Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

殻付き牡蠣レシピを紹介!剥き方とおいしい食べ方

簡単でおいしい殻付き牡蠣の食べ方

殻付きの牡蠣を通販で先日購入したという連絡をもらい食べに行ってきました。

食べに行ったのは2月の初旬なのですが、この時期の牡蠣は本当に身もぷりぷりで最高においしかったですね。

本来ならば殻付きの牡蠣を購入して生で食べたり、いろいろなレシピで食べればよいのですがそもそもどうやって調理をすればよいのかわからない。

どんなふうにして食べればよいかわからないという方も多いと思いますのでここでは殻付き牡蠣のレシピと向き方について紹介をしていきましょう。

殻付き牡蠣の剥き方

殻付き牡蠣を剥くのは難しい。

そんな風に思っていたのですが、素人の私でも簡単にできるので紹介をしていきましょう。

準備物はナイフと軍手。

過去に軍手をせず向いた際に思い切り手を指して流血をさせた経験があります。

正直かなり痛いので軍手は2重にするくらいやる方がよいでしょう。

文字で書くとこんな感じ。

1,牡蠣の殻が汚れている場合にはタワシでこすります。

2,牡蠣専用ナイフ(無い場合は、洋食ナイフでも可)の刃先を牡蠣の隙間から差し込みます。

3,牡蠣の身を傷つけないようにナイフの刃先を上殻の内側に添って進め、牡蠣の中央にある貝柱と身を切り離します。

4,あとはナイフで下の殻をてこの原理で上にあげはずします。

ちなみに、きれいにむこうと思っている難しいので殻が割れても牡蠣を食べられればよいという気持ちで軽くやってみましょう。

私は牡蠣剥き係なのでこの日は約100個ほど向きました。

文字で分かりにくいこともあると思いますので、こちらの動画も参考にして下さい。

殻付き牡蠣の食べ方

では、次にいろいろなレシピがある殻付き牡蠣の食べ方について書いていきましょう。

簡単な方法から手の込んだおいしいものまでありますので紹介をしていきましょう。

シンプルで簡単な食べ方

まずはどこでも誰でもやりやすいシンプルな牡蠣の食べ方を書いていきましょう。

殻付き牡蠣を購入するのはなんとなく敷居が高いと思っている方はぜひ食べてください。

レンジでの食べ方

殻付き牡蠣を剥いて食べると最高においしいのですが、なかなかそんなに簡単にはいかないこともあるでしょう。

そんなときにはレンジで簡単に食べられる方法があります。

1,耐熱皿に牡蠣を並べる。

2,5分ほど加熱する

3,蓋が開いているので好みの調味料(醤油、レモン、すだち、塩など)をかけて食べる。

フライパンやホットプレートの食べ方

次のシンプルな食べ方がこちらのフライパンやホットプレートをつかって食べるという方法です。

こちらもとても簡単でシンプルなおいしい牡蠣になりますので紹介をします。

1,フライパン・ホットプレートに牡蠣を並べフタをする

2,弱火~中火でお好みにもよりますが5~8分程度加熱

3,が開いているので好みの調味料(醤油、レモン、すだち、塩など)をかけて食べる。

蒸し器で蒸す

蒸し器も自宅で簡単にできる方法です。

1,蒸し器に殻付きの牡蠣を並べる。

2,フタをして5~6分蒸す。

3,蓋が開いているので好みの調味料(醤油、レモン、すだち、塩など)をかけて食べる。

スポンサードリンク

こんな風にシンプルに牡蠣付き牡蠣を自宅で料理できますので簡単で美味しいですね。

次にバーベキューでも食べられるおすすめの牡蠣レシピがありますので紹介をしていきましょう。

ダッチオーブンでの食べ方

外で食べるとなったらおすすめはダッチオーブンです。

ダッチオーブンを持っていない方は牡蠣をアルミホイルで包んで5分程度焼くだけでも同じように食べられますのでおすすめですね。

しかし、ほかにもおいしい食べ方がありますので紹介をしていきましょう。

ちなみにダッチオーブンの場合は上の火を強めにすると失敗も少ないでしょう。

→ ユニフレームのダッチオーブンをシーズニング!SOTOにしなかった理由

ごま油で中華風

まずはシンプルにおいしいこちらのごま油。

牡蠣のうまみを最大限引き出すことができますしシンプルにおいしいです。

1,ダッチオーブンに殻付き牡蠣を並べる。

2,白髪ねぎを上に置いて、ダッチオーブンで蓋をして5~10分ほど炭火で加熱する。

3,熱したごま油をかける。

4,そのまま食べる。

シンプルですが、かなりおいしいのでおすすめの食べ方といえます。

ホワイトソース

いろいろな食べ方をしてきましたが、私はこの食べ方が一番好きです。

ホワイトソースに玉葱を細かく刻んでいれて食べる方法でシンプルですが、牡蠣の濃厚な味を味わえます。

1,ダッチオーブンに殻付き牡蠣を並べる。

2,牡蠣1つずつにホワイトソースを載せる。(好みでチーズをのせてもよい)

3,5~10分ほど加熱する。

4,そのまま食べる。

濃厚な牡蠣とホワイトソースが本当にマッチします。

バジルソース

次はバジルソース。

こちらも洋風になるのですがシンプルでおいしい牡蠣になります。

味は最高においしいのでぜひ食べてほしい逸品といえますね。

1,ダッチオーブンに殻付き牡蠣を並べる。

2,牡蠣にバジルソースをかける。

3,5~10分加熱する。

4,そのまま食べる。

このバジルソースですが市販のモノでもよいですし、ごちそうになった家ではバジルを細かく刻んでバジルソースを作っていました。

本当にシンプルですが、おいしかったです。

バター

最もシンプルで牡蠣の味を最大限味わえるバターはおすすめです。

1,ダッチオーブンに殻付き牡蠣を並べる。

2,牡蠣にバターをかける。

3,5~10分加熱する

4,そのまま食べる。

他のレシピ

もちろん牡蠣はいろいろな食べ方があります。

殻付き牡蠣も殻さえ外せばいろいろなレシピが可能ということがあり、スモークして燻製にしてもおいしいですしカキフライにしても最高においしいです。

あとは牡蠣ご飯も良いですね。

殻付き牡蠣のレシピのまとめ

殻付き牡蠣の剥き方からいろいろなレシピを紹介しました。

殻付き牡蠣はたしかにおいしいのはわかるのですが、やはり手間がかかるというイメージもあります。

私もそんな風に嫌煙をしていたのですが、実際には簡単に殻を剥けますし味も食べるとはやり全然ちがいます。

牡蠣は幅広く調理できますし、殻付き牡蠣はほしいけれども買ったことがないという方はぜひ食べてくださいね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク