Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

加齢臭の年齢はいつから?原因と対策と消す方法

年齢とともに体からでてくる匂い。

特に男性は誰もが悩む加齢臭なのです。

ある日枕が臭い、娘から「パパ臭い」と言われるなどあることがきっかけでわかるのですが深い悩みになることも多いですよね。

そんな加齢臭について書いていきましょう。

スポンサードリンク

加齢臭とは

そんな加齢臭について書いていきましょう。

これについてはわからないことも多いので詳細を参考にしてみましょう。

中年以降の男女にみられる特有の体臭の俗称。30代 – 40代の男性にみられる独自の体臭は、いわゆる加齢臭の主成分ノネナールとは異なることが発見されたため、機能性香料のメーカーにより区別しておやじ臭などと呼ばれる場合がある。皮膚ガスを構成する成分の一つである。

(引用:Wikipedia「加齢臭」)

男性に多い悩みと思っていたのですが、実は女性にも加齢臭で悩んでいる人がいるということに驚きますね。

加齢臭の原因

加齢臭の原因は皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生まれるノネナールという物質。

これは男女関係なく40歳代以降、酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が急増することによって急増します。

つまり年齢とともにそのような物質が出てくることにより起こるため、加齢とともにでてくるものです。

ちなみに若い世代にはこのノネナールと呼ばれる物質がでてこないことから加齢臭にならないということです。

さらにこの過酸化脂質を生み出す原因となるのが活性酸素。

活性酸素は体内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質を作ります。活性酸素を生む原因となるのは、肉中心の食事や日々のストレス、喫煙や過度な運動なども主な原因となります。

そのため、日ごろの生活習慣から見直しをしていくことが加齢臭を防ぐ大事なポイントといえますね。

加齢臭の対策

そんな加齢臭ですが、対策をして匂いを少しでも消したいというのは正直なところ。

やはり臭いにおいよりも良い香りの方が誰もが良いと思いますので。

そこで、加齢臭の対策について書いていきましょう。

ちなみに私の先輩は加齢臭に悩んでおり「ボディーソープでこれでもかというくらいこする」と言っていました。

本人いわく効果があるそうです。

汗をこまめにふく

まず加齢臭の主な匂いの原因となっているのはこの汗です。

体臭は放置をされた汗が雑菌に分解をされて起こるものなので、こまめに汗を拭いて清潔な肌を保ちましょう。

湯船につかる

夏場など暑い時期はシャワーで済ませてしまう方も多いでしょう。

湯船につかるのがついつい面倒になってしまいますが、そんなときこそ湯船につかりましょう

実は湯船につかる行為というのは加齢臭を抑えるのに効果があるとされています。

夏場がエアコンが効いている部屋にいるため汗をかくということ自体がありませんがそうなる毛穴に老廃物がつまります。

その老廃物を汗で洗い流すことが目的ですがお風呂にはいって毛穴をきれいにしてみましょう。

丁寧に体を洗う

丁寧に体を洗うということは大事です。

特に皮脂がたくさん分泌をされる耳の後ろ、首の後ろ、胸や背中など普段意識をしない部分を特に丁寧に洗いましょう。

先輩がやっていったことは実は効果があり、体を洗う頻度を汗をかく時期は増やしても良いです。

朝忙しくてシャワーを浴びる暇もないという場合には濡れたタオルで皮脂の出やすい部分を拭くだけでも効果がありますのでやってみましょう。

薬用石鹸を使う

悪臭の原因となっているノネナールを分解や除去をする観点から殺菌効果のある薬用せっけんは効果があります。

普段使っている石鹸は肌をきれいにすることが目的ですが、薬用せっけんの場合には体臭を防ぐ皮膚の殺菌効果が目的となります。

匂いの原因となるノネナールにもアプローチできますのでうまく活用をしましょうね。

有名なところだと「柿渋エキス」「緑茶エキス」などは人気の薬用せっけんです。

タバコを吸わない

タバコは1本吸うだけで抗酸化作用に効果のあるビタミンCを25~100gも失ってしまうと言われています。

つまり匂いを予防するための大事な栄養素を壊すことになりますのでタバコは日ごろから避けておきましょう

食事を整える

忙しいサラリーマンは食生活が乱れ気味。

そのため、カップラーメンや脂っこいものお酒などが多くなります。

しかし、皮脂を摂りすぎると皮脂の分泌量が多くなり加齢臭が強くなる原因となりますので和食中心の食生活を心がけましょう。

ストレスをためない

ストレスを感じると体内にある活性化酵素が発生し加齢臭の原因物質となるノネナールも増えます。

そのため適度な運動や趣味などでストレスを溜めない生活を日ごろから実践しましょう。

加齢臭のまとめ

加齢臭は年齢を重ねるごとに出てきてしまいます。

しかし、自分自身の生活や食事など管理をすることで予防をすることができるもの。

パパ臭いと言われたり、同僚との距離があるという場合には加齢臭の可能性もあるので自分自身でしっかりと対策をするようにしてくださいね。

私も日ごろからケアをしっかりとしていこうと思います。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク