Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

熱中症対策の飴やドリンクは効果はあるのか?予防と対策の方法について

スポンサードリンク

熱中症は怖い!頭痛が起こったら運動はやめよう

夏の暑い時期になるといつも言われることが「熱中症」です。

特に運動をしているときや、レジャーに出かけたと気に言われる言葉なのですが、正直私も何度かなったことがあり大変しんどい思いをすることなります。

もう2度となりたくない。

そんな思いか熱中症の時期や季節、予防方法や対策の方法について書いて行きたいと思います。

対処の方法は水分補給をこまめに行えば大丈夫と思っていたのですがどうやらそれだけではダメみたいですのでここの情報を参考にしてください。

熱中症とは?

まずは、熱中症について書いていきます。

そもそも熱中症とはどんな症状化ご存知ですか?

たぶん、説明をしろといわれるとなかなか難しい問題となるので熱中症についてまずは書いていきましょう。

定義としては、

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

以下の症状は熱中症になっている可能性が高いので注意をしましょう。

・めまいやほてり

・筋肉痛や筋肉けいれん

・体のだるさや吐き気

・汗の書き方がおかしい

・体温が高い、皮膚の異常

・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

・水分補給ができない など

(引用:日本気象協会推進「熱中症ゼロへ

このようにただ単に暑さにやられたわけではなく、明らかにただの厚さにバテただけではないというのが熱中症となりますね。

特に子供、高齢者、屋外で働く人、キッチンで火を使う人、スポーツする人は注意をしましょう。

熱中症になる症状と原因とは?

熱中症の段階は3つの段階にわかれるといわれています。

軽度 めまいや立ちくらみを起こす、筋肉が痛んだり硬直する、大量の汗が出る。軽度の場合は体温が上がらないこともある。
中度 頭痛や気分の不快から吐き気、嘔吐する、体がだるくなってぐったりとし、力が入らなくなる。
重度 けいれんや手足のしびれ、運動障害が起こり、高体温になり、意識を失うこともある。

この状態になっていると明らかにおかしいと思うべきですし、重度になると最悪「死ぬ」可能性もあることから無理をしないというのは基本となります。

特に意識がしっかりとしない、呼びかけに答えないという場合には医療機関を受診することをおすすめしますし、症状がおかしいという場合には遠慮なく救急車を呼んでくださいね。

本人はすぐに無理をしないようにして、近くにいる人は冷静に対応をこころがけてください。

軽症のうちは体温が上がらないこともありますが、軽症になって休憩をしていても気づかないうちに重症化しているケースもあります。

重要な部分は熱中症が疑われる人の意識です。

意識がもうろうとしていたり、はっきりとしない場合は気を付けなければならないですね。

原因は2つ?

熱中症の原因は、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。

暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが主な原因です。

原因には環境的なことと体に関することがあります。

環境は、

・気温や湿度が高い

・風が弱い

・日差しが強いなど

体の状態としては

・激しい運動などにより、体内にたくさんの熱が生産されている

・暑さに体が慣れていない

・疲れ、寝不足、病気などで体の状態があまりよくない

熱中症の仕組みは簡単で暑さにより、体内に熱がこもることで症状がおこります。

夏になると暑いからといってクーラーの効いた部屋にずっといることもありますが、それは熱中症になる可能性を高めることになります。

結局は暑さになれるために夏には暑くても外に出たりして適度に汗をかくことも大事です。

時期はいつ?熱中症に対策すべき時期

テレビのニュースでも「熱中症により〇名が運ばれました」「熱中症で亡くなりました」などのニュースを見ることも多く残念な気持ちになるのですが、熱中症になる時期はいつが多いでしょうか?

主な時期としていわれているのは、6月後半~7月の晴れ間や梅雨明けの蒸し暑くなった時期や8月の日中の暑い時期は患者数も一気に増加をする傾向にあります。

また、夏が終われば終わりではなくだいたい10月くらいまでは気を付けなければなりません。

熱中症の予防と応急処置

予防や対策の方法はどのようにすればよいのでしょうか?

とにかくよく言われているこまめに水分をたくさん摂るこということは外せません。

汗をかくということは体に水分を逃して体内の温度を上げないようにするための大事な役割をもっています。

しかし、汗をかけば体内の水分と塩分が失われることになります。

それによって血液の流れが悪くなり、脳やからだのすみずみにまで酸素や栄養が届きにくくなるため、筋肉のけいれんや頭痛、吐き気、めまいが起こったり、高熱が出たりします。

そのため、こまめに水分だけでなく塩分を摂りましょう。

目安としては、コップ1杯(200ml)に対してひとつまみの塩分を摂るようにしてください。

ただし、水やお茶などでは水分だけとれても体の大事なミネラルなどが補えません。

そのため、ポカリスウェットやアクエリアスなどのスポーツドリンクが良いとされているのはそのためですね。

また予防の方法で大事なことは毎日ぐっすりと体を休めることです。

食事も体調管理にはかかせないものとなりますし暑くてもしっかりと食べるということで強い体になります。

食事からも塩分と水分を補給することができます。

そのため、熱中症にかからない予防のためには「水分と塩分」「睡眠」「食事」も大事な要素です。

水分はこまめに取ること

特に水分補給は大事なポイントです。

のどがかわいていない状態ででもこまめに水分をとりましょう。

お水はもちろん、お茶、スポーツドリンクなどを飲むようにし、先ほど紹介をしたように塩分も意識をしておきましょう。

梅干しや塩こんぶ、熱中症対策になる塩飴やタブレットも良いですね。

応急処置の方法と対策

応急処置としてできることは

「涼しい場所に移動する」

「水分、塩分、ミネラルなどを補給する」

「安静にして体を休ませる」

「体に水や氷などを使って冷やす」

「足を高くして心臓部に向かってマッサージをする」

とにかく無理をしないことが最大の応急処置になりますが重度の症状が出ている場合にはすぐに救急車を呼んだほうが良いです。

涼しい場所へ移動をする

しかし、救急車がくるまで時間がかかりますし意識もあり少し頭が痛い程度ならば少し休憩して様子を見ようと思うこともあります。

そんなときにはまず涼しい場所へ行くことを心がけっましょう。

もちろん公園の影などではなく、できればクーラーの効いている部屋などへ行くと良いですね。

体を冷却する

体を冷やすことも重要な役割を担ってくれます。

・衣服を緩めたるい、ベルト、ネクタイも緩めて楽な服装にすること。下着もゆるめて体から熱を発散させることを意識させましょう。

・露出をさせた皮膚には水をかけたりしてうちわや扇風機などで仰ぐことにより体を冷やすことができます。

・氷を使って両脇のした、大腿の付け根などにあてることで太い血管などを冷やしましょう。

水分、電解質の補給

汗で失っている電解質や塩分、ミネラルなどが豊富に入っているドリンクを飲んで休憩しましょう。

予防の方法

そもそも熱中症にならないために「予防しておくこと」がとても重要な要素といえますね。

予防の方法としては

「こまめに水分が塩分をとる」

「睡眠環境を整えて体を休ませる」

「暑さに体を慣れさせておく」

「部屋と外気温の差を大きくしない」

な対策はいろいろとあります。

これだけ対策をしていても、誰もが熱中症になる可能性があります。

日ごろから意識をしておき、熱中症になったら無理をしないで体を休ませるようにしてくださいね。

熱中症のまとめ

熱中症の症状や対策、予防、応急処置についていろいろと書いてきました。

その中で大事なポイントは塩分と水分になります。

水分に関してはスポーツドリンクは優秀ですし、OS1と呼ばれる熱中症をたいさくするためのドリンクも良いです。

もちろん塩飴なども効果があるのでメリットも高いでしょう。

熱中症になってからでは遅い可能性もありますので、夏の暑い季節になったら水分補給や塩分補給をして日ごろから熱中症に対する予防から意識をしていきましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク