萬盛堂説

お菓子の不二家説は有力だったのですが、実はもう一つ有力な説があります。

それは福岡市にある老舗の菓子屋石村萬盛堂となっていますね。

その和菓子屋の社長がバレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも渡してほしいと少女雑誌に書いてあるのを発見し、バレンタインデーのお返しにマシュマロを渡す日を創設し、返礼用マシュマロ菓子として販売をしたのが始まりではないかと言われています。

全国飴菓子工業協同組合説

全国飴菓子工業協同組合は1978年にキャンディを贈る日としてホワイトデーを制定し、2年後の1980年に三越と電通の協力をもとにイベントやキャンペーンをスタートさせました。

ホワイトデーを3月14日に制定をした理由は269年2月14日に自由結婚禁止令政策に背いて結婚をしようとした男女を救うためにウァレンテクヌス司祭が殉教したが、その一か月後の3月14日にその2人が改めて永遠の愛を誓ったとされていることが主な理由となっています。

他の国ではどうなのか?

他の国のホワイトデー文化といえば、中国、台湾、韓国など東アジアの一部では定着をしています。

しかし先ほども書いたようにヨーロッパなどの他の地域ではあまり見られないのでアジア圏や日本のみでの習慣といえるでしょう。

日本でホワイトデーが浸透をした理由としては日本人はものをもらったらお返しをしなければ気が済まない国民性があることから定着をしたのではないかと言われています。

たしかに日本人は義理堅い性格なので、そこがうまくビジネスとして成功をしたのだと思いますね。

ホワイトデーのお返しのお菓子の意味

ホワイトデーの起源はわかっていただけたかと思いますが、実は大事なことがあります。

バレンタインデーにチョコレートをもらうことは定番化していますが、ホワイトデーに返すものは定番化していないというのが正直なところです。

そのため女性に喜ばれるものを贈ったり、お菓子を贈ったりするのが定番となっており、お返しの値段はもらったチョコレートの1.5倍から2倍くらいが相場だといわれています。

お返しにお菓子を贈る場合の定番といえば「キャンディ」「マシュマロ」「クッキー」となります。

それぞれに意味がありますが実はお返しをするお菓子によってお返しの意味が異なってしまいますので注意をしまましょう。

好きな子へ「私も好きです」を返事をする予定が間違ったお菓子を渡すと後で大変なことになりますのでお返しをする意味をしっておきましょう。

その意味とは?

・マシュマロ→あなたが嫌いです。

・クッキー→友達でいてください。

・キャンディ→あなたのことが好きです。

こんな意味が込められているようです。

他のお菓子やチョコレートならば問題はないと思いますが、この3つにはこんな意味が混められており、知っている女性も多いため「なんでもよいか」と軽い気持ちでお返しをしないように気を付けましょう。

特に彼女へお菓子を返すときにはキャンディしかダメですよ。

他のお菓子の意味

実は他のお菓子にも意味があります。

他のここ最近のお菓子の定番と言えばマドレーヌやマカロンになります。

マドレーヌ→2枚の貝がぴったりと合わさることから「あなたと仲良くなりたい」という意味。

マカロン→他の商品よりも高いので「特別な存在」という意味。

もちろんお菓子ではなくネックレスなどのプレゼントを贈るケースも多いようですね。

ホワイトデーのお返し意味のまとめ

ホワイトデーの意味についていろいろと書いてきました。

まさか日本から始まった習慣ということには驚きましたね。

そんなホワイトデーですが、特にお返しをするお菓子には注意が必要です。

「あなたのことが好きです」という意味を伝えるつもりが、マシュマロを渡すことで「あなたのことが嫌いです」になってしまいます。

もちろん女性が意味を知らないかもしれないので、そんな時には手紙や言葉で意味も伝えると良いでしょう。

しかし、あくまでもこれは決まっていることで女性の好き嫌いもあると思いますのでそれに合わせてあげてください。

何よりも言葉で伝えることが大事ですので、女性に思いを伝えましょう。

→ ゴディバのチョコが高い理由は?バレンタインの本命に贈るチョコ

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク