Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

一幸舎は博多で人気のラーメン!本物のとんこつラーメンを評価してみた

スポンサードリンク

博多のとんこつラーメンといえば一幸舎

とんこつラーメンは好きですか?

私はラーメンの中で一番好きなスープはとんこつなでいろいろなとんこつラーメンをたべています。

個人的にはすこしあっさりとしている一風堂やこってこての無鉄砲などとんこつラーメンはあっさりから濃いまですべて食べています。

今回はとんこつラーメンのパイオニア的な存在の「一幸舎」について書いていきたいと思います。

一幸舎とは?

一幸舎のラーメンは博多豚骨大量の豚骨を使用し福岡産地特製醤油をブレンドした濃厚スープで、昔ながらの製法に新しい味を取り入れてあるラーメンです。

黒自家製マー油(焦がしニンニク油)で豚骨の持つ素材本来のコクと旨みを最大限に引き出したインパクトのあるラーメンでクリーミーながらもコクのあるラーメンとなっていますね。

博多一幸舎(はかたいっこうしゃ)は、本店を福岡市博多区に置くラーメンのチェーン店である。豚骨ラーメン専門店として福岡県下を中心に、東京、兵庫、大阪、京都、岡山、札幌、沖縄と、国内15店舗、世界9か国37店舗を展開(2018年3月時点)している。運営会社は、株式会社ウインズジャパン(福岡市)。

(引用:ウィキペディア「博多一幸舎」)

一幸舎の名前の由来

店名「一幸舎」との名前は、一幸舎の創業者の吉村幸助氏が”「一」つでも多くの「幸」せ与えられるような、空間、場所「舎」でありたい”との思いから名付けたといわれています。

開業については、創業は2004年(平成16年)3月、福岡市中央区大名に「博多一幸舎大名店」を開業したとされてから2018年までずっと店舗数を増やしているラーメン店です。

一幸舎のラーメンの特徴は?

一幸舎のラーメンの特徴としては、とんこつスープに自家製の細い麺が食べられます。

昔ながらの博多ラーメンが食べられるお店として人気になっており、とんこつスープには表面に泡が浮いていることが特徴となっていますので、元祖泡系のとんこつラーメンとして打ち出しているお店です。

具材もシンプルでチャーシューとネギときくらげが基本となっており、オプションで煮卵を載せることができます。

トッピングも豊富

カウンターにも白ごま、白ショウガ、辛子高菜、にんにくなどトッピングも豊富なので、最初は普通にたべて後半は自分の好きなようにアレンジをして食べても良いですね。

もちろん博多ラーメンらしく、替え玉の制度がありますしラーメンの麺の固さも選べます。

「バリヤワ→ヤワ→普通→カタ→バリカタ」という感じになっています。

個人的にはいつもバリカタしか頼まないのですが、とんこつラーメンといえば麺が硬いのがおいしいのでバリカタはおすすめといえますね。

一幸舎大阪店のラーメンを評価してみた

そんな一幸舎ですが、関西はないことからなかなか食べる機会もなかったのですが先日梅田を歩いているとなんと「一幸舎」の看板を発見しました。

知らない間に大阪にも出店をしていることを知り先日友人らと一緒に行ってきました。

博多 一幸舎 エキマルシェ大阪店

大阪府 大阪市北区 梅田 3-1-1 JR大阪駅 マルシェ大阪 1F

大阪駅桜橋口(JR)出口から徒歩約1分(出た改札によっては徒歩数分かかる)

地下鉄四ツ橋線 西梅田駅から徒歩2~3分

阪神本線梅田駅から徒歩3~5分

阪急梅田駅・地下鉄御堂筋線 梅田駅からは徒歩8~10分

イメージとしてはルクアの一番下の奥にありますり桜橋口からは本当のすぐにありますのですぐにわかります。

関西の店舗はほかに京都の京都拉麺小路店、兵庫の西宮ガーデンズ店しかないため大阪で食べられるのはこのお店だけです。

基本はどのお店のスープが売り切れ次第終了となりますので、夜中に行くと売り切れている可能性もありますので注意をしてくださいね。

大阪店のレビューと評価

大阪店の入り口に行くと、すぐに店員さんが出てきて元気に「いらっしゃいませ」と声をかけてくれます。

そこでチケットを購入して食べることになるのですが、おすすめは「味玉ラーメン」だそうですので早速おすすめの味玉ラーメンを注文しました。

とにかくラーメンがでてくるのが早いのに驚きました。

友人3人といったのですが、数分程度しか待つことなくすぐにラーメンが出てきたので急いでいる方にも最適ですね。

見た目は濃いけれどもあっさりしている

見た目はもちろんとんこつラーメンなので濃い感じとなっているのですが食べてみると意外にもあっさりとしており、お腹がいっぱいの状態でも締めとして食べられます。

ただし、一風堂のとんこつラーメンと比較をすると「臭みが少しある」という感じです。

この臭みは博多では当たり前となっており、ほかにも博多で有名なだるまでも食べたのですが同じような濃い感じのラーメンでしたね。

他にも実際に博多にある一幸舎のレビューも書いたので参考にして下さい。

一幸舎デイトス店のラーメンの写真とメニュー

一幸舎のラーメンが博多の元祖と言われておりクリーミーながらも深い味わいが特徴です。

細めんがとんこつのスープに良いくらいに絡んでおいしく替え玉もついついしてしまいそうになりました。

 

博多ラーメンは細麺が基本?

なぜ博多ラーメンが細麺なのかご存知でしょうか??

元福岡人はせっかちだったそうです。

そのためできるだけ早く提供をできるようにという意味を込めて博多ラーメンは細麺で提供をされるようになりました。

しかし、細麺の場合は伸びやすいということて一玉では足りない人が大盛ではなく替え玉という制度になったようです。

替え玉の発症は福岡市長浜地区の長浜ラーメンが始まりだと言われていますね。

一幸舎デイトス店の店舗情報

一幸舎デイトス店は新幹線の博多駅のそばにあるラーメン街道にあります。

ここには博多のラーメン店が豊富に並んでおりいろいろな味を楽しめますので、替え玉をせずに2店舗、3店舗をはしごをしても良いですね。

今回私は1日半の滞在時間だったので、だるまと一幸舎の2店舗でしたが博多ラーメンは存分に満足をして食べることができたので本当に楽しめました。

福岡空港に一蘭もあったのですがそこまで食べることができず残念です。

また、福岡へ行く機会があれば食べに行きたいと思います。

一幸舎デイトス店へのアクセス

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス 2F 博多めん街道内

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク