Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ふくらはぎがつる原因と対処法!予防方法と病気の可能性について

運動をしていると急に足がつってしまったり、何気なく歩いているだけで足が痛くなってしまったり。

寝ているときに起きたら足がつってしまった。

そんなふくらはぎがつる経験をしたことはありませんか?

私はテニスやサッカーという運動をしていたので「足がつる」という経験をたくさんしてきましたが、つるととにかく痛いんですよね。

そのため、なんとかよくしていかないといけませんので、ふくらはぎがつる原因や対処法について書いていきます。

ふくらはぎがつる原因

何の前触れもなく、いきなりつることが多いふくらはぎ。

つると歩けないほどの痛みといいよりも激痛がはしり足がいうことを利かない状態となってしまいます。

そんなふくらはぎがつるというのはどのような状態となる原因は何なのでしょうか?

筋肉の披露

日ごろから運動をしている人が激しい運動や運動不足の人がいきなり運動をすると、そのあとには筋肉疲労物質が各部位に溜まることとなります。

その物質が通常は疲れるとゆるむはずの筋肉を緊張させてしまう作用をもっているため突然筋肉が突然筋肉がピーンとはって痛みが起こりますね。

足がいうことを利かないようになるのにはそんな理由があるのです。

ミネラルバランスの崩れ

運動や高温になって汗をたくさんかくことで体から大量の水分とともに身体からは大事なミネラルなどの成分も失われることとなり脱水症状を引き起こします。

すると、脱水症状がおこり筋肉が興奮状態となって緊張をし張りや痙攣を引き起こすこととなります。

また、脱水症状が足がつったりするだけではなく下痢や嘔吐の症状も現れることもありますので注意をして下さい。

運動中は水だけではなくスポーツドリンクを飲んでミネラルなども補うことが必要だと言われていますね。

私はこれが原因で運動をしているときに足がつってしまった経験がありますので今は水とスポーツドリンクを飲むようにしています。

血行不良

冷えやむくみにより血の流れが悪くなる。

いわゆる血行不良が起こると筋肉の正常な動きが妨げられるため、ふくらはぎがつることがあります。

そのため、冷やさないということは基本ですし、運動をするときも冷えている状態でいきなり動かすとつる可能性もありますのでランニングなどして温めてから動くようにしましょう。

病気

実はふくらはぎがつる原因としては病気という可能性もあります。

例えば、腰痛椎間板ヘルニアや、糖尿病などを患っているとそれが原因となってふくらはぎがつる可能性もありますので注意をしましょう。

寝ているときにつる原因

もちろん運動をして筋肉疲労があるときには足がつったりする可能性もあるのですが、寝ているときにいきなりつることがあります。

あれって寝ているときにふいに痛みが来るので最悪なんですよね。

寝ているときにふくらはぎがつってしまい十分に眠れず起きてしまうなんてこともあります。

そんな寝ているときにふくらはぎをつるのは足の「血行不良」が原因だと言われています。

血流が悪くなると足へ負担がかかりますので、寝る時は温めること。

暑い夏でも体が冷えすぎないようにバスタオルやタオルケットなどはかけるようにしましょう。

ふくらはぎがつるときの対処法

そんな痛いふくらはぎのつるを何とかするために対処法を紹介していきましょう。

本当につったことがある人にしかわからないのですが、痛いのでなんとか対処をできるようにしておきたいものですね。

思い切り伸ばすはダメ

まず絶対にしてはいけないのは「思い切り伸ばす」ことです。

つったからといっていきなり思い切り伸ばしたり、膝あたりをぐっとおさえたり、自分でつま先をつかんで伸ばしたりするのはダメです。

つっているときは筋肉が収縮をしているときです。

縮まっているときに無理に伸ばそうとすると筋肉に傷がつきますし、場合によっては筋肉が切れてさらにひどいことになることもあります。

無理に伸ばすのは絶対にやめておきましょう。

ゆっくり伸ばす

足がつると痛いですし、焦ってしまいますがそんなときこそ落ち着きましょう。

強引に伸ばしたり、力を込めて足を延ばすと先ほど書いたように足を痛める可能性があります。

正しい対処法は「ゆっくりと」伸ばすことです。

あとは、足の爪先を少しずつ体の方へ倒すと良いでしょう。

さらに足首から膝に向かって優しくさすると血行も良くなり、徐々にラクになってきます。

あとは、土踏まずやひざの裏などをマッサージする、足首をまわすことで血液の循環がよくなります。

疲労を溜めない

あとは疲労を溜めないようにすればよいです。

ふくらはぎがつる主な原因は筋肉疲労です。

長時間の立ち仕事、通勤電車で立ちっぱなし、運動をしたなどの場合は足に疲労物質が溜まっている可能性があります。

マッサージをしたり、整体に言ったり、お風呂に使って足を温め血行を良くしましょう。

ふくらはぎがつるまとめ

私も何度か経験をしたふくらはぎのがつる。

これって痛いですし、ほとんどの場合はいきなり起こりますので「痛い」とうずくまることがほとんどです。

つるだけならばよいのですが、私は筋を伸ばしたり、じん帯を痛めたりした経験もあります。

もしかすると病気やけがの可能性もありますので痛みが引かない時には病院受診も検討しましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク