Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

エイプリルフールのルールは嘘をつくこと?由来と企業のネタ

エイプリルフールと聞いて、どんなイメージを持っていますか?

まぁ一般的な考えになるとウソをついて良い日という扱いであり、私もエイプリルフールは冗談ながらウソをついたりすることもあったりします。

もちろん悪質なウソだと良い気持ちにもなれないので、ルールを守った正しいウソをつきたいものです。

そんなエイプリルフールの意味や由来、そして企業の面白いウソについて調べてみましたので書いていきましょう。

2019年はどんな面白いウソが見られるのでしょうか?

エイプリルフールとは?

ウソをついて良い日と言われているエイプリルフールについて紹介をしていきましょう。

そもそもエイプリルフールに意味とは?という基本的なことを紹介していきますね。

エイプリルフールは英語で「April Fools’ Day」と書き、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことです。

風習の中には4月1日の正午までに限るとも言い伝えられていますが、これについては定かではありません。

もちろん日本だけではなく世界中でこの日だけは嘘をついても良い日とされており、いろいろな企業や人がうそをついて人を驚かせようとする姿があります。

起源と由来について

では、このエイプリルフールですがいつから、どんな風にはじまったのでしょうか?

実は起源や由来は全く不明。

いつどこでどんな風に誰が?エイプリルフールの風習が始まったのかは全くの謎となっています。

もちろんいろいろ諸説はあるのですが、いずれも有力な感じではないことからあくまでも仮説となっていますが紹介をしていきます。

ヨーロッパが始まり

まず1つ目は、ヨーロッパでは3月25日を新年としており、4月1日までは春の祭りを開催していましたが、1564年にフランスにシャルル9世が1月1日を新年にしますと決めたのですが、

民衆らは4月1日が良いと反発して4月1日は「嘘の新年の日」という扱いにした結果エイプリルフールが生まれたとされています。

事件を風化させないように

2つ目は、この町で嘘の信念として騒いでいることにシャルル9世は怒っていました。

その結果、嘘の新年である4月1日にみんなでバカ騒ぎをしていた人たちをどんどん処刑をしてしまいました。

その中には13歳であった少女など若い世代も含まれていたのですが、フランスの国民たちは若い世代がなくなってしまったことを非常に残念に感じました。

いつまでもその悲しい事件を忘れないようにするために4月1日のエイプリルフールには今でも騒いでいるという説。

迷いが生じるから

3つ目はインドの悟りの修業は春分から3月末まで行われていましたが、すぐに迷いが生じることから4月1日を「揶揄節(やゆせつ)」と呼んでからかったことによるとする説もあります。

いずれも革新的な部分に欠けるの諸説という形になっています。

どこまでが本当で、どこまでがうそなのかは謎となっていますし、そもそもこのエイプリルフールのこの諸説すら「嘘ではないのか?」なんて疑いたくなってしまいますよね。

映画や企業も活用

そんなエイプリルフールですが、ある意味「嘘をついても良い」というルールがあることからいろいろな人に親しまれているお祭りになっています。

そのため、映画関係では「エイプリルフールズ」という映画が人気になりましたし、いろいろな企業のホームぺージなどではエイプリルフールがジョーク記事として扱われることも多いですね。

例えば、4月1日には世界中で新聞が嘘の内容をニュース記事で掲載をしたり、報道番組でもジョークのようなニュースが読まれたりします。

いろいろな企業も話題性がエイプリルフールにはあることから、自社の公式サイトへジョークの情報を流すことで広告的な要素もありますし話題になれば企業の知名度アップにもつながります。

結構本格的なものが多く、広告費もかかっているものも多いですが4月1日のエイプリルフールにジョークをするということは、インパクトも強いため結果としては良い宣伝になります。

また、面白いジョークをつくことでSNSなどで発信もされるためこぞっていろいろな企業がジョークをするという流れになりつつありますね。

毎年面白いジョークが出ているので2019年も楽しみですね。

2017年のエイプリルフールのネタを紹介

では、具体的にどんなジョークネタがあったのかを紹介していきたいと思いますね。

吉野家

まずは牛丼の吉野家さんですが、

キリンビバレッジさん(@Kirin_Company)との共同で、長年の夢「牛丼の自動販売機」がついに完成しました!
肉をどう盛るかが最大のネックでしたが、納得のいく品質が実現しました。ぜひお試しください!

(引用:吉野家公式Twitter

コカ・コーラ

次にコカ・コーラは?

ジョージアもマックスコーヒーといえばめちゃくちゃ甘いコーヒーとして人気なのですがあえて苦さをマックスにしてみたマックスコーヒー。

 

モスバーガー

シンプルイズベストの「菜のみ」のハンバーガーを発売とレタスだけのバーガーを発売。

しかもお値段は703円とめちゃくちゃ高くなっているという点も注目ですね(笑)

2018年の企業のネタを紹介

続いて昨年2018年の企業のエイプリルフールです。

これも思わず笑ってしまうものが多数ありますね。

コカ・コーラの爽健美茶

またしてもコカ・コーラ。

こちら人気の爽健美茶ですが、なんとピザに大変身をしたという大ニュースですね。

ん~食べたいとは思わない・・・

(画像引用:https://twitter.com/SokenbichaJapan/status/980097388902727681)

マクドナルド

昨年流行をした仮装通貨にあやかってビットマックが登場しました。

まさかの透明度ですが、しっかりと流行に乗っているあたりがさすがマクドナルド。

(画像引用:https://twitter.com/McDonaldsJapan/status/980097388462436354/photo/1)

エイプリルフーまとめ

いかがでしょうか?

こんな風にエイプリルフールについていろいろを紹介をしてきましたが、なかなか面白い日で風習となっていますし、企業や会社の公式サイトを見るのも楽しみになります。

しかし、あまりにも手が込みすぎていて本当に信じて誤報の報道になっていることもありますいので情報を精査するように気を付けてほしいものですね。

2019年はどんなにおもしろいエイプリルフールの情報が来るのかをしっかりと確認しましょう。

今から4月1日が楽しみですね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク