Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ビュッフェとバイキング 食べ放題の違いとは?

スポンサードリンク

食べ放題といえばバイキング?ビュッフェ?

みんな大好き食べ放題。

この言葉を聞くだけでも楽しくなりますよね。

そんな食べ放題のことをあなたは「バイキング」と言いますか?

それともビュッフェと言いますか?

実は人によってこの言う方も様々となっていますが、実がバイキングとビュッフェには明確な違いがあるのです。

私も「へ~知らなかった」と思わず驚いたので、その違いについて書いていきましょう。

ビュッフェとバイキングの違い

では、どんな違いがあるのでしょうか?

ビュッフェとバイキングの違いについて書いていきましょう。

ビュッフェとは?

ビュッフェ(buffet)とは、フランス語で立食形式の食事の意味です。

ビュッフェ以外にもビュフェやブッフェなんて呼ばれたりもしますね。

元々はフランスではじまった立食形式のことを指しており、フランス語では「飾り棚」を意味し、飾り棚に料理を並べて各自が好きな料理を取り分ける立食スタイルを指しています。

もちろんお客さんが自分で好きなものをお皿に盛るセルフサービスのものもビュッフェと呼んでおり国際儀礼ではレセプションなんて呼ばれることもありますね。

バイキングとは?

バイキングは1958年に帝国ホテルのレストランが好みの料理を自由に選んで食べるスカンジナビアの伝統料理の様式を取り入れた際に「インペリアバイキング」と名付け、その食事スタイルをが人気を博したことから「バイキング」は食べ放題という言い方として広まったと言われています。

しかし、海外などへ行くとバイキングという言葉は通じず笑われてしまいますので注意をしましょう。

海外ではハワイや韓国など日本人を対象としている一部の店舗のみが通じるといった印象です。

まとめ

いかがでしょうか?

バイキングとブッフェの違いについて書いてきました。

その中でいろいろと違う点はありますが、バイキングは日本でしか通じないのに対してビュッフェが世界共通の言葉といえます。

そのため、海外では必ず「ビュッフェ」と伝えるようにしたいですね。

最近は日本でもバイキングと呼ぶ人は少なくなっており、どちらかといえば「ビュッフェ」と呼ぶ人が増えています。

特にホテルのビュッフェは質が高いことから人気となっておりケーキだけのビュッフェも人気ですね。

まぁ決まった時間内に食べ放題ができる「食べ放題」という言葉が日本人の私たちからすると一番なじみのある言葉なのですが・・・。

使うならビュッフェもしくは食べ放題が正しい使い方と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク