Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

麦茶の効果と効能!豊富なミネラルがありノンカフェインで安心

暑い時期になると欠かせない飲み物といえば麦茶ですよね。

子供達は普段は違うお茶を飲んでいるのですが、夏になるとコンビニなどでなぜか麦茶を購入するようになっています。

麦茶の原料は大麦と呼ばれるもので健康飲料としても重宝しており、身体に実はよい効果や効能がたくさんあるので知らないと思ったないです。

そこで、ここでは麦茶の効果や効能についても書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

麦茶の効果と効能!赤ちゃんにもおすすめ

日本の飲み物の定番と言えば「お茶」です。

普段から飲むことが多いもので、緑茶や麦茶など豊富にあり夏になるとどのお茶を冷やして飲んでもおいしいものです。

ちなみに麦茶は緑茶よりもずっと前から普及をしていたお茶で大麦を炒って飲むという風習があったのです。

そんな麦茶の効果と効能について書いていきましょう。

麦茶の効果

そんな麦茶の効果について書いていきましょう。

正直私も知らなかったことが多いので紹介をしていきましょう。

血液をサラサラにする

まず、麦茶には血液をサラサラにしてくれる効果があります。

麦茶の香ばしい香りの成分である「アルキルピラジン」に、血液サラサラ効果があるといわれています。

これは、麦茶とミネラルウォーターを飲んだ後の人間の血液の状態を調べる試験によって実証されていますので間違いない結果です。

特に夏は汗をかくので体内の水分がどんどんと減ってしまいます。

そのため、血液がドロドロになり高齢になればなるほど脳梗塞など血が詰まるような病気になる可能性も高くなります。

抗酸化作用

麦茶には抗酸化作用と呼ばれるp-クマル酸という成分が含まれています。

この成分が発ガン性物質である活性酸素「ペルオキシナイトライト」を押さえる効果があるといわれているので、ガンやその他生活習慣病の予防に効果があります。

生活習慣病とは肥満、糖尿病、高血圧、脳卒中などが上げられますがそれらの病気も多くは活性化酸素により発病をします。

この活性化酸素を麦茶は撃退をしてくれる効果があるということがわかっていますので飲むことにより効果があるといわれています。

体を冷やす

麦茶が夏におすすめをされる理由としては、身体を冷やす効果があるためです。

麦茶を飲むことで火照った体を冷やすことが期待できます。

また、麦茶には利尿作用もあるため、尿と一緒に体の熱が体外へ放出をされるので飲むことによるメリットも高いのです。

虫歯予防

麦茶には虫歯の原因となるミュータンス菌の働きを阻害する効果があるといわれています。

そのため、歯磨きをしっかりとできない子供やつわりがひどく歯磨きができない妊婦さんは麦茶を飲んで虫歯の予防ができるなんていわれています。

もちろん歯磨きをしないで麦茶を飲まなければ虫歯になってしまいますので歯磨きはしてくださいね。

ノンカフェイン

麦者にはカフェインが含まれていません。

そのため、赤ちゃんでも薄くして飲ませれば問題はありませんし、高齢の方にも最適なお茶となっています。

また、カフェインが含まれていないため胃に優しい飲み物となっており胃の粘膜を保護、修復してくれます。

ただし、食事中に飲むと胃液を薄めることになりますので麦茶を飲むならば食前、もしくは食後が良いでしょう。

美容と美肌に効果

麦茶には抗酸化作用があると先ほど紹介をしました。

活性化酸素を抑えてくれる効果があるため、シミ・そばかすの原因となるメラニンの形成を押さえてくれます

また、麦茶に含まれる成分には、美肌ミネラルといわれる亜鉛やケイ素がふくまれています。

そのため亜鉛にはメラニンの代謝を促進する効果があり、シミ・そばかすの予防、ケイ素にはコラーゲンを強化する働きがあり、肌のたるみを防ぐ効果など美肌にも効果があるのです。

麦茶の作り方

そんな麦茶ですが作り方はとても大事です。

せっかくの効果も作り方が間違っていると大きな違いが生まれてしまいますので気をつけましょう。

作り方は煮出しと水だしの2種類があります。

麦茶の煮だしの作り方

麦茶でおいしい麦茶を作るには麦が砕いてあるものより粒ごとにパックに入っているタイプをえらびましょう。

その方が作りやすいです。

作り方は缶©タンです。

1,お湯を沸かして麦茶のもとをいれる。

2,5~10分ほど煮たてる。

3,あら熱をとる。

30分ほどあら熱をとると麦茶の香ばしい香りがしてくることになりますのでそのタイミングでパックを取り出して冷蔵庫で冷やしましょう。

麦茶の水出しの作り方

水出しはシンプルです。

1,パックにお湯をかける。

2,残りの水を分量に合わせていれる。

1~2分くらい蒸らしてから残りの水を入れますが、パックを取り出すタイミングは約2時間を目安にしてください。

それ以降はエグミが出てしまいおいしくなくなってしまいます。

麦茶の効果と効能のまとめ

ここまで麦茶の効果と効能について紹介をしてきました。

まさかこんなに効果があるとは思っていなかったですし、メリットもあることに驚きます。

老若男女関係なく飲めますし、赤ちゃんが飲んでも大丈夫な麦茶で夏を乗り切りましょう。

ちなみに6月1日は麦茶の日ですので、そのタイミングで購入をしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク