Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

蚊に刺されたときのかゆみを抑える対処法と治らない理由

スポンサードリンク

なぜかゆい?蚊に刺されたときの対処法

夏など暑い時期になると蚊が登場をして刺されたりすることで腫れることも多いです。

もちろん虫除けスプレーなどで蚊に刺されないように対処をしていますがそれでも刺される時は刺されます。

そんなかゆみが出る理由や問題点、対処の方法について書いていきましょう。

蚊とは?

かゆみの原因となる蚊なのですが、そもそも蚊に刺されるとどうしてかゆみがでるのでしょうか?

その基本となる蚊についてまずは書いていきます。

蚊にはいろいろな種類があるのですが、一般的にいわれているのがアカイエカもしくはヒトスジシマカ(ヤブ蚊)と言われている蚊となるかています。

蚊は水のある所に卵を産んで卵を産みつけるのですが、その場所は異なっており水のきれいなところを好むものもいれば汚い場所を好む蚊もいます。

ちなみに蚊の幼虫であるボウフラは少量の水でも水さえあれば大きく成長をすることはができると言われていますね。

血を吸う理由

そもそも蚊はどうして血を吸うのでしょうか?

蚊のエネルギー成分はもともとは糖質となっています。

血ばかり吸っているようなイメージとなるのですが、普段は花の蜜などを吸って生活をしているのが一般的なのです。

私もこれは知らなかったのですが、オスは血をすわずにメスだけが血を吸うのです。

その理由はメスは産卵のために栄養源として血を吸っていますね。

人が出す炭酸ガスや皮膚のニオイ、温度などを感知して血を探し求めていますのでもちろんあなたのことを見て探しているのではありませんので注意をしましょう。

人間からすると「蚊がまたきた」と思っているのですが、蚊としても子孫を残すために必死でうろうろとしているということなので人間対蚊の攻防はまだまだ続きそうな予感ですが人間には考えるという力をもっていますのでこの戦いはどうなっていくのでしょうか?

かゆみの原因

蚊に刺されると我慢ができないくらいのかゆみに襲われるときもあるのですが、その原因は何なのでしょうか?

そのかゆみの正体なのですがそれは蚊が体内に流し込んだ血液を凝固させないための唾液が人の体内アレルギー反応を起こしているためなのです。

人の体はよくできており、蚊が血液を吸うときに唾液に対してヒスタミンを分布させることになるのですが、このヒスタミンが出ることによりかゆみが起こりますね。

そのため蚊が血を吸っているのを見つけた際についつい私もやってしまうのですが上からパチンを思い切りたたいて蚊をつぶすということ。

これは大きな間違いとなっており、たたくと蚊の唾液が体内に残ることからかゆみが余計のひどくなることもあるためできれば指ではじくほうがかゆみは少ないと言われています。

かゆみの種類

もちろんかゆみは人によってもことなるのですが、基本的なかゆみは同じとなっています。

刺されてすぐにかゆみの襲われるのは「即時型アレルギー反応」と呼ばれており大人に多いといわれているのですが、幼少期の子供は「遅延性のアレルギー反応」になることが多いといわれており蚊に刺されて数時間を経過してからかゆみに襲われるなんてことも当たり前におこしますし1週間から2週間ほどかゆみに襲われることもあります。

子供の場合はあとから「かゆい」と言ってくることもあるのですが、いつどこでさされたのかもわからないことも多いため処置を送れることも多いですね。

蚊に刺されたときの対処法

では、次の蚊に刺された時の症状について書いていきましょう。

蚊に刺されたときにできるだけ対処をしたいと思っているのですが、どうすればよいものでしょうか?

その対処の方法について書いていきましょう。

患部を冷やす

刺された場所を冷やすというのは蚊に刺されたときのとても有効は方法であるといえます。

これは効果も高いものとなっており、保冷剤をタオルでくるんだもので冷やしたり、氷を袋に入れて付けたりすることで冷えますね。

蚊に刺されて赤くなるのは刺されたことにより皮膚が腫れている状態となりますので冷やすとかゆみの緩和もきたいできますので刺されたらまずは冷やしましょう

流水で洗う

これ、最近は保育園や幼稚園などでも実践されている方法なのですが蚊に刺されることによりアレルギー反応が起こり腫れたりかゆみが出ることになります。

それを冷水で洗い流すことと冷やす効果もあることからダブルの効果でかゆみを抑えられますのでメリットも非常に高いです。

その際に石鹸をつかって優しく洗うと蚊に刺された患部も冷えてかゆみもおさまると言われていますのでより効果的です。

ただし、ごしごしこすると余計に腫れあがる可能性もあるのであくまでもやさしくなでるようにしましょう。

お湯であらう

これは水で洗うや冷やすいうのとは逆の考えになるのですが、蚊の刺された部分に熱を加えることで蚊の唾液に入っている毒素を分解する効果があるといわれています。

そのため、50℃くらいのお湯というのが目安になるのですがお湯で優しく洗ったり、熱めのおしぼりで温めるとかゆみも収まりますが熱くなりすぎないように気を付けましょう。

アルコールやウェットティッシュで拭く

アルコールにはもとから消毒作用がありますので一時的なかゆみの抑制にはとても役立ちますし、清涼感はかゆみを抑える一時的な効果もあるためかゆみを抑える効果もあります。

また、ウェットティッシュも同じですね。

蚊に刺されたことに気が付いたらまずやウェットティッシュっで拭くことでかゆみも抑えられますのでより効果も高いでしょう。

虫刺されの薬を塗る

はやり、虫刺されの薬を塗るという効果は絶大です。

市販のものでもかまいませんので、刺されたと思ったらすぐに薬を塗り込みましょう。

また、できれば流水で洗ってから薬を塗り込むことで効果も高いといわれていますので、まずが流水で刺された患部を冷やしてから薬と塗ってみましょう。

刺されないための予防法

蚊に刺されたときの対処法についてはここで書いてきました。

しかし、できれば蚊に刺されないことが一番の方法になるといえます。

そのためにも、日ごろから意識をしておきたいポイントといえますね。

蚊に刺されないための方法についても書いていきましょう。

虫除けスプレーなどを活用する

虫除けスプレーや蚊取り線香などを使ってそもそも近づいてくる虫を減らすという方法はまず使える方法だといえます。

そのため、日ごろから外に出る時には虫除けスプレーなどを使うようにしましょう。

使うことで虫除け効果もあると言われており実際に使ってみると驚くほど蚊も近づいてこないためぜひ活用してくださいね。

長袖長ズボンを履く

虫除けスプレーだけではなく、長袖長ズボンを履いて肌の露出を減らすという方法も効果的です。

結局肌が出ているために刺されることになりますので、それを避けるためにも効果があると言われていますね。

外に出るときに暑い夏なので長袖長ズボン?と思うかもしれませんが、薄手のものでもかまいませんので上から切るようにしてください。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク