Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

iPhoneのアプリを削除する方法とできない時の対処法

スポンサードリンク

iPhoneは人気のスマートフォン

iPhone(アイフォン)といえば世界で最も人気のスマートフォンとなっており、使いやすさとデザイン性で人気となっており、多くの人たちから支持をされています。

筆者である私もずっとiPhoneユーザーでiPhone(アイフォン)4からずっと使っており、今後もiPhone以外のスマートフォンを使おうとはあまり思っていません。

友人らもみんなiPhoneなので他のアンドロイドなどを持つには勇気もいりますし・・。

そんなiPhoneを便利にしているのが「アプリ」と呼ばれる機能です。

ダウンロードをして自分用にカスタマイズするのですが、ダウンロードしたけれどもいらないアプリの削除の方法がわからない。

また「なぜか削除ができない」という人がいますのでアプリを削除する方法について書いていきます。

アプリとは何か教えて?

アプリの意味なんて知っているよ。

そんな声も聞こえてきそうですが、知らない方のためにもアプリとは?というところは書いていきたいと思います。

アプリの意味はいろいろとあるのですが、簡単に説明をすると「何かをするためのプログラム」という考えとなっており、正式名称は「アプリケーション」の略となります。

アプリあるだけでは意味がない

基本的にはアプリをうまく利用することが重要となってきますので、トップの画面でアプリをインストールしておくことですぐに使えるようになります。

そのアプリに登録などをすることによりスムーズに使えるようになるのですが、放っておくと大変なことになる場合もあります。

アップデートをさせること

アプリには有料のものと無料のものがあり、その都度不具合が起こるとアップデートと言い進化をしていきます。

iPhoneならば普段は自動でアップロードをしてくれますので基本的には何もしなくても良いです。

もし自分で操作をしたい方はiPhoneに入っている「App Store」からアップデートをさせましょう。

アプリが黒くなっており、時計のような状態になっているときは待機中でアップデートをしている証拠です。

アップデートができない時もある

しかし、時にはアプリを作っている会社がつぶれてしまいアップデートができない、されないというときもありますのでその時はあきらめましょう。

私も好きなゲームがあったのですが、最終的にアプリを開発した会社がつぶれてしまい結果として何も操作もできなくなってしまったという経験もあります。

アプリとコンテンツの違い

アプリとコンテンツという言葉があり、この2つを混同してしまう場合もありますので2つの違いについて書いていきましょう。

アプリケーション

アプリケーションは基本的に「webを閲覧する」「誰かとコミュニケーションをとる」「写真を加工する」といった何らかの作業をするためのソフトウェアで、ブラウザ(IE、chromeなど)・LINE・リマインダーなどがその代表です。

コンテンツ

一方、コンテンツとは写真や動画、デジタルコミックなどアプリケーションを通して出来上がった作品一つずつを指しますが、ゲームアプリなどはコンテンツとしての側面もあるのでどちらも定義をすることは難しいといわれています。

人気のランキングと問題

アプリを入れておくと、今やりたい用事や欲求をすぐに満たすことができます。

例えば、道がわからないならばGoogleマップを使ったり、料理の作り方を知りたいならばクックパッド、ニュースを知りたいならばスマートニュース、動画を見たいならばYouTubeなどおすすめのアプリはいろいろとあります。

また、万人に人気て定番のアプリもあれば、ニッチなファンの人に人気のアプリもありますので人によっていろいろと入れているアプリはことなりますね。

ちなみにこの記事を書いている日のランキング(無料版)

1位はSpotifay・・・無料と有料があり自動で音楽が流れる音楽アプリで人気です。

2位はline・・・無料通話に、メールのようなチャット機能で定番のアプリです。

3位はDMM TELLER・・・橋本環奈がCMに出ているチャット型小説

4位はYouTube・・・世界で一番見られている動画コンテンツ

5位はinstagram(インスタグラム)・・・写真投稿型のSNS

ゲームがトップ5に入っていないの意外でしたが、Akinatorと呼ばれるアプリは長期間人気となっています。

しかし、アプリは便利なのですが数があまりにも多く私自身もそうなのですが、どれだけのアプリをインストールしているのかわからなくなることもあり画面にほとんど使っていないアプリをダウンロードしていることもしばしば・・・。

そんなときには不要なアプリをアンインストール(削除)して整理をすることをおすすめします。

アプリの削除と移動の方法

間違って入れてしまった、入れたけれどももういらないアプリがあるなんて人もいることでしょう。

そんなときにIphoneはとても便利ですぐに削除できますし、すぐに移動をすることができますね。

方法はとても簡単です。

1.削除したいアプリを長押しする。

2.するとアプリの上も×(バツ)マークが出てくるのでそれをタッチする。

これで削除は完了です。

×マークを出しているときに、そのアプリを押したままスライドすることによりアプリを違うページにも移動させられますし、同じ系統のアプリの上におくとフォルダでまとめてくれる機能もあります。

削除、移動、まとめるの3つの方法でIphoneのアプリを整理すると自分自身も使いやすくなるメリットがありますので便利ですね。

アプリを整理しよう

私も昨年くらいまではダウンロードをしたアプリをすべて各ページに置いていたことからiPhoneのスライドが4ページになっていました。

しかし、それだけページが多いと正直面倒になりますどこに何があるかわからなくなります。

そこで、私は2ページ以上はスライドさせないと決めてアプリを整理するようにしていますので、iPhoneの画面がアプリだらけの人は一度整理をしてみてはいかがでしょうか?

アプリが削除できない

しかし、時には「削除できないんだけど」という質問を見かけるときもありますね。

その理由は最初からインストールをされているアプリは削除ができない仕組みとなっているからです。

・電話

・Safari

・メッセージ

・写真

・カメラ

・時計

・App Store

・ヘルスケア

・設定

・iPhoneを探す

・Wallet

こちらの11個のアプリは基本的削除ができないことになりますが非表示にすることができます。

非表示の方法は「設定」→「一般」→「機能制限」へ進んでください。

※普段「機能制限」をオフにしている方は、「機能制限を設定」をタップし機能制限用のパスコードを2回入力して設定しましょう・

あとは簡単で、「AppStore」を非表示にしたい場合は、「インストール」の項目をオフにしておけばIphoneの中はappstoreには残っていますが表では非表示の扱いとなりますので便利です。

復元の方法は?

時には間違ってアプリを消してしまうことがあるかもしれません。

そんなときには復元をするようにしてください。

パソコンを利用したり、icloudを利用したりいろいろな方法があるのは正直なところなのですが、一番シンプルで簡単な方法はappstoreで戻したいアプリを検索すると、雲のマークがアプリの横に登場をします。

あとは、それを押せば画面へ自動的に戻ることになりますのでとても便利な方法となりますね。

復元の作業は外で行うと、通信もかかってしまういますしバッテリーも消耗をすることになりますので、できれば自宅でWi-Fiをつないで行うようにしてくださいね。

ちなみにアプリ関係をいじっているとバッテリーの消耗は激しくなり、iPhoneが古くなると劣化もしていきますので、一日充電が持たない場合もあります。

そんなときにはアップルストアでバッテリーの無償交換をしてくれますのでそれを利用してみてくださいね。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法と交換する方法

アプリの削除方法のまとめ

アプリの削除の方法や削除できないアプリなどについて紹介をしてきました。

アプリは便利なものなのですが、何でも入れてしまうと正直面倒になることもありますし数が多いと把握もできなくなります。

そのため整理をするためにも削除をしたり、復元をしたりすることが重要となりますね。

iPhoneなどのスマートフォンを使っていくと使うアプリと使わないアプリをより精査できるようになりますので必要なアプリはそのまま、いらないアプリは削除をするなどをして整理をしましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク