Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

風邪と花粉症の症状の違い5選?咳と鼻水とのどの痛みをチェック

スポンサードリンク

違いがわからない!花粉症と風邪の違い

鼻水がとまらない、くしゃみがとまらない、鼻が辛い。

そんな症状がでてくると「風邪かな?」なんて疑った時期もありましたが、花粉症の季節にそんな症状がでたらどっちかわかりませんよね。

もしかして、風邪?花粉症?なんて別の病気も疑うことになると思います。

特に花粉が飛散する2月末以降は風邪なのか?花粉症なのかの見極めはむずかしいもの。

そこで、どのようにして風邪と花粉症を見極めればよいのかについて調べてみましたので書いていきましょう。

→ 花粉症はヨーグルトで抑えられる?対策と症状と原因について

花粉症と風邪の症状

まず一番簡単に見分けられる方法として花粉症と風の症状の違いついて書いていきましょう。

同じような症状がでる病気でも実は微妙に異なることがわかっていますので、そこをしっかりと見極めていきたいものですね。

花粉症の症状

まず、さきに花粉症の症状について書いていきましょう。

花粉症は主に4つの症状が出るといわれています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみとなっており、花粉症になっている人のほとんどはこのいずれかの4つの症状が出ることになりますね。

そのほかにも目の充血、のどのかゆみ、頭痛、倦怠感などを訴えることもありますが基本的には上記の4つの症状がでてくるのが基本となります。

風邪の症状

風邪は感染する病気によってことなるのですが、主な症状として現れるのはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳になります。

しかし、上記の4つは初期症状でひどくなるとのどのいたみ、微熱、高熱、悪寒、嘔吐、下痢などを現れることになります。

熱や悪寒に関しては花粉症ででる症状ではないことから風邪だとはっきりとわかりますが、ほかにも花粉症と風邪には大きな違いがありますので紹介をしていきましょう。

→ 花粉症の治療と対策について!大人と子供によって異なる理由

風邪と花粉症の違い5選

実は風邪と花粉症には大きな違いがあり、その違いは5つあります。

その5つで見極めが可能となりますのでしっかりとチェックをしていきましょう。

鼻水と鼻づまり

一番の大きな違いは鼻水や鼻づまりになります。

鼻水が出て花粉症の時期はティッシュが手放せないなんて言うことが多いですが、その理由としてはずっと水のような鼻水がでてしまい止まらないという状態になってしまいます。

それに対して風邪の場合は最初はさらさらの鼻水がでることになりますが数日経過をすれば記録なったり、緑色になったりします。

これは風邪のウィルスによって鼻水の色が変わって出てくることになりますのでそこは大きな違いになります。

また、鼻づまりに関しては花粉症の場合はひどいといわれています。

両方の花が詰まってしまい、鼻水をかんでもずっと出てきてしまうということになりますのでそこも大きな違いになって来る点も大きなポイントです。

くしゃみの回数

花粉症は体の中に入ってくる花粉を外に出そうとする結果くしゃみをするためずっと連続してくしゃみが続くことになりますので注意をしなければなりません。

もちろんなかなか収まらずずっとくしゃみをしていることもありますが、風邪の場合は多くても2~3回程度と少ないくしゃみで済みます。

目のかゆみ

これは、花粉症と風邪の違いとして見極めやすいポイントとなっているのが目のかゆみです。。

風邪の場合は目の病気でないかぎりは目がかゆくなるということはありませんが、花粉症の場合はとにかくかゆみが来ることが多くいつまでも目がかゆいので女性は化粧が落ちてしまった。

男性は目をこすりすぎて目の周りが腫れてしまったなんてことも起こりますね。

風邪症状

次にこちらは風邪症状の独特は者なのですが、発熱、咳、のどの痛みの3つは大きな差がでます。

まず花粉症の場合は上記の3つの症状が現れることはほぼないといえます。

それに対して風邪の症状の場合は上記の3つとも現れる可能性が高く、つねに起こりえる状態だといえますので気を付けなければなりません。

のどが痛いときのチェックとしてはつばを飲み込んだ時は風邪症状で、のどに違和感がある場合には花粉症の症状として出てくるケースが多いでしょう。

頭痛

頭痛に関しても風邪の場合は起こります。

風邪は基本的にウィルスが体に入ることにより起こりますので鈍痛のような痛みになることが多いのですが、花粉症の場合は鼻づまりによる頭痛はあります。

しかし、風邪と比較をすると大きな頭痛ではないことから差がありますね。

症状が出る期間に差がある

花粉症と風邪の大きな違いは症状がでる期間です。

風邪の場合は長くでも1週間程度で収まることが多いのに対して、花粉症の場合はしんどい症状が花粉が出ている間ずっと続くことになりますので2週間以上続くことも当たり前です。

そのため、すぐに快方へむかえば風邪ですがなかなか治らないという場合には花粉症でしょう。

花粉症と風邪の違いのまとめ

ここまで風邪と花粉症の違いについてまとめてきました。

もちろん個人差があり症状にも差があるのはもちろんなのですが、違いがある部分は非常に多いですね。

ただし1つ気を付けたいポイントは風邪と花粉症を併発することです。

鼻水が止まらないので花粉症かと思っていたのだけれども、発熱があって風邪と併発をしていたなんてこともありますので花粉症の時期は風邪の予防にも気を付けておきましょう。

インフルエンザの予防接種時期はいつ?感染の原因と症状と潜伏期間

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク