Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

風水の財布の使い始めの時期と方法とは?縁起のよい財布の選び方も紹介

私はあまり風水とかは信じないタイプなのですが、お金持ちやお金を上手に使っている人は「風水」をうまく使っているという人も多いです。

もちろん財布を選ぶ際に「どんな財布がよいのか?」「風水的にはどんな財布がおすすめなのか?」ということです。

私は今は二つ折りの財布を使っているのですが、そろそろ買い替えも検討をしていますし、金運をよくしていってお金持ちになりたいと思っています。

そのため、一緒に風水による財布の使い方について勉強しましょう。

金運アップの財布の選び方

お金は折らない方が良いので、長財布を利用すべき。

なんて言われていますが財布を選ぶ際に風水的によいものは本当に長財布なのでしょうか?

実際に調べてみたので書いていきましょう。

ただし、以下の3つの点に当てはまるならば今すぐに改善しましょう。

・不要なレシートや使わないポイントカードがいつまでもポケットに入っている。

・返してもらったおつりをそのまま適当に財布に戻している。

・長く使っており、財布の角が擦り切れていたり、破れたりしている。

こんな財布は決してお金が貯まることはありませんので、きちんと買い替えをしてお金が貯まるように買い替えをしましょう。

春財布がおすすめ

財布を購入する際に時期は春が良いとされています。

その理由は春は「張る」という言葉に言い換えることができ、いつもお金がパンパンに詰まっている状態の財布のことを指す言葉につながるからです。

そのため、縁起が良いとされており春に財布を購入したり、変更したりすると良いとされていますね。

ただし、春といっても4月に購入をすればよいのではなく暦の上での4月です。

暦的には春のとらえ方は2つあります。

・1つは冬至(12月21日頃)から雨水(2月17日頃)まで。

・もう1つは立春(2月4日頃)から啓蟄(3月5日頃)まで。

どちらに決めるのかは難しいので2つの期間が重なっている2月4日~2月17日までに購入をするとよいとされていますね。

どんな財布がよいの?

財布の選び方としてよく言われるのが「家と思いましょう」という言葉です。

お札を人間と考えると「狭い」場合にすっきりしませんよね。

その意識をもって財布を選ぶとなると風水的にも二つ折りの財布よりも長財布が良いとされています。

お札もゆったりと伸ばせるので余裕ができるからですね。

また、財布のポケットの数にもこだわりたいです。

出来れば8つのポケットならば「末広がり」につなげられるので縁起も良いとされるからですね。

カラーのおすすめは?

カラーのおすすめは金色です。

金色はお金や黄金につながることから間違いなく黄金なのですが、次につなげるならば黄色だといわれていますので機会があるのならば金色や黄色の財布を購入しましょう。

他にも今までお金の入りがあまり良くなかったのならば「白色」で悪い運気を浄化してお金を入るようにすることができます。

その逆にお金の入りは悪くないという方はそのままが良いと思いますので流れを壊さないためにも「黒色」を選ぶようにしましょう。

また、素材はビニールやナイロンではなく本革を選びましょう。

本革には自然に宿る力にあふれておりお金を引き寄せやすいと言われていますので財布の素材として良いとされています。

財布の使い始めは風水的にいつ

ここまでは財布の選び方について書いてきました。

次に財布を購入してからの使い始めについて書いていきましょう。

どうせ財布を新しく新調したのならば、縁起が良い日使い始めをしたいものですよね。

雨の日がおすすめ

財布の使い始めの最適な日はいつなのか?

それは「雨の日」だといわれています。

雨の日といわれると外に出るのも億劫になるので、外出をするのも、仕事にいくのもイヤになりがちですし、新しいことを始めるには不向きだと思われています。

しかし、風水的にはお金を水の相性はよく金が水に触れることにより増えるといわれていますので雨の日は縁起が良いのです。

財布を寝かせる

ただし、購入をした翌日からいきなり使うというは大きな間違い。

いきなり雨の日がきたからとおろすのは大きな間違いで、寝かせてから使いだすと良いとされています。

使い始めから9日間はできるだけお金の出し入れを避けるため財布にいつもよりも多めのお金を入れておき、そのまましばらく置いておきましょう。

するとそれ以降は財布からお金が出ていかないとようにと言われているからです。

その際にお札の種類はそろえておき、頭を下向きにしておくと出ていかないと言われていますので最適です。

財布の保管場所

財布の保管場所はどこにしましょう?

財布はいつも使うものですからついついカバンの中に入れっぱなしなんて人も多いでしょう。

しかし、それは風水的にはよくありません。

財布は寝室が保管場所として最も最適です。

その理由は「寝室に保管をする」という行為で財布の中にあるお金が好む環境になるからです。

クローゼットやタンスのようなくらい場所をお金は好むといわれていますので寝室のクローゼットの中が最も良いでしょう。

財布の風水のまとめ

風水と財布についていろいろと書いてきました。

もちろん風水だけでお金が急に増えるものではありませんが、日ごろからお金に感謝をして、ありがたみを感じることが重要です。

あとは財布の中を適当にしないことです。

使ったお金を整えて、中身を管理。

そしてレシートなどはすぐに出して、整理をするようにしましょう。

いつも使っているとついついそのままにしてしまいがちなので、毎日整理をするようにしましょうね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク