Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

リースとレンタルの違いとは?どちらがお得なのか比較してみた

スポンサードリンク

リース購入とレンタル購入の違い

よく携帯電話の会社でも言われるのが「リース」と「レンタル」の違いになります。

私もスマホを持っている身としてはいつも気になっているのですが、広告でも「レンタル」と書いてあれば「リース」と書いてあったりもしますよね。

そんなリースとレンタルの違いについてわかりやすく書いていきましょう。

リースとレンタルの違い

リースとレンタルと聞くといずれも違う言葉のように聞こえるのですが、根本の部分は同じ意味となっています。

根本というのは「賃貸借(ちんたいしゃく)」という点では同じ考えになるといわれており「モノを借りる」という考えは同じとなります。

特にリースはあまり聞いたことがない方もいますが基本的にリースがビジネスの世界ではよく使われる言葉となっており私の会社でもコピー機、パソコン、社用車などいろいろと借りているものはたくさんありますね。

そんなレンタルとリースにはもちろん違いがありますので確認をしていきましょう。

リースとは?

リースという言葉は一般的に使われている言葉ではなく、どちらかといえば会社などビジネスの世界で使われている言葉となっています。

主に学校や企業などでリースの会社が使っている言葉となりますね。

PCやコピー機や車など高価な商品を購入するとなると会社側としてもなかなか勇気がいることになりますが、これを長期的に分割して借りれるとなったら企業としてはうれしいところ。

しかも商品は新品なので借りた時点ではまるで自分たちが購入をしたかのようなものです。

このような商品をリース会社と契約をすることで長期的に借りることを「リース」といいます。

リースの場合は中期から長期にわたって借りるというのが一般的な考えとなっていますね。

リースのメリットデメリット

リースのメリットはなんといっても新品の商品を安価な価格で借りられるという点です。

もちろん会社としてある商品が必要となった場合でも、大きな資金を用意するのはなかなか大変なもの。

そこでリースをするとローンを組んでいるのと同じような感覚となり実は金利もそこまで高くなく格安で借りられるというメリットがあります。

もちろんこのローンは経費計上できますしリースの場合は新商品がでた場合に切り替えも可能となるのでメリットも多いというのが魅力といえます。

ただし、途中で必要がなくなっても契約期間の費用は必要となるため多く支払わなければならないデメリットもあります。

リースできるもの

リースの場合はほとんどが高額なものですぐには購入ができないものが多いです。

例えば、パソコン、コピー機、測定器、掃除用品、車など借りてもすぐに返却をするものではないためどうしても長期契約になりがちですね。

主に会社の事業や会社、学校や法人などで使われる高価な設備のほとんどを指しているという印象です。

ちなみにスマホのIphoneなどは2年縛りとなる点はリース契約を個人でしているというイメージになります。

レンタルとは?

レンタルも同じような言葉と思われがちですが、実が大きな違いがあります。

レンタルという言葉の一番のポイントは「短期」と言うことです。

長期に借りるのではなく「短期的に」借入をすることを前提に考えられていますね。

例えばこんなときにはレンタルが便利です。

・明日から3日間だけイベントがあり服を借りたい。

・招待客の中に足が悪い人がいるので車いすが2日間必要だ。

・出張で2日間この街をうろうろとするため車を借りたい。

こんな風に短期的な動きが必要となったらレンタルとなります。

レンタルの場合は短期的なものが多いので価格も高めですが、購入をすることを考えると圧倒的に低いといえますのでイベントなど短期的なものならばリース契約ではなくレンタルをしましょう。

レンタルのメリットデメリット

レンタルが「借りたい」と思ったものを購入しなくても借りれるという点です。

しかも短期的に「ちょっと使いたい」という場合にはとても便利なのですし最近へネットで探せば大概のものはレンタルをしてくれます。

とても便利なのですが唯一のデメリットは料金が高いことですね。

レンタルの主な商品

リースと違ってレンタルの商品は山ほどあります。

例えば、車、CD、DVD、からスキー場へ行けばスキー板などもありますし先日私はイベントのためにたこ焼き器をかりました。

こんな風にいろいろなものを借りられるという点はレンタルの魅力です。

リースとレンタルの比較表

リースとレンタルについては違いがあるのですが、違いを説明しろといわれるとなかなか難しいもの。

そんなときにはこの表を参考にしてもらうとわかりやすいでしょう。

リース レンタル
契約期間 長期が基本

(6ヶ月~6年ほど)

短期が基本

(1日以上)

中途解約 不可

(途中解約でも全額支払い)

可能
利用をする人 個人から法人まで多岐にわたる 主に企業や学校
所有権 リース会社 レンタル会社
保守管理 利用をする人 レンタル会社
品物 新品がほとんど 中古品がほとんど

まとめ

レンタルとリースについて情報をまとめましたが、コツとしてはレンタルもリースも使い分けをすべきなのですが使いたい商品にもよると思います。

短期的なものや一回しか使わないならばレンタルで十分ですが事業でこれからも継続的に利用をするという場合にはリースの方がメリットがあります。

どちらにもメリットデメリットがありますのでそれしってうまく使い分けましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク