Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

あかぎれとひびの原因と対処法と治し方と予防法について

スポンサードリンク

手荒れで痛いあかぎれ

冬になると痛みで辛い、あかぎれにひび。

水を触るとしみるし、手からは血が出たりとなかなかつらいもの。

水仕事をせずにしておけば治りも早いのですが、主婦になるとなかなか簡単にはやめられないというのも正直なところです。

そこであかぎれやひびになる原因と治し方について書いていきましょう。

あかぎれとは?

あかぎれが冬に引き起こされるやっかいな皮膚トラブルです。

日常生活でも深刻なトラブルを引き起こし、日常生活にも影響を引き起こす2大皮膚トラブルだともいわれていますね。

あかぎれやひびというのはその名前の通り「手の皮膚にひびや切れている」症状のことを指しています。

あかぎれとひびの原因

あかぎれやひびになりやすい人は、普段から水仕事をすることが多い人です。

例えば、主婦は毎日水仕事をしていることからあかぎれなどになりやすいですし、仕事をしている人ならば美容師や理容師と呼ばれる髪の毛をカットする人もいます。

普段から水仕事を当たり前のように行っており、洗剤やシャンプーに直接触れる仕事をしている人ほどあかぎれやひびになりやすいといわれていますね。

手にはには元々皮膚を保護する役割を果たす皮脂が少ないとされています。

そこに洗い物やシャンプーを行う回数が多ければ多いほど、皮膚表面のバリア機能が失われ手荒れを引き起こす原因となりますので余計にひどくなるという問題が起こるのです。

とくにあかぎれは、寒さと空気の乾燥による皮膚のひび割れが原因で起こる症状のことですね。

しもやけとの違い

あかぎれやひびとよく似ている症状としてしもやけというものがありますが、これはあかぎれとは違うのでしょうか?

まとめていきましょう。

ひび→ 皮膚の水分や油分が足りなくなり、皮膚の表面が硬くなり亀裂が生じること。

あかぎれ→ ひびの亀裂がさらに悪化して真皮層まで深く亀裂が入っている状態で中には血管から血がにじんでくる状態。

しもやけ→寒さや寒暖差により手足の指先や耳、鼻の先などの末端部分に結構不良が起こり、むず痒さや痛みを感じるもの。

こんなふうにひびがひどくなりあかぎれになるのですが、しもやけはひびやしもやけの前段階と理解をしておくとわかりやすいでしょう。

→ しもやけの対処方法と原因 症状について!かゆいときに治し方

あかぎれとひびの治療法

そんなつらいあかぎれやひびの治療法について書いていきましょう。

特に水仕事が多い主婦や美容師になるとなかなか水仕事をやめるということは難しいです。

水に触れないようにする

実はあかぎれを治すために一番効果的なことは水仕事をしないということなのですが、それは難しいので美容師は仕事なので難しいですが、主婦ならばゴム手袋とするという方法が良いでしょう。

水にぬれるとどうしても手が痛くなりますしあかぎれやひびもひどくなる可能性もあります。

とくにひび割れをしている状態で水にふれるとしみますし、そこからさらに傷が悪化をしていく可能性もありますのでできるだけ水に触れないようにしておきましょう。

重たい荷物は避けておく

またひびが入っている状態ならば重たい荷物などをもって手に負担がかからないようにすることも重要ですね。

ひびが入っているとあかぎれになる前の状態になってしまいます。

そのため、重たい荷物をもったりすると避けてしまいますしぐっと手を握りこむと避けてしまう可能性もあります。

そのため、重たい荷物をもったりすることが避けておきましょう。

クリームを塗る

手が濡れてしまい乾燥をすると皮膚が避けてしまいやすくなります。

それを防ぐために水仕事をしたらすぐに乾かしてハンドクリームなどを塗り込み肌の油分を保つようにしましょう。

ビタミンCを摂る

ビタミンCは皮膚に効果があるといわれてます。

ビタミンの中でも代謝UPに効果的にあり、しみ・たるみ・にきび・毛穴の開き・敏感肌・乾燥肌など、ありとあらゆる肌のトラブルに効果的です。

特にあかぎれやひびには効果があるとされていますのでメリットがあります。

キズパワーパッドを使う


私もあかぎれになることがあるのですが、そんな時にはキズパワーパッドを使うことが多いです。

キズパワーパッドはバンドエイドの手に塗る薬となっていますが、手に塗るとそこを保護してくれるバンドエイドで貼っておくことで修復をしてくれます。

貼っておくだけで水仕事もできますし、修復もできますのでとても便利です。

あかぎれのまとめ

あかぎれが手にできると辛いもの。

私も毎年手にできてしまい痛い思いをしています。

経験をしてきてここに書いていることなのですが水で手に濡れているときにしっかりと拭く、ハンドクリームを塗りこんで保護をする。

これをきちんと繰り返すだけでも手の保護になりますので効果もあります。

一度あかぎれになるとくせになりますしのであかぎれになる前にきちんと対応をしておきたいものですね。

また血行をよくしておくことが大事なのであかぎれやひびになっていないときはマッサージをして血行をよくしておましょう。

ただし、ひびができているとき、乾燥をしているときはマッサージをすると避けるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク