Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

視力低下の原因と回復をさせる方法

スポンサードリンク

回復をさせたい視力

視力といえば、目の見える力のことを指しているのですが、悪くなる人や子供も多くなっています。

視力が悪くなるとどうなるのかというと、目の前がぼやけたり、急に見えにくくなったりしますね。

そんな視力を良くしたい、回復をさせたいと思う方もいるのすがそのような場合にはどうすれば回復させることができるのでしょうか?

また、視力が悪くなる原因とは何なのでしょうか?

視力についていろいろと書いていきましょう。

視力とは?

視力が悪くなる原因の前に、まずは視力というものは何なのかについて書いていきましょう。

視力とは、「目で物体を識別できる力」のことを指しています。

つまり、いろいろなものを目で見たさいに「○○」と認識できることを相称して視力と言っていますね。

ちなみに赤ちゃんの時期は暗明などが識別できる程度となっているのですが、目を正しく使うことにより6歳ころには同等の視力を手にすることが可能。

そして、40歳を過ぎると老視により近いところを見る力が落ちてくるといわれています。

視力の検査方法とは?

そんな視力の検査方法はいろいろとありますが、一番スタンダードな方法はランドルト環と呼ばれるCの文字を読むことができるものです。

これは大きさの異なるC字型の環の開いている方向を識別することに視力を判断するための方法となっていますね。

ちなみにこの測定方法は世界的に見てもスタンダードな方法となっており、1909年にはイタリアの国際眼科学会で国際的な標準視標として採用され、国際標準ランドルト氏環とも呼ばれています。

また、眼科などになると目を置いておくだけで視力を確認できる機械などもありますのでその時によって異なるということになりますね。

ちなみに視力を知りたい場合にはメガネ屋などへ行くと無料で測定をしてくれる事は多いのでそちらを活用してみましょう。

視力の数値

そんな視力ですが、一般的には少数で表示をされることが基本です。

例えば、学校検診などでは、A(1.0可)、B(0.7可)、C(0.3可)、D(0.3不可)の4段階を用いておりその見える数値によって視力の有無や悪さなどを判断しています。

視力が悪くなればあとは、メガネをかけえ視力の調整をおこなうことになりますね。

悪くなる原因とは?

よく暗いところで本を読んだり、書き物をしていると悪くなるなんて言われたこともありますがこれについては科学的な根拠はありません。

どちらかといえば、「近くのモノを長時間見続けること」が大きな原因だといわれています。

つまり、スマートフォンは小さな画面を見続けることとなりますのでどうしても目が悪くなりがちです。

しかも、社会人になると日中はパソコンを操作したりととにかく目を酷使することが多くなるため注意をしなければなりません。

もし、画面を見続けて目を酷使した場合には目の血行を良くすることは大事です。

例えば、蒸しタオルを目に当ててリラックスをすることで周囲の筋肉をほぐしたり、血行を良くしたりする効果もあります。

他にも、単純に遠くを見つめるだけでも効果があるといわれています。

また、遺伝によって視力が悪くなることも可能性として十分にあり得ます。

これは遺伝的要因(軸性近視)と呼ばれています。

この遺伝的要因で進む近視は残念ながら避けることはできませんし6歳ごろから出てくるといわれていますね。

視力回復の方法

では、本題の視力回復の方法について書いていきましょう。

視力を回復させるにはいったいどんな方法があるのでしょうか?

レーシック

レーシックは視力回復のためには効果のあるものです。

レーシックとは、レーシックとは、角膜をエキシマレーザーで削り(図1)、角膜のカーブを変えることによって屈折異常を矯正する手術方法だといわれています。

友人もこの手術を受けて本当によくみえるようになったと喜んでいましたが、費用はかなりかかります。

相場は20万円くらいとなっていますが当面コンタクトレンズやメガネを買わなくても良いという点を考えるとメリットは大きいかもしれないですね。

視力回復トレーニング

次は視力回復トレーニングになります。

視力回復トレーニングとは、その名前の通りで目がみえるようにするためのトレーニングを言います。

本、動画、アプリなどいろいろな視力回復トレーニングが出ていますので好きなものを試してみましょう。

大事なことは継続をさせていくことになりますが効果は未知です。

他にも目の体操をするなどいろいろな方法がありますが、目が悪くなると根本から回復をするということはあまりありません。

まとめ

どちらかといえば、視力は回復しないといわれています。

ただし、例外も多くこの記事を書いている私も免許証に「眼鏡等あり」と書かれているほど悪かったのです。

しかし、日ごろから遠くをみたり時には目を温めたり、よく動かしたり完全に我流ですがやってみると目が今では見えるようになり視力も回復しました。

もちろん免許証も普通になっていますので問題などもありません。

実際に私は回復をしましたが、ほとんどのケースは戻らないため悪くなってから回復をするというよりは「悪くしない」という方向で考えるほうが良いでしょうね。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク