Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

筋肉痛の原因と治し方!回復を早める方法

普段から運動をしていない人が体を動かすと大変なことになってしまいます。

そう、筋肉痛ですね。

身体がバキバキになってしまい体が思うように動かないということになってしまうためかなりつらいことになります。

私は昔からテニスとフットサルをしているのですが、どちらも久しぶりにすると一週間は体が使い物になりません。

そんな誰もが経験をしたことのある筋肉痛の原因や回復の方法について紹介をしていきます。

筋肉痛の原因とは

そもそも人間はなぜ筋肉痛のなるのでしょうか?

その原因について書いていきましょう。

いろいろと筋肉痛について調べてみると「医学的にはっきりとしていない」というのが正直なところ。

有力な説としては激しい運動をすることにより普段使っていない筋肉が傷ついてしまいます。

すると、筋繊維を修復するための過程で炎症を起こし、精製された刺激物質が筋膜を刺激して起こるといわれています。

一般的には筋肉痛は運動をして数時間で早い人ならばでますし、遅い人だと翌々日くらいから出るようになります。

若いうちはすぐに筋肉痛がでますが、これは普通の筋肉痛。

年齢を重ねるとすぐに筋肉痛が出ないのですが、これは「遅発性筋肉痛」と呼んだりします。

年齢を重ねると筋肉痛が遅れる原因

これは年齢を重ねるごとい運動をしたり、日ごろから筋トレをする機会は減っていきます。

すると、運動を急にすると普段使っていない筋肉を使うこととなるため痛くなる物質が筋肉に届くまでも時間がかかります。

つまり、時間がかかることによって筋肉痛に遅れが生じる。

普段から運動をしておけば年齢を重ねていたとしてもその日に筋肉痛が訪れると考えられています。

筋肉痛の種類

そんな筋肉痛ですが、実は2種類の筋肉痛がありますので紹介をしていきましょう。

筋肉痛には「筋疲労」と「筋損傷」の2つのタイプがあるとされています。

・筋疲労は体を激しく動かした後や長い時間同じ姿勢でいた際に筋肉の使いすぎで怒る筋肉の疲れ。

・筋損傷は筋繊維が損傷をし、炎症を起こす症状のことです。筋疲労よりも症状が重く、肉離れのように自力で歩けないほどの痛みを伴うケースもあります。

筋肉痛は乳酸が原因?

これ私も昔からよく聞いていました。

「筋肉痛は乳酸が原因」という言葉です。

これは疲労は乳酸が多くできることにより起きるとされていたのですが、乳酸は30分を経過すると実は運動前の低いレベルにおちます。

実は乳酸は運動中のエネルギー源であり、疲労による筋収縮の低下を防ぐ力を持っているとされています。

つまり、乳酸の働き方は見直されているといわれています。

筋肉痛を回復させる方法と期間

そんな筋肉痛ですが、実際に筋肉痛になった際に回復をさせる方法と回復するまでの期間について書いていきましょう。

回復するまでの期間に関しては「2~3日程度」と言われています。

もちろん運動内容や体の筋肉にかかった負荷によっても異なりますので、1日で回復をすることあれば一週間程度でやっと筋肉痛が取れたというケースもあります。

また、その人の普段からの運動具合によっても左右をされ日ごろから運動をしている人は筋肉痛になっても回復は早いですが、普段から運動をしていない人は回復にも時間がかかります。

回復を早める方法

運動をした後に筋肉痛があると運動をした満足感はあるのですが、その反面痛みから早く解放をされたいという気持ちにもなります。

そんな筋肉痛を早く取り除く方法についても紹介をしていきましょう。

軽い運動をする

筋肉痛だとそのまま寝ておこうなんてなりますが、それは大きな間違い。

そんなときこそウォーキングなど軽い運動をして体を動かすことで凝り固まっている筋肉を動かすことができます。

ストレッチをする

筋肉痛になっているということは体の筋肉や可動域が固まってしまっている状態である可能性もあります。

そのため、お風呂にはいって体の筋肉と伸ばしていきましょう。

痛気持ちよい感じになりますので回復に効果があります。

マッサージ

筋肉痛は筋肉が凝り固まっている状態であります。

そのため、マッサージをして凝り固まっている筋肉をほぐしたり、血行を良くすると効果もあるでしょう。

筋肉痛に効果のある食事

また、食事で筋肉痛の解消にもつながります。

たとえば、オメガ3と呼ばれる魚の油は重要ですしタンパク質、ナトリウム、電解質、ビタミンなども積極的に取りたいですね。

睡眠

休息を取ることにより体の負担も減らすことができます。

しっかりとねて体と筋肉の疲労を回復へと導きましょう。

筋肉痛のまとめ

筋肉痛は運動をしていないとすぐに起こります。

私は普段から筋トレはしていますが、サッカーやテニスをした翌日は体がいうことをききませんね。

そんなときはストレッチやマッサージなどをすることで体の痛みも徐々に取れてきます。

あとは、日にちが回復へと導いてくれますのでゆっくりとケアをしていきましょう。

私も筋肉痛になった際にはお風呂へはいってストレッチとマッサージをしっかりとしていきたいと思います。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク