Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

マヨネーズは太る?カロリーと食べすぎの注意点と付き合い方

マヨネーズは好きですか?

私はマヨネーズがとにかく好きで何でもかけてしまう癖があります。

マヨネーズを考えた人は天才だと思えるくらい素敵な調味料だと思いますが、気になる点と言えば「太る」と言うことですね。

お肉にも野菜にも卵にもマッチするマヨネーズですが、食べすぎる体への影響について書いていきましょう。

スポンサードリンク

マヨネーズの食べすぎは太る?

マヨネーズを食べすぎると「太る」と言われている理由は、マヨネーズに含まれている油分です。

これは驚いたのですが、マヨネーズの70%は油からできており、大さじ1で100キロカロリーにもなるといわれています。

おおさじ一杯なんてマヨネーズからするとほんのちょっとなので、実際はもっと食べているという方も多いでしょう。

太っている人やテレビなどで太った原因を追究する番組を見てみると「マヨネーズ」は鉄板のアイテムであるといえますね。

ダイエットのためにヘルシーな野菜などを食べていたとしてもマヨネーズをかけていては本末転倒なのでマヨネーズの摂りすぎは要注意です。

マヨネーズの食べすぎは生活習慣病のリスクが上がる

マヨネーズの食べすぎは「太る」と言うことは間違いありません。

たとえカロリーカットのマヨネーズであったとしても、油分は入っていますのでたくさん食べてしまうと同じです。

マヨネーズの食べすぎによる体への影響は肥満が最も多いですが、肥満から生活習慣病へとつながってしまう可能性もあるのです。

生活習慣病と言えば動脈硬化や心筋梗塞など肥満と密接にかかわっている病気があり、重症化すると怖い病気でもあるのです。

つまり、たかがマヨネーズかもしれませんが食べすぎることにより命の危険がある食べ物であるということなのです。

他にもマヨネーズや油分以外に糖分もたくさん含まれていますので糖尿病のリスクもあります。

そのため、糖尿病のリスクもあり日常生活に支障をきたすような後遺症を引き起こしたり、残ったりする危険性もあるのです。

マヨネーズは美味しい万能調味料でついつい日常的に口にしてしまいますが、想像をしている以上に体への影響は大きなものであるといえますので食べすぎには十分注意をしなければいけません。

マヨネーズの食べすぎを避ける方法

味は最高においしいマヨネーズなのですが、基本は食べすぎには注意をしなければなりません。

しかし、マヨネーズを我慢しろと言われると難しいという点もありますので、マヨネーズとうまく付き合っていく方法を考えてみましょう。

食べすぎると体型も変わってしまいますので気を付けましょう。

そもそもマヨネーズを食べること=「悪」ではありません。

サラダにかけたり、大さじ一杯を毎日食べる程度であれば特に問題が出ることはほとんどありません。

マヨネーズが好きな人のことをマヨラーと呼びますが、数日で1パックを使いきってしまうくらい食べるなどは危険です。

目安としては一日に大さじ1杯程度から多くても大さじ3杯程度にしておくとよいでしょう。

それ以上食べると油分や糖分を摂りすぎなので、「量を調節する」と言うことが大事です。

他にもコンビニやスーパーで買い物をすることもあると思いますが、できるだけマヨネーズを避けるなど影響を考えましょう。

マヨネーズのカロリー

マヨネーズのカロリーについても書いています。

マヨネーズはカロリーは12g(大さじ1)で84kcalのカロリーとなっており、マヨネーズは100g換算で703kcalのカロリーとなっています。

成人の一日の摂取カロリーが約2,000kcalとなっていますのでマヨネーズ100gで一日1/3となりますのでいかにマヨネーズのカロリーが高いのかがわかると思います。

マヨネーズは太る?のまとめ

マヨネーズは太ります。

これは間違いなく、カロリーも高いですし、油分、糖分も豊富に含まれています。

そのため、食べても良いですがうまくコントロールをして食べる量を調整していく方が良いですね。

私もマヨネーズが好きなのですが、カロリーが高いので量を調節していきながら食べていこうと思います。

マヨネーズ好きのかたが注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク