Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

防災グッズおすすめの必需品5選!必要なものと置き場所

平成が終わって令和にうつろうとしていますが、平成は地震や津波などたくさんの災害が起こりました。

中でも大きな地震がとても多く、阪神淡路大震災や 新潟県中越地方、東日本大震災、熊本地震など大きな地震でたくさんの人もなくなりました。

そんな地震や災害に見舞われている日本ですが、災害から逃げることはできません。

もし起こったときに自分で身を守る必要があります。

そんなときに役立つものが「防災グッズ」です。

万が一の供えてしっかりと準備をしておきたいものですが何をそろえておけばよいのか?わからないという方も多いので紹介をしていきましょう。

スポンサードリンク

防災グッズの選び方とおすすめ

防災グッズの選び方について書いていきましょう。

大事なことは優先順位を決めることと、家族に人数に合わせて持っていけるようにしていくことです。

なんとかして生きていかなければなりませんし、家が倒壊をした場合には学校などへ避難をすることになります。

すると、救助や炊き出しがくるまでも時間もかかってしまいますので注意をしなければなりません。

しかし、「これもあると便利」となんでも詰め込むとカバンがあまりにも重たくなってしまい大変なことになってしまいますので最低限用をしておきたいもの、そしてあれば便利なものを紹介していきましょう。

最低限用意をしておきたいもの

まず、避難をする際には防災グッズを最低限にしておくことです。

たくさん詰め込んで避難に出遅れてしまっては本末転倒なので、最低限なリュックとあれば便利なリュックに分けておくとよいでしょう。

食料

まず、絶対に必要なものは食料です。

食べるものと水があれば人間は生きていけますので、最低限でもよいので非常リュックへ入れておきましょう。

乾パンなど日持ちのするものを入れておいても良いのですが、普段口に入れ慣れていないものはストレスになる可能性もあります。

そのため、好きなお菓子などを入れておくとよいですね、

ただし、チョコレートなど歯磨きができない環境になる可能性もあるため避けておきましょう。

また、水は一人当たり1.5Lを確保することが基本です。

情報を仕入れるための道具

地震や災害にあった際にテレビが見れるとは限りません。

もちろんスマホも回線がパンクをしている状態になりえますので最低限ラジオは入れておきましょう。

手回しの発電型ならば電池切れの心配もないので便利です。

あとは、モバイルバッテリーも必須です。

災害が発生したその日はスマホもあまり使えないかもしれませんが、ある程度日にちが経過をすると使えるようになります。

その時に電池切れでは困ってしまいますので、スマホが5回くらいは充電できるモバイルバッテリーを入れておくとよいですね。

私のおすすめはモバイルバッテリーといえばアンカー!Anker PowerCore 13000のレビューですので参考にして下さい。

これでiPhoneが5回はフル充電できます。

医療品や衛生用品

医療品は必須です。

普段から飲んでいる薬があるのならばその薬を入れておき、消毒液、絆創膏、ガーゼ、胃薬、解熱剤など最低限は入れておきましょう。

また災害時はお風呂へ入ることも難しくなりますし、歯磨きはとても重要です。

そのため、身体を拭くウェットシートや液体歯磨きなどを用意しておき、簡易トイレもあると水洗トイレも使えない可能性もあるので便利です。

防寒グッズ

災害時に寒いと心も体も疲れてしまいます。

特に避難場所となるところには冷暖房は完備をされていませんし、災害時に使えるとは思えません。

そのため、防寒着を用意しておくとよいですね。

薄手の毛布やダウンジャケット、寝袋なんてあるととても良いでしょう。

また、最近はアルミブランケットという薄くて暖かいアルミのアイテムが販売をされています。

見た目はペラペラですが、思っている以上に暖かいので購入をしておくとよいでしょう。

ちなみに私はキャンプ用に寝袋がありますのでそれを必ず持っていきます。

小物

あとは持っておけば便利なアイテムとして靴と軍手は必須です。

災害が起こっている場合には周辺にガラスなどが飛散をしていますので危険です。

そのため、スニーカーをはきましょう。

また、避難所では感染症予防のためにもマスクは複数枚用意をしておきしょう。

他にも紙皿、割りばし、油性マジックやシャープペンなどの筆記用具、身分証明書のコピー、現金(紙幣と硬貨があると便利です。

あとはサランラップはお皿に上に敷いて使えば洗う必要もないですし、食べ物の保存や防寒アイテムとしても使えるので必ず入れておきましょう。

他にも貴重品として印鑑、貯金通帳は必ず持っていくべきです。

防災グッズセットを買うのもおすすめ

もちろんいろいろなものをこまかく購入するのは大変ですよね。

そんなときに便利なのは防災グッズセットです。

最低限の防災グッズは入っており、ほとんどが防災プロが厳選して入れているものなのでスマートに荷物を持っていけるというメリットがあります。

家族4人分をそろえると大変なので、それならば2~3人用を1つ購入しておき、あとは必要なものだけ追加で購入をするという流れにすれば問題ありません。

こちらはラピタという防災グッズをもっと身近なものにしたいという考えから人気の防災グッズセットとなっていますのでおすすめです。

防災グッズの置き場所

防災グッズの置き場所ですが、一番良い場所を知っていますか?

まず一番さっと持っていける場所と玄関もしくは寝室が良いです。

特に玄関はおすすめで非難をしながら防災グッズも持っていけますので必ず持っていきましょう。

防災グッズのまとめ

防災グッズについていろいろと書いてきました。

日本は地震大国となっており、いつ大地震や災害が起こってもおかしくありません。

いざ避難をするときに防災グッズを持っているか持っていないかで大きな差が生まれます。

万が一の備えが生死を分けることになるかもしれませんのでしっかりと用意をしておきたいものですね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク