Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

中秋の名月はいつ?意味と由来は?月見団子とススキを飾る理由を解説

中秋の名月とは何でしょうか?

実は私も日本人ながら中秋の名月という言葉は知っているのですが、どんな意味なのかは知りません。

なぜならば、中秋の名月は日本でも本格的に行う人は少なくどのような意図や意味でやるのかはあまり知られていないからです。

この記事では中秋の名月について書いていきます。

記事を読み終えることで中秋の名月の時期や意味について知ることができます。

スポンサードリンク

中秋の名月とは?2019年はいつ

中秋の名月とは何かといわれると難しいものですので説明をしていきましょう。

中秋の名月とは「旧暦8月15日の夜の月」のことで「中秋の名月」「十五夜」なんて呼ばれているものです。

十五夜とは本来満月のことで1年に12~13回まわってくるものです。

実は平安時代より観音の宴といって旧暦に8月は1年の中で最も空が澄み渡り月が明るく美しいとされていました。

そして江戸時代になると「収穫祭」として広く親しまれるようになりましたね。

これは昔から旧暦の8月15日に収穫祭として広く親しまれるようになったものです。

そもそもこの十五夜の由来は中国が起源となっており、中国の風習が平安時代に日本に伝わり観月の宴として開催をされる世になりました。

当時の貴族たちは月を見ながら和歌を詠んだり宴を楽しんだといわれています。

つまり、その時代に人たちにとっての娯楽だったと言われていますね。

そして中秋の名月とは秋の真ん中にでる旧暦の8月のことを指しているのです。

中秋の名月はいつ?時期と方角を解説

中秋の名月は毎年変わります。

時期はその年によってこととなりますので2019年~2025年まで見てみましょう。

2019年:9月13日

2020年:10月1日

2021年:9月21日

2022年:9月10日

2023年:9月29日

2024年:9月17日

2025年:10月6日

これは旧暦の8月15日に合わせているため日にちがどんどんとズレていってしまいます。

実はこの日が満月ではないことも多いのですが実は半分以上が違います。

ここで紹介をした中でも2021年~2023年の3年間のみで他の日程はすべて違いますので気を付けておきましょう。

ちなみに方角は時間によって異なります。

満月は原則東から上がり夜0時に南向きの高い位置に来ますのでお月見をするには日暮れから夜の0時までにとなります。

中秋の名月は東~南東~南の方角に見えるのです。

中秋の名月は何をするの?

中秋の名月の定番と言えば「月を見る」ことです。

つまり「お月見」ですね。

お月見と言えば「月見団子」やススキ飾りなどを思い浮かべる方も多いです。

昔の日本におおかった縁側や窓際に月見団子と里芋、枝豆、季節の果物をそなえて秋の七草をかざり満月を鑑賞するというものです。

月見団子とススキの意味とは?

月見団子を飾る意味は中国の月餅にならったものと言われており、普通の年は12個、うるう年は1つ増やして13個にするのがしきたりとなっています。

現在は十三夜には13個、十五夜には15個とそなえるのが一般的となっていますね。

月見団子を食べる意味としては団子と月が同じように丸く、欠けていても満ちる月を生や不死の象徴と考えていたことから、それを食べると健康で幸せが訪れるといわれています。

団子を備える際には神や仏に備える食べ物をのせるときに使う「三方(さんぽう)」に乗せるのが正しい置き方で半紙などをしいてもかまいません。

また、面白い風習として団子を多く盗まれた家は縁起が良いということがあり、縁側にそなえられている月見団子を子供たちが盗み食いをする地域もありあmす。

ススキは稲穂の代わりに飾るものです。

子孫繁栄を見守ってくれる月の神様が下りてきてススキに乗り移ると考えられていました。

ススキの他にも寡聞に秋の七草もさします。

秋の七草とは「はぎ、ききょう、くず、なでしこ、おばな(すすき)、おみなえし、ぶじばかま」です。

春の七草はお正月にたくさん食べすぎた胃を休ませるという意味がありますが、秋の七草は目でみて楽しむものです。

地域によっては他にも里芋やこの時期のとれた作物を備えるところもあります。

中秋の名月のまとめ

中秋の名月について書いてきました。

あまり日本でもしっかりと意味を理解して中秋の名月を実践している人はあまり見ません。

しかし、秋は実りの秋でもありますしお月見には収穫祭の意味合いもありますので、しっかりと行いたいものです。

古くからある風習なのですが私も今まで実践をしたことがあまりなかったので気を付けて実践していこうと思います。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク