Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

白髪の原因はストレス?対策や予防、染める方法について

スポンサードリンク

白髪の年齢はいくつ?

白髪が最近生えてきた

そんな風に髪の毛の色が違う物が出てきくるとショックですよね。

その時が40代などの中年の年齢ならば仕方もないのかもしれないのですが、それが10代や20代の若白髪だと余計にそんな風に感じます。

私も10代から白髪が少しずつ出てきており、今は30代なのですが結構出てきており抜いたり、染めたりしています。

白髪が生える平均年齢は?

先ほどもお伝えしたように、白髪になる人は10代から40代と幅広い年齢層の人がいますが、世の中の白髪になる平均年齢はどのくらいなのでしょうか?

男性の場合は34歳、女性は35歳となっています。

また、迷信のように言われている「白髪を抜くと増える」というのは全くのウソになりますし、抜くということはその毛根からは髪の毛が出てこないようになるということになります。

頭皮のトラブルになりますので白髪が気になるならば抜かずに根本ちかくからはさみで切りましょう。

そんな白髪にまつわる情報について書いていきましょう。

原因はなに?

そもそも白髪になる原因とは何でしょうか?

私は白髪は髪の毛の黒い色素が抜けてしまい白くなっているものだと思っていました。

しかし、いろいろと調べて見るとそうではないことがわかりました。

髪の毛は毛母細胞が作り出しているといわれています。

そこにメラノサイト(色素細胞)の働きが加わることによりメラニン色素によって黒い色になっています。

黒い髪は髪の毛を作り出されていてメラニン色素と合成されて黒い色に染められた状態で出てくることになるのです。

加齢だけが原因ではない?

もちろん年齢を重ねるごとにこの白髪が出てくるのは人間として当たり前のこととなっています。

個人差はあるものの、早い人だと年齢的に10代から白髪がでてきて遅い人でも30代の頃から少しずつではじめてきます。

女性は初潮、出産、閉経という時期の女性特有のことで血流の影響を受けやすくなるため、髪の毛の色が変化をしたり、白髪になりやすかったりするとも言われていますね。

そのため、出産前は白髪なんてなかったのに子供を産んだら白髪がたくさん生えたなんていう人もいます。

しかし、早い人だと10代で白髪がでてきますし40代になっても出てこない人もいますので女性のホルモンの関係でも個人差が大きいことがわかります。

生活習慣が主な原因

白髪の原因として考えられていることは、加齢、遺伝、ストレス、病気、生活習慣など様々です。

他にも血行障害などで毛根に栄養がいかない部分は白髪になることもあります。

加齢

加齢で白髪がでる原因としては単純に「年齢を重ねると血行が悪くなる。」ことだと言われています。

すると、髪の毛を黒い色に見せているメラニン色素が少なくなっていき、髪の毛が茶色に見えたり、シルバーっぽく見えるようになってきます。

メラニン色素を生み出す細胞や酵素が働かなくなるため白髪が増えるということです。

加齢で白髪が増える年齢は単純の血流が悪くなり、細胞の活性化が遅くなることが主な原因として考えられていますね。

ストレス

ストレスが白髪の原因だということはよく聞きますね。

ストレスを感じることにより血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養がいかないことが原因だと言われています。

特に精神的は負担を受ける年齢になるとあるようで、

・10代だと受験や進学

・20代になると社会人と学生時代のギャップ

・30代になると仕事に加えて結婚や育児

こんな風に環境が劇的に変わってくることからストレスを感じる人も多いです。

40代くらいになると管理職になることにより責任も増しますので余計にストレスを感じる方も多いみたいです。

遺伝

髪の毛の色や抜けなどは遺伝の影響を受けやすいと言われています。

薄毛や天然パーマも同様となっており、髪質は影響を受けやすいといわれていますが白髪に関しても影響を受けやすいと言われていますね。

白髪が生えはじめるのが早い家系の人は将来的にも白髪が生えるのが早いといわれています。

ただし、白髪の多い家系はハゲにくいといわれていますのでどちらが良いかと言われると白髪がたくさんの方がよいのかな?

病気

胃腸などの病気や疾患が原因となって白髪が生えてくる人もいます。

これもメカニズムは単純となっており、胃腸が悪くなることで栄養の吸収がしっかりできない。

その栄養が髪の毛まで届かないというのが原因です。

生活習慣

生活習慣も大きく影響をすると言われており、髪の毛を黒く保つには「健康な栄養」があってこそ成り立つ公式です。

そもそも栄養の摂取が少ない場合は髪の毛まで栄養が届かないことから白髪にもなりやすいと言われていますね。

もちろんこれだけ食べるものがあふれている時代なので、「栄養不足になる人なんているの?」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、例えばダイエット中の女性などはあまり栄養を摂っていないことから栄養が髪の毛まで届かずに白髪になってしまいます。

もちろん夜更かしをしたり、いつもお酒を飲んだりして寝るのが遅くなることも原因となりますので白髪に限らず体に悪いことは髪の毛にも影響を与えますので気を付けましょう。

白髪は治る可能性はあるの?

もし、白髪が出てきてもそこから黒い髪が出てくる可能性はあるのか?

希望を持ちたい気持ちもわかるのですが、結論は「黒髪には戻りません」

白髪はその毛根から出ている髪の毛がすべて白い状態になっていることから黒い髪になることないです。

しかし、100%ないかと言われると、髪の毛のメカニズムはまだ解明されていない部分もあるため可能性は0(ゼロ)ではありませんが限りなく低いと思っておきましょう。

私も白髪の紙が黒く戻ってほしいと願っているのですが現代医学ではそれは難しいようですね。

加齢とともに白髪になり、かつ薄毛になってしまうのは仕方がないのかもしれないですね。

白髪を予防や対策する方法は生活習慣を整える

私も10代のころから白髪が出てきており、いつも白髪染めをしているのですが、それは白髪に一時的に色を付けているだけなのですぐに落ちてしまうこともあります。

そのため、2週間~1か月に1度は染めなければならないということになってしまいますので正直手間もかかりますね。

そこで、白髪を増やさないようにするという予防と対策に力を入れる方が良いですので紹介をしていきましょう。

食生活を整える

白髪が生えてくる原因の基本は血行が悪くなり、最終的には血液という結論なります。

そのため、食べるものを整えることで効果も高くなると言われていますね。

血液を薄くすると言われている食べ物はからし、香辛料などの辛い食品なのでできるだけ控えるようにしましょう。

その逆に、メラニン色素を作りだすヨードが豊富に含まれているチロシンは豊富に摂っておくほうが良いので、納豆や豆腐はおすすめです。

マッサージを行う

頭皮の血流をよくするためにも頭皮を日ごろからマッサージをすることも効果があると言われています。

マッサージなので、シンプルで誰でもできるものなのでぜひチャレンジしてください。

別のお風呂も時間ではなくても大丈夫で、日常のちょっとした空き時間に取り入れることで頭皮の血流が活発化しますので効果が期待できます。

頭皮の血行が良くなると、白髪の予防だけではなく頭皮のトラブルとなっているフケや抜け毛などの改善にも期待ができますので白髪予防以外に効果も期待できることになります。

マッサージのポイント

ただし、ただ単にマッサージをすればよいというものではないので以下のことに注意をしましょう。

・力を入れすぎないようにしましょう。痛いのは逆効果になります。

・爪を立てると頭皮を傷つけることになりますので、指先で行いましょう。

・飲酒時は血行が良くなっており、酔いもまわるのでマッサージはひかえましょう。

ここの3つも注意をして両手の指をつかって痛すぎない程度に頭皮全体をギュッギュッと押してあげると効果も期待できるものになります。

睡眠をしっかりととること

あと、大事なことは睡眠をしっかりととるということになります。

しかも、質の高い睡眠を意識するということが大事と言われていますね。

髪の毛がもっとも成長をする時間は22時~2時までと言われており、その時間帯に眠りにつくことにより強い髪を育てることができると言われています。

この時間帯に睡眠をしっかりと摂ることにより、強い髪を育てることになりますし色素でもあるメラノサイトはストレスに弱いと言われていますので夜更かしも禁物となっていますね。

良質な睡眠を摂るためには昼間にしっかりと日光を浴びて活動をすることですので白髪を防ぐ方法としては、しっかりと睡眠を取るようにしてください。

白髪染めに効果のある商品は?

こんな風に生活を意識して変えていくだけでも白髪には効果がありますし予防をしていくことにもつながっていきます。

しかし、白髪を減らすことや予防をすることはできたとしても今生えている白髪を黒い髪に育てることは難しいため「染める」という方法が一般的で確実な方法だといえます。

染める方法はいろいろとあるのですが、一般的には白髪染めで染めるという方法です。

他にも、白髪染シャンプーを使ったり、トリートメントを付けている間に染めてくれるものなど商品は豊富にありますので、自分に一番合うものを使ってみてください。

市販のランキングで@cosmeでも口コミランキング1位に選ばれている商品はこちらの「LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメント」ですので、どんな商品を購入をすればよいのか迷っている方はこちらを試してみても良いと思います。

※初回限定価格で全額返金対応可能。

白髪染めの効果と選ぶポイント

私も白髪があるのでどうしても月に1回白髪染めをするのですが、結構手間もかかりますしお風呂ですると浴槽や壁に液体が付くと後でとれなくなり大変になります。

しかし、白髪がきれいに染まるのは間違いないので白髪が目立つようになったら定期的に染めるようにしています。

私はメンズの髪の毛を黒く染めるメンズビゲンと使っているのですが、いろいろな白髪染のランキングを見てみるといろいろ種類があるようですので簡単に紹介をしていきます。

ヘアカラー

ヘアカラーは紙の毛の内側から染める力を持っています。

そのため、しっかりと染まりますので白髪染めの中でも最も効果が実感できるタイプとなっています。

即効性もあり、甲かも長持ちをするのですが髪の毛に対してのダメージは大きいことを理解しておきましょう。

液状や乳液状のものが多いので広範囲の白髪を染めるには最適なものとなっていますが、髪の毛へのダメージが大きいため定期的に利用をすることはあまりおすすめしません。

ヘアマニキュア

髪の毛の内側から染めるのではなく、白髪の上に色を載せるというイメージのものがヘアマニキュアになります。

髪の毛の芯まで染めるヘアカラーと違って髪の毛へのダメージは少なく、繰り返し染めたりすることに適しています。

ただし、髪の毛の上の部分だけを染めているため髪の毛を洗うたびに色落ちをしてしまうという点は難点ですね。

即効性はありますが持続性はなく、2~3週間持てばよいほうです。

ヘアカラートリートメント

こちらはリンスやトリートメントの代わりに使うものとなっており、シャンプーをした後に使って髪の毛を徐々に染めていく方法となります。

即効性はないですが徐々に染まっていくためゆっくりと染めたい方には最適です。

白髪染などの商品はいきなり染まってしまいますが、トリートメントは徐々に染めていくことになりますので白髪染を使っていることを知られたくない方にも最適でしょう。

髪の毛へのダメージも少ないので全体の白髪をカバーしたい方には最適な商品となっていますね。

ヘアマスカラ

マスカラと言われているのでその名前の通りで、一部をさっと染めるだけの商品です。

出かける前に気になった黒い部分を隠したいときに最適な方法となっており、ピンポイントで染めることが可能です。

いざというときにサッと染められる手軽さがあるので1つ持っておいても損はないですね。

白髪染めが取れない

しかし、白髪を染めると1つの問題がでてきます。

それは、肌やお風呂の壁や浴槽に黒く残ってしまうということです。

しかも、白髪染なので基本の色が黒っぽくなるため、見た目も汚いですし浴槽は白いためどうしても目立ちます。

浴槽についたときは?

浴槽についた時には市販の塩素系漂白剤を上からかけて5分くらい放置をしましょう。

もちろん塩素系を使うため手が荒れる可能性もありますので、手袋をしてから行ってくださいね。

放置をしたら水で洗い流すときれいになりますのでおすすめです。

しかし、中には頑固でなかなか落ちない汚れもあると思いますのでそんな時にはメラミンスポンジできれいに洗い流すと落ちます。

ただし研磨剤も含まれていますのでコーティングが落ちる可能性もありますので注意をしましょう。

肌についた場合

白髪染めは素人がすることから手や生え際についてしまうこともあります。

きれいに洗いながしたら「こんなところに・・・」という経験をしたことがある方もいるでしょう。

そんなときの対処法は以下の通りです。

・付着をしたらティッシュなどですぐにふき取る。

・お湯や水と石鹸で優しくこすって落とす。

・2~3日くらいお風呂へ入っていれば落ちるのでそのままにしておく。

・除光液をコットンに含ませて落とす。

・あらかじめ保護クリームをぬってから白髪染めを行う。

こんな風に肌を守ることも可能となりますので、うまく活用をしてみましょう。

白髪の原因のまとめ

ここまで白髪に関するいろいろなことをご紹介してきました。

原因にはいろいろなことがあり、すべての要因で白髪になってしまう可能性がありますね。

自分で対策ができる生活習慣などには十分注意をしましょう。

白髪が出てきた時には今の世の中では「染める」という方法しかありません。

そんなときには上記で紹介をしたような商品を使ってみましょう。

他にもサプリを使ったりする方もいるようですね。

白髪染のサプリならば「ミレットアップ」が人気です。

メディアでも人気のある白髪染の商品もありますのでネットでいろいろと探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク