Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

胃腸風邪のときの食べ物のおすすめは?食事レシピと胃腸風邪の治し方

スポンサードリンク

嘔吐と下痢がつらい胃腸風邪

私も何度か経験をしたことがある胃腸風邪

上からは嘔吐をして、下からは下痢をして大変辛い状況になってしまい死ぬのではないかと思うくらい追い込まますね。

もちろん予防をしていても体が弱っていると感染をしてしまうこともありますので非常に厄介な病気。

嘔吐するし、下痢もするので正直つらいのですが何かを口にしないと大変なことになってしまいますので、ここでは胃腸風邪の時に食べられる食事について書いていきましょう。

胃腸風邪とは?

まずは胃腸風邪について書いていきましょう。

胃腸風邪とは、ウィルス性胃腸炎(感染性胃腸炎)と呼ばれる病気のことで、人に感染をする可能性もある病気となっています。

つまり、胃腸に炎症が起きているため吐き気、下痢を発症をするものとなってり咳やのどのいたみと言った風邪症状はほとんどみられずどちらかといえば、下痢と嘔吐だけがでてきます。

実はこの胃腸風邪の問題は回復をした後です。

回復をしたとしても、実は胃腸はダメージを受けているためすぐには普通の食事も食べられないような状態になってしまうこともあります。

何よりも胃腸の回復をさせるために適切な食事をして胃腸を休ませることが大事ですね。

潜伏期間と治し方

胃腸風邪は感染性胃腸炎と呼ばれる風邪が原因となっており、何らかの微生物が原因となって引き起こされる病気の総称となっています。

代表的なものといえばノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルスとなってり潜伏期間は1~2日間といわれています。

症状としては下痢、嘔吐が基本でロタウィルスは発熱も伴うこともあります。

治し方は病院へいって、抗菌薬をもらうことですがそれでもすぐに回復をするというものではありませんので時間を要しますね。

下痢、嘔吐が止まらないという場合にはすぐに病院へいきましょう。

冷え性の原因と対処法!改善をする方法はツボと食べ物がポイント?

胃腸風邪のときにおすすめの食べ物

では、本題の胃腸風邪のときの食べ物について書いていきましょう。

胃腸風邪になると何も食べたくなくなりますし、胃腸風邪が回復した後もなかなかつらくなってしまいます。

しかし、いつまでもその状態のままでは困りますので少しずつ食事をしていきましょう。

ただし、無理に食べる必要はなく下痢と嘔吐が落ち着いてきてから食べると良いですのでそこは無理をしないでおきましょう。

注意点としては食べられなくても良いので、胃腸炎が治っていない時でも水分だけはしっかりと摂るようにしておいてください。

脱水症状になったら危険ですので。

お粥

まず、病気の時の定番と言えばお粥ですね。

レシピもご飯とお水をコトコト炊くだけなのでとても簡単ですし、胃腸風邪でも食べらえる食事といえます。

胃腸風邪の際にはできるだけ脂っこいものを避けるべきなのでお粥はもっとも最適といえます。

味付けも塩、梅干しにしておくと同時に塩分も取れますのでとても良いでしょう。

うどん

うどんもお腹の調子が悪いときには最適な食べ物です。

こちらもお出汁にうどんをいれてコトコト炊くだけなのでレシピとしてはとても簡単。

胃腸風邪になっているときはシンプルなものにしておき、落ち着いてきたら卵を入れても良いでしょう。

いつもより少し長めに炊いてうどんを柔らかくしておくことがコツといえます。

パン粥

パン粥も同様です。

胃腸風邪になっているときに無理をして食べてもすぐに嘔吐と下痢をして元に戻ってしまいます。

それを避けるためにも気を付けておきましょう。

パン粥は耳を切り落として、真ん中の部分だけを水でコトコト炊いて塩などで味付けをしましょう。

本来は牛乳で炊くのですが、牛乳は腸の活動を活発にする効果があるので避けておきましょう。

湯豆腐

湯豆腐の胃腸の調子が悪い時に食べられる食事ですね。

お湯に豆腐を入れて食べるだけですのでシンプルですし、胃腸への負担も最小限に抑えられます。

ポン酢で食べると一番良いでしょう。

野菜スープ

野菜スープといってもいれるものはたまねぎ、人参、キャベツくらいでくたくたになるまでコトコトと炊くだけです。

味付けもコンソメの元を入れれば完成ですのでとてもシンプルで食べやすいですね。

胃腸風邪の時の食事のコツ

胃腸風邪の時は食べる時にコツが必要になりますので紹介をしていきましょう。

1,消化の良い食品や調理方法を選ぶ。

※できるだけ食物繊維や脂肪が少ない食品をやわらかく調理した料理にしましょう。

2,胃酸の分泌を高める食品は、控えましょう。

※香辛料、甘み、食塩の多いもの、酸味、嗜好飲料など

3,食事はゆっくりとよく噛んで食べること。

4,冷たいものは一気に飲まないようにしましょう。

5,食後は休息をとりましょう。

とにかくあっさりとしており、胃腸に負担をかけない食べ物を食べるようにしたいものですね。

胃腸風邪の時の食事のまとめ

胃腸風邪にかかると大変なことになってしまいます。

下痢も嘔吐も止まらないという状態になりかなりつらいのですが、病院へいき薬をのむことで自然と回復へ向かうでしょう。

大人ももちろんですが、子供は何よりも水分をしっかりと摂るようにして脱水症状にだけはならないように気を付けてあげてください。

食事は無理せず徐々に食べていきましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク