Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

くるみの木のランチは予約必須!奈良一条店の料理と雑貨店を紹介

スポンサードリンク

奈良市にある大人気カフェくるみの木

先日、奈良にある大人気カフェである「くるみの木」へ行ってきました。

奈良に複数の店舗を運営している人気のカフェなのですが、中でもこの一条店がもっとも人気だといわれています。

人気の秘密は、週替わりで登場をするランチで味もさることながら健康的な女子が好きないろいろなものが少しずつ味わえるのです。

男性の私も食べたのですが、味は美味しく見た目の量はすくないように見えますが食べると思っているい以上のボリュームでお腹もいっぱいになりました。

そんなくるみの木のランチの予約方法や雑貨などの情報をまとめていきたいと思います。

くるみの木とは?

では、まず奈良で人気のカフェであるくるみの木について紹介をしていきましょう。

くるみの木は奈良を中心に運営をしている和食カフェとなっており、ランチなどの食事はもちろん、ケーキなどのカフェとしても利用ができるお店となっています。

店舗は奈良市内にある一条店と秋篠の森の2店舗となっており、お店の雰囲気はまるでアニメにでてくるかのような緑に囲まれた中にあるお店となっていますね。

一条店は気軽なカフェレストランで秋篠の森は少し高めな和食が食べられるお店で結婚式なども秋篠の森ではおこなっていますね。

他にも鹿の舟という「奈良町南観光案内所」を中心とする複合施設「鹿の舟」を運営と、東京の白金台にときのもりというレストランとショップ&カフェを運営しているお店になっています。

雑貨屋も人気

くるみの木一条店には雑貨屋も併設をしています。

この雑貨屋がとてもナチュラルな商品がおいてありこだわっているなというのが正直な感想。

見た目もかわいいですし、他の雑貨屋ではおいていないようなものが置いてありますのでくるみの木の待ち時間でもよいですし、雑貨屋を目的に行っても良いでしょう。

雑貨屋「cage(カージュ)」の店舗情報

営業時間:11:00~17:30

毎週金土日曜:11:00~19:00

定休日:水曜日

TEL 0742-20-1480/FAX 0742-20-1485

ランチは人気で売り切れ必須

今回一条店へ行ってきたのは大人気のランチを食べるためです。

一条店には週替わりのランチがあるのですが、これはどにかく人気で一か月前から予約は可能なのですが土日祝日は予約をしてもできないというような状態になりがち。

今回私は月曜日に行ってきたのですが、一週間前に連絡をしてみたのですがその際もランチはぎりぎり予約が取れた状態で当日はもちろん売り切れていました。

来店する人のほとんどの目的はこの日替わりのランチなので、くるみの木へ行くのならばランチを予約しておけばよいでしょう。

ランチの予約のルールには決まりがあります。

ランチの食事数に限りがありますので、ランチを置いておくことは可能となっていますが席は予約ができません。

そのため、ランチをまずは予約を電話などでしておきましょう。

つまり、ランチをお取り置きしてもらえますし土日は和食膳というランチと同じ内容、同じ価格のものがありますので電話で行く人数分を抑えておきましょう。

席は予約できないの?

ランチの確保をしてもらうことはできますが、残念ながら席の予約はくるみの木ではできません。

そのため、席は当日に自分で取る必要があるのですが私は今回失敗をしてしまい結果的にはくるみの木で2時間待つこととなりましたので、この記事を読んでくださっている方は待ち時間をできる限りなくす方法についても書いていますのでぜひ参考にしてください。

席取りのルール

・席は当時に用紙がありそこに名前を書き込むことになる。

・用紙は10:30よりお店の前に出されるのでそこに名前を書き込むことになる。

・11:30より開店となるため、名前の順に呼ばれる。

・1枚目は1回目に入れるが、2枚目になると最初にはいったお客さんがたべおわってからになる。

このルールを知らず、私は妻と11:20くらいにいって名前を書き込むことになったのですが結果的には2枚目に書き込んだのでそのまま待つことに。

ランチのお客さんの滞在時間は女性が多く、おしゃべりをたくさんしているため1時間~1時間半くらいは滞在をすることになりますので2回目の人が入店できる時間はだいたい13:00位がめどになります。

私は結果的に入店できたのは13:10くらいだったので結果的にはくるみの木の待合室で2時間ほど待つ羽目に・・。

もちろん土日はもっと混雑が予想をされますので待つことを覚悟で行くしかないのかもしれません。

待たずに席に座る方法

結果的には今回は一番ダメな待ち方となりました。

書き込んだ時間も悪かったですし、周りには何もないことからくるみの木にいなければ仕方のない状態になりましたね。

できるだけ時間内に行動をするためには以下の2つの方法があります。

・10:30に名前を書き込みにいって1時間待つ。

・13:00くらいに直接来店をする。

この2つのいずれかをすれば結果的にはうまくいくこととなりますね。

10:30に行けばオープンまでの11:30まで待つこととなりますが、1枚目に名前を書ける可能性が高いことから1時間までばほぼ確実に入れます。

また、13:00ごろに行ってもランチは電話で予約をしておけば確保はしてもらえていますので席さえ空いていればすぐの案内をしてもらえます。

私は13:00ごろまで待っていましたが、12:45~13:00くらいに来た人たちはすぐに案内をしてもらっており待ち時間も30分もない状態でしたので、今度からは待つことがイヤなのでランチだけは確保してゆっくり来店をしたいと思います。

ランチの内容とメニュー

ランチは毎週変わるようになっているので飽きることなく食べられます。

食べた感想をしては薄味に仕上がっており、とても健康的な食事をすることができているという印象。

野菜が豊富で、メインもしっかりと量がありますので男性でも満足できる量ですね。

ランチに来ていた半数以上はここにケーキを追加していましたのでデザートは別腹というのは本当なんですね。

私はとてもではないですが、ケーキを食べられる気はしなかったです(笑)

実際に食べたランチメニューはこちらです。

夏野菜の甘酢漬けご飯

蓮根つくね

大和丸茄子の揚げ浸し

長芋と平豆の辛子味噌和え

オクラのサラダ

冬瓜のお味噌汁

ジャスミン茶のゼリー

中でも蓮根つくねとお味噌汁の優しい味にはほれぼれしました。

基本的に奈良県の食材を使っており、季節の素材を使った体にやさしい週替わりのおばんざいと混ぜごはんがコンセプトとなっていますね。

価格は1620円なのですが、この内容でこの価格は非常に安いなというのが感想です。

とにかく手が込んでいますし、ここにコーヒーもしくはりんごジュースもついていますので食べた後も大満足でした。

他のランチメニュー

ランチはこのおすすめランチが一番なのですが、ほかにもランチメニューがあります。

平日は15時まで土日は終日用意があります。

・オムライス(サラダ付き)

・特製けんちんカレー(サラダ付き)

・たっぷりきのこの和風ドリア(サラダ付き)

・とろろ芋の和風ドリア(サラダ付き)

・たことセロリのピッツァ

・ひじきと豚肉の混ぜご飯(サラダ、お味噌汁付き)

・くるみの木風 やきそば(おにぎり、お味噌汁付き)

他にも季節限定のものがあり、夏には冷やしうどん(天ぷら付き)などもありましたのでおすすめランチ以外にも食べに行っても良いでしょう。

くるみの木のアクセスと感想

住所:奈良県奈良市法蓮町567-1

電話:0742-23-8286

定休日:毎週水曜日

【電車の場合】

・近鉄奈良線新大宮駅より徒歩15分

・近鉄奈良駅奈良交通バス13番乗り場 教育大付属中学校下車徒歩3分

【車の場合】

駐車場が隣に隣接をしていますが、限りがあり周辺にも駐車場はありませんので空くまで待つしかありません。

利用は無料です。

【営業時間】

[月~木]11:30~17:30(L.O.17:00)

[金・土・日]11:30~21:00(L.O.20:00)

感想とまとめ

今回ははじめてくるみの木一条店へ行ってきました。

ランチを食べた感想としては非常に味もよくおいしかったのでまた行きたいと思いますし、多くの人から選ばれている理由もわかります。

ただし、待ち時間に関しては読めず周りにも何もないためただ座ったりしゃべったりして待つという方法しかありませんし食べ終わってもしゃべっている人が多いのが印象。

個人的には食べ終わっている人には次に人へ譲るように声掛けをしてくれたり、配慮が少し足りないような感じもしました。

くるみの木のホームページは

くるみの木では年齢制限や時間制限を設けておりません。お子様からご年配の方、くるみの木に来て下さった全てのお客様が心地良い時間を過ごせますように、他のお客様への配慮を心よりお願い申し上げます。

(引用:くるみの木公式ページ

たしかに先に来た人の勝手なんだけどね。。。

待つ人からすると少しでも早く空いてくれると嬉しいかなというのが正直なところでした。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク