Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

モバイルバッテリーといえばアンカー!Anker PowerCore 13000のレビュー

スポンサードリンク

おすすめのモバイルバッテリー

最近はスマホにタブレットから時計に至るまでバッテリーで動いているものが多く、普段から電源を探したりしなければならないです。

時にはバッテリーが切れてしまい電池切れになることも。

私は仕事柄普段から写真を撮ることが多いのですが、2時間くらい撮影を続けるとすでのバッテリーがなくなってしまうこととなり困っていました。

そこでモバイルバッテリーを購入しようと思いいろいろと情報を探した結果、Anker PowerCore 13000を購入したのでレビューを書いていきます。

アンカー(anker)とは?

電化製品もいろいろなメーカーが出てきていますが、アンカーを聞いたことがある方は少ないでしょう。

たぶん、私もこのモバイルバッテリーを購入するまでは知らなかったのですが購入するためにいろいろと検索をした結果アンカーに当たりました。

まずはアンカーというメーカーについて書いていきましょう。

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランドです。

米Googleで検索エンジンのエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立された会社となっています。

(引用:ウィキペディア「Anker(エレクトロニクス)

会社自体は世界中にあり、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、中華人民共和国に現地法人を運営しており、日本ではAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手通販であつかっています。

ビッグカメラではAnkerのコーナーも設置をされているほど人気のメーカーです。

取り扱っている商品は?

モバイルバッテリー、急速充電器、USBケーブル、ワイヤレススピーカー、スマートオーディオなどとなっており、電化製品を作っているというよりはそれらを支えるための商品が多い印象です。

ちなみにモバイルバッテリーの売れ行きは好調でAmazonのモバイルバッテリーの部門ではトップ3はすべてアンカーとなっており、上位にはアンカーのいろいろな商品がはいっています。

アンカーが選ばれる理由

アンカーが選ばれる理由は質が高いことはもちろんで、モバイルバッテリーの持ちや軽さ、使いやすさという点で顧客も満足できるものとなっています。

また、サポートも充実をしていることからアンカーは選ばれているといえますね。

30日間の返金保障

モバイルバッテリーの保証はあまりよくないのですが、アンカーの場合は製品に不具合がなかったとしてもモバイルバッテリーの費用が戻ってきます。

30日間なので一か月間なのですが、30日間は返品に対応をしてくれますので安心をして購入ができますね。

これもアンカーの自社製品に関する自身の現れであるともいえます。

(※送料に関しては購入者負担となります)

18か月間の保証

製品に問題があった場合にはという条件が付きますが、30日間の返金保障が過ぎた後でも受けられます。

Ankerの製品を使っていたのだけれども、急に使えなくなってしまったという場合にはカスタマーサポートへ連絡をすることで「同一の商品と本体交換」もしくは「全額返金」という対応になります。

しかも、驚くのはアマゾンや楽天などのネットショップで購入をした場合でも保証が付くため驚きますね。

Ankerのカスタマーセンター

Anker公式サイト

・Eメール:support@anker.com

・電話:03-4455-7823 ※営業時間:平日 9:00~17:00

モバイルバッテリーを扱っている会社はいろいろとあるのですが、質も高いことはもちろんなのですがこのような充実のサポート体制もアンカーを購入した要因となっていますね。

Anker PowerCore 13000のレビュー

今回アンカーにしたのは質の高さと保証という点でメリットも高かったことからアンカーに選びました。

また、モバイルバッテリーを持っている人からの意見を参考にしてみると、知らない会社のものや知名度の低いものを購入するといきなりつぶれたり、時にはそのまま動かないなんてことがあったりします。

他にも失敗をした事例としては「充電できなくなった」「充電をしてもまったくたまらない」「劣化がすごい」などの口コミも多いですね。

では本題のレビューを書いていきます。

Anker PowerCore 13000のスペックとレビュー

寸法 約97.5×80×22mm
重量(重さ) 約225g
入力 5V/2A
出力 5V/3A

説明書はついていますが、前の型についていたポーチは今回はなしです。

こんな感じのスペックになっており、私は普段から仕事で写真を撮影することが多いため取材に出かけると一日に200枚や300枚という写真を撮影します。

すると、あっという間に電池もなくなってしまうことから10000mAhを基本として探していました。

10000mAhでiPhone 6sやiPhone7に3回以上、Galaxy S6に3回、iPad Air2に1回の充電が可能というレベルです。

そのため2泊3日程度の旅行ならば充電なしでも十分スマホを動かすのには困らないくらいですね。

しかし、パソコンやタブレットも良く使うためそれでは物足りないと思い20100mAhを購入しようと思ったのですが、とにかく重くてデカい。

10000mAhでは少し物足りない、20100mAhは重いしデカい。

そんな私も気持ちをわかってくれたのがこのAnker PowerCore 13000になります。

重さもちょうどよく、容量も大容量でポートも2つ同時に可能で、ケーブル抵抗を検知し、出力電圧を自動調整する「VoltageBoost」という技術もあって、超高速充電が可能なんです。

手触りもマットな感じで良いので使いやすいですので、これからは毎日手放せない強い味方になってくれるでしょう。

旅行先で使ってみた

今回は取材のために撮影に行ってきました。

その際に写真はすべてiPhoneで撮影をしましたので結構な電池の消耗はありましたね。

なくなりかけては充電を繰り返した結果を紹介します。

1回目:37%→100%

2回目:55%→100%

3回目:42%→100%

4回目:53%→100%

こんな風に減ってきたら充電を繰り返したのですが、モバイルバッテリーの充電量は4つの段階があるのですが、まだマックスの状態となっています。

充電も早い

このアンカーの充電器に驚いたことがとにかく充電が早いことです。

すべて純正のコードなどを使っているのですが、使用をするとイメージとしては1分に1%補充をされるという感じです。

そのため、「充電なくなってきたな・・」と思ってアンカーとつないでみるとすぐに充電も溜まっていくという感じなので非常に便利です。

デメリット

しかし、使ってみてデメリットもあります。

225gと言ってもやはり小さな鞄などへ入れると重さは間違いなく感じるものとなります。

こちらの画像の真ん中が10000mAhで右は20100mAhとなりますが大きさの違いがお分かりいただけると思います。

10000mAhと比較をしてみた

たまたま友人が私と同じモバイルバッテリーをもっていました。

サイズは一つ小さい10000mAhなのですが、大きさは結構違いがあり、縦、横ともに5mmくらいはサイズ感に違いがあり重さも軽いです。

友人はスマホの充電にしか使っていないそうですがそれでも2回は余裕でフル充電できるほどのパワーはあるので困ることはないと言っていました。

私はタブレットもあるので少し大きなサイズを購入しましたが、今思うと10000mAhでもよかったかなとちょっと後悔。

やはり持ち運びの重さというのはネックですね。

本体の充電に時間がかかる

そして何よりも充電にめちゃくちゃ時間がかかります。

iPhoneの差し込みのプラグを使っていたのですが、電気を受け取れる容量が小さいためすごく時間がかかり結局4時間くらい充電してもまったくたまらないです。

そこで仕方なくAnkerのPowerPort2Elitewを購入しました。

このプラグに変えてみるとみるみる充電をされていくではありませんか。

説明をすると難しくなるのですが、簡単に説明をするとモバイルバッテリーが受け取れる電気の状況が異なるために時間がかかるので正規品を購入するととても早く充電も可能です。

重たいので持ったままスマホはいじれない

また、このサイズになるとずっと持っているとさすがに重たく感じますし大きさもありますので手に持ってスマホをいじろうと何度か試みたのですが、不可能に近いですね。。。

iPhoneと比較をしてもはみ出る大きさなので残念ながら手に持ってスマホを触ったりすることは難しいです。

価格はどこが安い?

私はビッグカメラでポイントを使って購入しましたので無料でしたが、今回のセット総額1万円ほどですが、Amazonを利用すると総額7000円~8000円ほどでおさまりますので通販を利用する方がよいでしょう。

たまにAmazonでセールなどをすると価格ドットコムの最安値よりも最安値になりますのでそこを狙って購入してみても良いかもしれません。

これのおかげでこれからも写真をたくさん撮影できますので手放せない相棒になりそうです。

また、しばらく使ってみた感想も追記していきますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク