Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

日焼けの皮をめくるのはなぜ?日焼け後のケアの方法も紹介

処理はどうする?日焼けの皮

暑い夏になるといろいろなところに暑い場所へ行くことになります。

そんなときに避けられないのは日焼けですよね。

そんな日焼けをしないためには日焼け止めを塗ったりして予防をすることができますが、子どもたちになるとついつい塗り忘れてしまったします。

すると、日焼けをした場所の皮がめくれることがありますよね?

あれってなんでめくれるのでしょうか?そんな日焼けをしたときに皮がめくれる理由について書いていきましょう。

日焼けとは?

その前にまずは日焼けについて書いていきたいと思います。

日焼けとは、「皮膚に強い日光が当たって黒くなることや、日が当たって衣服や畳などがいろあせること」の2つの意味を基本的にはいいます。

その中でも今回は皮膚にことなので、皮膚のことに絞っていくと紫外線を浴びることにより皮膚が赤くなり、炎症を起こし急性症状とメラニン色素が皮膚表面に沈着をすることですね。

日焼けしやすい人としにくい人の差

では、いつも真っ赤になって日焼けをしてしまうという人もいれば「あまり日焼けしない」という人もいますがなぜでしょうか?

これについては「メラニンの差」だといわれています。

メラニンは肌を守るための能力を持っているのですが個人差が激しいものがあります。

そのため、個人の持っているメラニンの保護能力を超えると日焼けになっていくという仕組みが人体にはありますいのでもとから色白の人は最初から持っているメラニンは非常に少ないです。

その反面もとから黒い人はメラニンを持っている量も多いといわれていますね。

私は結構日焼けをしやすい方で、日焼けをした後はすぐに皮がむけてしまうような状態になりますが、一緒に行く友人の中には全く日焼けしない人もいます。

その差はメラニンをたくさん持っているのか?それとも少ししかもっていないのか?の差になるといわれています。

日焼けをして皮がむける理由と期間

では本題の日焼けをして皮がむける理由と期間について書いていきましょう。

まず、皮がむける理由についてですが太陽の光により紫外線を浴びた皮膚の細胞は大きなダメージを受けることとなり最終的には死んでしまいます。

しかし、人間の体はその部分を再生しようという力を持っているため新たな細胞を作ろうとターンオーバーがはじまり、死んで乾いてしまたった古い細胞がはがれ落ちます。

実は人間の肌は見えていないだけで定期的に皮が入れ替わっており新しい状態になっているのですが日焼けをした後は皮膚へのダメージが大きいことから一気に皮がむけて落ちてしまうといった状態になるのです。

そして、日焼けをする期間になりますがこれについては個人差が非常に大きいです。

ケアをしていても日焼けするときは日焼けをしますので大体2~4日後には皮がむけはじめて2週間~1カ月ほどで皮がむけるのも落ち着くといわれています。

皮膚が再生をしようとおもって一生懸命頑張っている状態なので基本的に止めるということはできませんので流れのままに任せておく必要がありますね。

自分で皮を向いても良いのか?

これについてもいろいろな意見があります。

私は特に花の皮がむけやすく毎年夏になると一番に向けだすのでついついむいてしまいます。

これについては結論として向けているものに関しては向いても良いが、むけていないものをむくのはやめておきましょう。

理由は日焼け後の肌はとても敏感な状態となっており、新しい皮膚ができていない状態となります。

それを無理にはがそうをすると肌に大きな負担をかけることになりますし、皮膚ができていない状態でさらに上から紫外線を浴びることになるとしみになってしまったり、軽い日焼け状態になってしまうこともあります。

基本的な考えとして皮膚がはがれて来るのはそのまま待ちましょう。

そして、もとに戻るのを自然にまつ。

つまり、自分の体の働きを待つというのが正しい選択になるといえます。

水分補給でターンオーバーを促そう

日焼けに水分補給?なんて思いますが、実はとても大事なのです。

日焼け後の肌は水分が足りていない状態で乾燥をしています。

そのため、水分を欲している状態なのですが足りない状態だと皮膚のターンオーバーもうまくいきません。

そこで大事なことは水分をこまめにしっかりと取ることです。

水分補給を適切にすることで皮膚のターンオーバーを助ける役割もありますので定期的に飲むようにしてくださいね。

ケアの方法とは?

そもそも日焼けにより皮がむけているということは皮膚が軽い日焼けの状態になっているということになります。

そのため、少し落ちついてからケアをしなければダメージを受けている肌に何かをしても意味がありませんので注意をしましょう。

お風呂でも優しく洗うようにし皮がむけているのを早くきれいにしたいと思うかもしれませんがそれは大きな間違いとなりますので注意が必要ですね。

保湿する

一番確実にケアをする方法としては、保湿をすることです。

日焼け後は肌の水分量も不足しがちでダメージを受けているのでしっかりと化粧水や乳液などをぬってケアをしましょう。

具体的にはお風呂上りなどに化粧水をしっかりとぬってそこに乳液を塗り込むことで化粧水で補った水分をカバーすることが可能となりますね。

日焼け後に早く治したい気持ちはわかるのですが、刺激の強い成分などは余計にひどくなる可能性もありますのであまり無理をしないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク