Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

寝違えはツボが治し方として最適!背中に痛みが出る原因も紹介

スポンサードリンク

激痛で朝起きれない寝違え

寝違えを経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

私も今までに寝違えを何度も経験しており、そのたびに首が射たくなり困っていたものです。

一日首が横に曲がってしまっているような状態となり、ずっと変な感じが続く寝違えですが中にはひどくて朝起きれなくてつらい。

背中まで痛くなってしまい大変なことになってしまったという声もありますので寝違えの原因や治し方、効果のあるツボなどについて書いていきましょう。

寝違えの原因

では、なぜ寝違えになるのでしょうか?

原因について書いていきましょう。

寝違えになる原因は実は正確にはわかっていないのですが、以下のようなことがあげられます。

・睡眠中に不自然な姿勢が続き筋肉が硬直をした。

・前日に普段していない運動などをして筋肉が痙攣している。

・頸椎や首あたりの筋肉が炎症をしており防衛反応で起こる。

このあたりが考えられます。

特に最後の原因として書いている筋肉の炎症ですが、最近はパソコン仕事も多く椅子に座って一日仕事をすることが多いため日ごろから筋肉が疲労をしているため起こるといわれています。

そのためパソコン仕事が多い人は要注意。

姿勢を正したり、適度に休憩をとってストレッチをしたりして血の流れを良くしておきましょう。

背中の寝違え

中には背中の寝違えというものもあります。

寝違えと聞くと首だけと思いがちなのですが、それは大きな間違いです。

実は背中や肩なども起こることがあります。

寝ているときは無意識なので変な姿勢になったり、ちょっとひねってしまったりして痛みを伴うこともあります。

気が付いたときには起きれないほどの激痛で悩むこともあります。

寝違えたときの治し方

そんな寝違えですが、急に起こることがほとんど。

起こるとなかなか辛いので治し方についても書いていきましょう。

患部を冷やす

朝起きて「首が痛い」となることがあります。

そんな時に冷やすのか?それとも温めるのか迷うこともありますがそんな時はどうしていますか?

ひどい痛みがあり寝違えた場所が腫れている、熱を持っているという場合にはまず冷やすことが効果的です。

冷やすことで炎症を和らぐことができますので保冷剤や氷などで患部を冷やすようにしてください。

ただし、腫れや熱がひいたら次は患部を温めるようにしましょう。

首周りの筋肉をあっためて血行を良くすることで肩こりや寝違えの予防にもなりますので最初は冷やす。

腫れが引いたら温め安静にしておくことで治りも早いでしょう。

ツボを押す

寝違えたときについつい患部をマッサージしてしまいがちですが、それは大きな間違い。

患部は痛みを伴っているときがそのが炎症をしている状態となるため、マッサージをすると逆効果で患部を刺激してしまうことになります。

そのため、炎症を悪化させたり長引かせてしまう可能性もありますので寝違えを起こした際にマッサージをすることは大きな間違いです。

しかし、ツボといっても専門家ではないのでわからないですよね。

そこでこちらの動画を参考にしてください。

この動画で紹介をしているツボは「落枕(らくちん)」というツボで手をグーにしたときに出っ張る人差し指と中指の骨の間にある部分です。

痛気持ち良いと目安に1~2分程度ゆっくりと押して離すを繰り返してみると良いです。

速攻で治したいツボ

もちろんゆっくりと治したいと思っている方もいますが、寝違えたけれどもすぐに出勤をしなければならないこともあるでしょう。

そんな時は脇付近のツボを押すことで即効性があるといわれています。

場所の説明が文章では難しいので、動画を参考にしてください。

安静にする

寝違えを甘く見ている人もいますが、寝違えはケガと同じです。

もちろん軽症ならばよいのですが、寝違えはいきなり起こりますし結構いたいものです。

そのため、仕事も休めないですし家事や育児も休めないのということは多いですね。

そんな寝違えを治す一番の方法は安静にして無理に動かないことです。

結局、変に首をねじってしまい痛みを伴っていることになりますので、安静にしておき無理なことをしない、いたいことをしないというのが治りが早いでしょう。

寝違えのまとめ

寝違えは急に起こるもの。

そんなときに焦らず適切な対応を治し方をすることが間違いないやり方になります。

寝違えではなかなか休んだりすることはできないかもしれませんが悪化をしてま元も子もありません。

そのため、ここで紹介をしたようにツボを押したり、時には患部を冷やしたり、安静にしたり無理をしないようにすることが最も大事だといえます。

寝違えはひどくない限りは大体2日から3日程度で治ってきますのでしばらく痛みを付き合いましょう。

予防のためにも日ごろから首回りや腰回りのストレッチをしておき背中などに負担をかけないようにしておくとよいので、運動不足などの方は意識して歩いたり、動くようにして下さい。

何よりも急な寝違えになった人の情報になれば幸いです。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク