Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法と交換する方法

スポンサードリンク

iPhoneスマートフォンのバッテリー

Iphoneを使っていると経年劣化でバッテリーがすぐになくなったり、何もしていないのに残量がほとんどなかったりという経験をしたことはありませんか?

私もずっとIphoneユーザーなのですが、やはり使っているうちにバッテリーの消耗が大きく、夕方にはほとんど電池が残っていないという経験も多いです。

例えば、出かけた日に写真を多く撮影したり、地図アプリを使って調べたりしたらすぐに消耗をしますし時には何もしていないのに電池がほとんどなくなっているなんてこともあります。

実は電池が少なくなっているのには、原因があります。

iPhoneのバッテリーが劣化するとiOSにより性能が下げられ、パフォーマンスが悪くなるということをAppleも認めています。

そこで電池が少なくなる理由とIphoneのバッテリーを長持ちさせるための裏技について書いていきましょう。

アプリの使いすぎが原因

Iphoneを使っていく中で電池の消耗が激しい、もしくは電池がなくなっているというのはアプリの使い過ぎや、常の動作をしているアプリがある状態になっているためです。

そのためにも、裏側で動いているバッテリーをオフにしたり、時にはいらないアプリは削除をすることが重要となりますね。

iPhoneのアプリを削除する方法とできない時の対処法

中でも気付かずにバッテリーが消耗をしているものとしては、「位置情報の確認」です。

これが常に動いているとバッテリーの容量が一気に減ってしまったりします。

他にも電池の消耗を減らす方法について書いていきます。

電池使用量の高いアプリを抑制する

位置情報のアプリ以外にもiPhoneの中で使っていないアプリはたくさんあると思います。

そのアプリを削除したり、利用をオフにしておくことがバッテリーを長持ちさせるための一番の一番の早道になります。

そのためにもまずがバッテリーを多く消費しているアプリについて確認をしていきましょう。

バッテリーを消耗しているアプリの確認方法

具体的にはiPhoneを操作して確認をする方法となりますので参考にしてください。

・「設定」→「バッテリー」

この操作をすることにより、あなたのIphoneに入っている各アプリのバッテリーの使用量を24時間と7日間という2種類の状況を確認することが可能です。

この中で普段あまり利用をしていないのにバッテリーの使用量が激しい、もしくは著しく使っているという常態ならば思い切って削除をしてするほうが良いですね。

また、アプリの中には普段から使っていないものや使いたい時にはアプリではなくサファリ(safari)などで検索をすれば使えるものもあります。

結局アプリにすると更新などでバッテリーを消耗することになりますので少しでも減らすというのが賢い方法といえますね。

画面の明るさの調整をする

次もバッテリーの消耗を抑える大事な裏技になっているのですが、Iphoneの液晶の明るさを調整する方法です。

Iphoneのディスプレイは周囲の明るさや状況に応じて明るさを自動的に調整をしてくれますが、頻繁にこの作業が行われているためバッテリーの消耗が激しいと言われています。

・「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」→「明るさの自動調節」をオフ

この作業をして画面の明るさの自動調整を切っておくことにより、バッテリーの消費を抑えることが可能となりますね。

もう一つの方法としては「設定」の中にある「画面表示と明るさ」の項目で、画面の明るさを手動で暗めに設定をしておくという方法もバッテリーの消耗を抑える効果がきたいできます。

よく電池がなくなりかける。

大体20%くらいになると「低電力モードにしますか?」と聞かれて「はい」と答えると画面が一気に暗くなりますがバッテリーは長持ちすることになります。

バッテリーと画面の明るさには深い関係性がありますのでよく確認をしておきましょう。

アプリのバックグランド更新をオフにする

アプリ(APP)のバックグランド更新とは、アプリの状態が常にあたらしいものになってくくというものです。

常に最新のアプリの状態になるというメリットはあるのですが、いつでもアプリやiPhoneが動いている状態になっていることからバッテリーの消耗は激しくなります。

そのため、思い切って設定をオフにしてしまうという方法があります。

・「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」

この設定で切ることが可能となっていますね。

方法は一括でオフにするという方法もあるのですが、よく使うアプリだけはオフにしない方が良い場合もあります。

不要なものやあまり使っていないアプリのみをオフにすることをおすすめしますし、その際にあまり使っていないアプリがあれば思い切って削除をしましょう。

また、iOS 11では「Wi-Fi」または「Wi-Fiとモバイルデータ通信」がオンの場合のみ更新を行うという設定が追加されていますので、こちらを利用してみる方法もありだと思います。

位置情報サービスを整理する

位置情報サービスは常にアプリを使用する際に自分の位置や状態を把握できることからとても便利なのですが、現在地を取得しようとする傾向があるためバッテリーの消耗は激しいのが正直なところです。

しかし、位置情報サービスはアプリごとに設定が可能となっており、あまり使わないアプリの位置情報を「許可しない」、よく使うアプリは「このあAPPの使用中のみ許可」を選びましょう。

例えば、写真のアプリにも位置情報は入っており撮影をした場所を特定するために必要ですし、TwitterやFacebookなども位置情報をいうものがはいっています。

天気アプリなどはその地域で確認が必要なので位置情報は必要となりますが、それ以外のアプリで位置情報が特に必要ない場合には使わなくても良いでしょう。

・「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」

また、基本的に位置情報アプリを必要としないのであれば一括にオフをするとバッテリーのヘリは一気に抑えることが可能となります。

iTunes Store&App Storeの自動ダウンロードをオフ

アップルストア(App Store)やiTunes Storeでダウンロードしたものや、購入をしたものは同じApple IDを使っていれば自動ダウンロードも可能になります。

その便利な機能は良いのですが、バックグランドで自動的に動作をしてしまうためIphone以外の機種など(デバイス)を持っていない場合にはオフにして構いません。

・「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「自動ダウンロード」

ここから項目にあるものすべてをオフにしましょう。

低電力モードを活用する

Iphoneの中には低電力モードと呼ばれるものが存在をします。

簡単にバッテリーを抑えたいならばこの方法はとても簡単に可能となっていますので是非試してください。

・「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオン

メールの受信や、Siri、Appのバックグランド更新、自動ダウンロード、一部のビジュアルエフェクトなど、モードをオンにすることでいくつかの機能は使えなくなりますが、「電池の残りがすくない」なんて時には活躍をしてくれます。

バッテリー交換という方法

他にもバッテリーを長持ちさせる方法はいろいろとあると思いますので、いろいろと活用をしてみましょう。

もちろんいろいろと試して見ても電池の充電が一向に解決されない場合にはIphone自体のバッテリーの問題もあるかもしれません。

そんなときにははアップルストア持参をしてバッテリー交換をしてもらいましょう。

iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xを対象としており、

バッテリー交換プログラムに関して、非正規品バッテリーでなければ、希望するユーザー全てを対象に提供が開始されていますのでいきましょう。

費用に関しては、iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換対象となりますがそれ以外の場合には3200円(税抜)で有償交換となります。

どこで交換できるの?

Appleにバッテリー交換を依頼する方法は、iPhoneをサポートに送って交換してもらう「配送」「店舗持ち込み」の2つになります。

アプリ「Appleサポート」(iOS、無料)か、AppleサポートのWebページから詳細を確認できますので自分で都合の良いほうを選択しましょう。

配送はチャットや電話で申し込みが可能となっており、指定の配送業者に自宅まで集荷をしてもらえます。

持ち込み修理は、Apple Store店舗内のサポート窓口「Genius Bar」か、Appleと同等のサポートを受けられる正規サービスプロバイダーで依頼できますが、事前の予約も必要となりますので前もって確認をしておきましょう。

バッテリー交換をしたらどうなるのか?

バッテリー交換をした場合にはどうなるのでしょうか?

実はIphoneは電池の容量によってパフォーマンスが異なってくるといわれています。

そのため、バッテリーを交換したことにより一部のユーザーからはiPhoneのパフォーマンスが20~30%くらい向上をしたという事例もあります。

もちろんiPhoneのバッテリー交換にはお金はかかりますが、その分の恩恵は受けられますので今使っているiPhoneのバッテリーの減りが早い。

パフォーマンスが悪いというときにはiPhoneのバッテリー交換をしてみると劇的に変わる可能性もありますので確認をしてみましょう。

最初はアップルストアなどにもiPhoneユーザーが殺到をしていたようですが今はだいぶと落ち着いてきています。

郵送もしくは店舗へ直接行く方法でバッテリーの交換をしましょうね。

モバイルバッテリーを持つようにしよう

何をしてもバッテリーはどんどん減っていくので困っているという人はモバイルバッテリーを持つようにしましょう。

私も最近はiPhone7の電池の減りもどんどんと早くなっており減る量がどんどんと大きくなっています。

そのため、最近はモバイルバッテリーを持つようにしました。

もちろん鞄などへ入れると荷物にはなるのですが、心の安定という点でかなりメリットがありますのでモバイルバッテリーを持つことも視野にいれましょう。

モバイルバッテリーといえばアンカー!Anker PowerCore 13000のレビュー

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク