Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

焦げ付きの落とし方!フライパンについた焦げを取る7つの方法

スポンサードリンク

フライパンの焦げ付きは落ちない

フライパンは毎日料理をする家庭だとどんどんと落としていくことになると思います。

しかし、毎日フライパンを使っていると悩みとして多いのはフライパンの焦げ付きです。

これはガス火でもオール電化でも関係なく日々フライパンを使っていると起こりえること。

火の通りにくい食材や調味料を使うと余計ですよね。

まだまだ使えるのですが、見た目がどんどん汚くなって買い替えてしまいがちなフライパンですが焦げ付きを落としてもう一度復活させてみませんか?

ここではフライパンの焦げ付きの落とし方について書いていきましょう。

焦げ付きが発生する原因

そもそもテフロンなどの焦げ付きが起きにくいフライパンを使っているはずなのにどうしてフライパンは焦げるのでしょうか?

これにはいろいろな理由があるのですが、主に2つの原因があります。

1つめはテフロン加工がはがれているという点です。

テフロン加工がダメになている場合には焦げ付きを落とす方法を実践しても落ちない可能性もありますので買い替えが一番早いかもしれません。

どうせ買い替えをするならば一度やってみても良いでしょう。

2つ目は見えない油の汚れにより焦げ付きが発生をしているケースです。

特に焦げ付きを起こす原因は料理に対して火加減が強すぎるなどの原因になりますので注意が必要となります。

火加減は気を付けるべきなので十分配慮をしておきましょう。

では、次に焦げ付きを落とす方法についていくつか紹介をしていきますので参考にしてください。

簡単に焦げ付きを落とす方法

フライパンの焦げ付きを簡単に落とす方法があります。

もちろん魔法のように落ちるというわけではありませんが、ある程度きれいにすることができるものとなっていますのでぜひチャレンジをしてください。

重曹

フライパンの焦げ付きを落とすために大事なものは重曹だといわれています。

なぜ重曹で焦げ付きが落ちるのかというと、重曹は熱を加えることで二酸化炭素を発生させます。

この二酸化炭素が焦げを浮かせてくれる働きを持っていますので効果も高いといわれていますね。

熱せられた寿聡は濃度の高い炭酸ソーダに変化をし、炭酸ソーダはアルカリ度が高いため汚れをよく落とすといわれています。

やり方

やり方は簡単です。

以下の方法を利用しましょう。

1,コップ一杯に対し大さじ2程度の重曹を入れ、ぐつぐつと沸騰させながら10分程度煮て下さい。

2,そのまま冷まし、冷めたところで箸や棒で焦げを突くと、ポロポロと取れて来ます.

こちらに重曹を使って実際に焦げ付きを落としている動画がありますので参考にしてみてください。

クエン酸

上記の重曹でほとんどの場合は焦げ付きが落ちます。

しかし、これでも取れない頑固な汚れもあるでしょう。

そんなときには、新しく水をはってコップ一杯の水に対してクエン酸を大さじ1杯を入れて同じようにぐつぐつにましょう。

そのあとは洗剤できれいに洗い流して見ると落ちますね。

酢を使う

次は酢で汚れを落とす方法です。

1,焦げ付きのある部分まで水をつける。

2,お酢を大さじ3杯入れる。

3,沸騰させて20分くらい放置。冷めるまで1時間くらい放置をして冷ます。

4,割りばしの裏などを使って汚れをこすり落とす。

空焚きをしてみる

空焚きをしてみるという方法もあります。

これはテフロン加工のフライパンはダメですが、鉄製のフライパンの場合は空焚きをして金属性のヘラなどでこすってみるときれいにおちます。

天日干し

天日干しをしてみるのも一つの方法です。

鍋をきれいに洗って天日干しをすることでキレイに汚れを落とすことができるといわれています。

割りばしなどで焦げの表面を軽くこするとかさぶたと同じような原理できれいに落ちるでしょう。

ペットボトルの蓋を使う

ペットボトルの蓋はプラスチックでできており硬い材質でできています。

そのため、汚れをこすることできれいに落とせるといわれています。

フライパンも傷つかないと言われていますので焦げ付きを思い切りこすってみましょう。

卵の殻でこする

卵の殻には適度な研磨作用があるため、土鍋や耐熱ガラスなど表面がデリケートなものでも焦げ落としに使えます。

スポンジに砕いた殻を付けてからこすって磨けば、簡単に焦げ付きなどの汚れを落とすことができます。

焦げ付きを避ける方法とまとめ

ここではいろいろな焦げ付きを落とす方法を紹介しましたが、根本は焦げ付きを起こさないということが大事です。

そのため、以下の点に注意をしてみましょう。

・テフロン加工は強火をしないようにしておく。

・焦げ付きにくいフライパンを購入しておきましょう。

・終わった後はきれいに洗って汚れが残っていないようにしましょう。

こんな風に焦げ付きはいろいろとありますのでしっかりと丁寧に落とすようにしてきましょう。

しかし、それでもうっかり焦げ付きがおこる可能性も考えられますのでそんなときにはここで紹介をした方法実践してみてください。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク