Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

花くじら本店へおでんを食べに行ってきた!メニューのねぎ袋は大人気

スポンサードリンク

大阪にあるおでんの名店「花くじら」

先日大阪にある「花くじら」(はなくじら)というおでんのお店へいってきました。

この花くじらですが、大阪の福島区界隈にあるおでん屋さんでとても有名なんです。

そのため友人らと4人でオープンの16:30にいった時点でも座るところは限られており、少し時間が経過をするとあっという間にカウンター席は満席。

その後は外側の席までどんどん埋まっていました。

そんなおでん専門店の花くじらについて紹介をしていきましょう。

花くじらとは?

花くじらはおでん屋のお店の名前となっています。

おでんのお店ということで冬が行列必須のお店となっており、ちゃちゃいれマンデーで紹介をされたりとメディアでも有名なお店です。

関西でも随一のうまさと言われているお店でおでんを食べるのならば一度は足を運んでおきたいお店だといわれています。

夏にはビールとおでん、冬には熱燗とおでんという組み合わせは最高においしいと言われています。

おすすめは季節のメニューである牡蠣やタケノコ、定番にあるねぎ袋、大根、春菊となっており他の食材もじっくりと煮込まれており味は最高です。

おでんの出汁は最高

特におでんの出汁は最高だといわれいます。

もちろんぐつぐつと煮込むため出汁は命となっているのですが、花くじらの出汁はとくにこだわっておりくじらの舌や皮などの部位からしっかりと出汁を取られているため深い出汁の味わいがあります。

お皿にたっぷりめに入れてくれるのですが、ついつい飲んでしまううす味の最高のおでんです。

花くじら本店へのアクセスと地図

花クジラは福島界隈に3店舗を運営しているお店となっており、本店は屋台のような見た目のお店ですが雰囲気も抜群で食べていても気持ちのよい場所です。

私は春に行ったのですが、本気で「冬にもう一度いくぞ~」と思っております。

本店

〒 553-0003  大阪市福島区福島2-8-2

電話番号:06-6453-7486

営業時間:16:30~ 23:30

(日曜、祝日も基本は営業)

最寄り駅: 新福島駅から145m

定休日:年末年始・8月(1ヶ月間)

北店

〒553-0003  大阪市福島区福島6-20-6

電話番号:06-6453-3758

営業時間:16:30~23:30

定休日:基本は年中無休(※8月の1ヶ月間本店は休み)

歩店

〒553-0003  大阪市福島区福島2-7-4

電話番号:06-6452-5547

営業時間:16:30~23:30

最寄り駅: 新福島駅から153m

※詳細な営業の情報についてはホームページ等でご確認をください。

花くじらの予約

花くじらへ団体でいきたいな。

そんな風に思う方も多いでしょう。

実は花くじらでは予約制度も導入をしており、北店では予約をおこなっていませんが本店と歩店では6名~30名までのお座敷予約を行っています。

予約の場合はお鍋におでんを入れていくれている状態で食べられます。

もちろん追加も可能となっていますので団体で花くじらへ行きたいと思っている場合には歩店へ予約の電話をして確認しましょう。

※予約も結構人気で実は常にいっぱいの状態だそうです。

予約を取りたい場合には遅くても1か月半くらい前が目途といわれていますのでおでんを食べに行く際には早めに予約をしましょう。

花くじらのメニューをリアルに評価!絶品おでんは食べよう

花くじらは基本おでんのお店となっていますので、もちろんおでんの具材は豊富にそろっています。

ほかにもお店の名前についているくじら料理もあります。

くじらベーコンやくじらの皮の酢味噌和えなどおつまみも豊富で、お値段はリーズナブルですね。

しかも定番から変わり種までメニューも充実しているあたりがうれしいポイントです。

スタンダードおでんメニュー

・大根

・玉子

・ちくわ

・ごぼてん

・ひらてん

・すじ

・糸こん

・厚揚げ

・豆腐

・はんぺん

・たこ

・餅きんちゃく

・ウィンナー

・すじ

変わり種のおでんメニュー

・えのき

・かいわれ

・春菊

・ねぎ袋

・チーズロールキャベツ

・ねぎま

・ゆば

・ころ(鯨の皮)

・さえずり(鯨の舌)

・しゅうまい

・UFO

・しいたけ

・ひろうす

・ゆば

・春菊

大根は絶品

おでんといえば大根。

私もおでんを食べるとなったらまずは大根は間違いなく食べる食材となっているので早速食べました。

花くじらの大根はじっくりと煮込まれており上から七味唐辛子がさらっとかけてあります。

これも良いアクセントとなっており、食べてとろける感じになっていますね。

すじ

すじはお店にもよるのですが、食べてみると結構固かったり、味気なかったりすることもあるのですがここのすじはじっくりと炊き込まれており味もおいしいです。

卵もじっくりと煮込まれており、味もしみ込んでいます。

ねぎ袋

ねぎ袋は花くじらの人気メニューとなっています。

うすあげの中にねぎがたっぷりと入れられており、あげに出汁がしみ込んでいる中のしゃきしゃきとしたねぎの食感が最高です。

これ花くじらでも人気のメニューとなっていますので行った際にはぜひ食べてほしい一品ですね。

たこ

程よい弾力と薄めの塩味が最高なたこ。

おでんのたこってゴムみたいになっているお店も多いのですが、花くじらの店舗にあるたこは味もおいしく食べやすいです。

もちろん食べ進めると弾力もあり味もおいしいのでたこもおすすめです。

持ち帰りもできる

おでんは美味しいのですが、花くじらの唯一のデメリットは夏でも関係なく混雑をしているということ。

そのため時間帯によっては入れないことも多くあきらめる人も多いのだとか。

でもどうしても食べたいというときには持ち帰りもできますので、近くの公園で食べても良いですし自宅でおでんパーティーをしても良いですね。

タッパーや鍋を持ち込んでもいれてくれるそうなので、自宅で花くじらの味を楽しみたい方は持ち帰りを利用しましょう。

花くじらのまとめ

はじめて花くじらへいきましたが、なんといっても出汁がおいしいので何をたべてもおいしいです。

今回は前にいろいろと食べてから花くじらへ行ったためあまり食べることができなかったのですが、今度はお腹をすかせて行こうかなと思っています。

値段は記載をされていないのですが、クジラのコロなど以外は比較的リーズナブルとなっており客単価は一人2000円なのでたくさん食べてもお財布に優しいお店です。

まだまだ食べきれていないメニューや季節限定メニューもありますので、近い時期にいきたいと思います。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク