Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

はり重のカレーは名物!ランチに最適なビーフワンも人気の老舗

スポンサードリンク

大阪の老舗の洋食屋 はり重

大阪の心斎橋に本店を構えている「はり重」というお店があります。

心斎橋というよりはなんば駅の目の前で道頓堀に近い老舗の洋食屋で大阪でも人気の食事スポットとなっていますね。

はり重ですが、老舗らしく味もおいしいと人気の店舗。

そんなはり重の魅力について書いていきましょう。

はり重とは?

たぶん、大阪に住んでいる人でも知らないかもしれませんのではり重について書いていきましょう。

道頓堀の入り口に位置する「はり重」の歴史は、遠く辿ると大正時代にまで遡ります。
江戸時代には「はり重」という芝居小屋も大阪ミナミに存在していたと聞いております。
1919年(大正8年)、初代社長藤本喜蔵が大阪府堺市で小さなお店を開業いたしました。
そして数年後には、その当時一大繁華街だった新世界の真ん中にすき焼き屋兼精肉販売の店を開店し、大人気を博したそうです。

(引用:はり重公式ぺージから)

間もなく創業100年になろうと言われているお店となっており、当時の建物は今でも使われています。

もちろん大阪の名物と言われるくらい老舗の建物で、昭和23年築の素敵な空間となっていますね。

肉屋がやっている飲食店

お肉屋さんがやっているご飯やなのでお肉の質や味は間違いないものとなっています。

こちらも本店の店舗の中にはいっており、お肉を販売しています、。

すき焼き用、ステーキ用、味噌漬け、切り落としなど豊富にありますが、中でも人気はローストビーフと牛肉の佃煮。

この2つは絶品だといわれていますので、おみやげに最適ですよ。

他にもカレーショップで食べられるカレー、ハヤシライスのルー、ビーフシチューも購入可能。

お弁当も事前に予約をしておけば購入ができます。

はり重の歴史

歴史は、遠く辿ると大正時代にまで遡ります。
江戸時代には「はり重」という芝居小屋も大阪ミナミに存在していたと聞いております。
1919年(大正8年)、初代社長藤本喜蔵が大阪府堺市で小さなお店を開業いたしました。
そして数年後には、その当時一大繁華街だった新世界の真ん中にすき焼き屋兼精肉販売の店を開店し、大人気を博したそうです。

(引用:はり重公式ぺージから)

戦後に道頓堀へ移転をし、従来の和食から洋食も店舗に加えたと言われています。

当時から道頓堀には芝居小屋や劇場があったことから芝居好きの人たちが集まる場となっており、そんな人たちからも洋食というおしゃれな食べ物は人気を博しました。

店舗には3種類ある?

はり重といっても実は3つの種類の店舗が用意をされており、安価なものから高価なものまで食べられるものが異なってきます。

日本料理

日本料理とはそのままです。

はり重の中の店舗の中でも最も高価な部類になっており、すき焼きがメインとなっている形態です。

すき焼きの価格帯としては7000円~17000円となっており、上質なお肉が味わえると人気になっています。

グリル

こちらは洋食が基本となってる店舗です。

ビーフカツレツやハンバーグ、ステーキなど昔ながらの洋食が味わえるレトロなレストランとなっていますね。

日本料理よりは安価になり、価格帯としては2000円~5000円くらいとなっていますので、少し豪華なディナーやランチにも最適。

愛されているお店で一人でも入って食べられる気軽な洋食屋というイメージになります。

カレーショップ

一番庶民向けのカレーショップ。

本来は高い洋食をより安価に提供をしてくれている形態となっており、最も愛されているのはカレーショップになります。

お店に名前が付いているようにカレーがメインとなっているお店でお店に訪れる多くの人はカレーを注文します。

もう一つの名物はビーフワンと呼ばれる牛丼の卵とじ。

こちらも優しい味でありながらも牛肉やらしく上質なお肉がでてきますので味もおいしいですね。

価格帯は最も安く750円~1500円程度になります。

こちらも一人でも入りやすいお店となっており仕事帰りにサラリーマンやOLなども気軽に立ち寄っているお店ですね。

カレーは絶品

私はカレーショップのカレーがとにかく好きで、はり重へ行くと必ず注文をします。

いつもシンプルなカレーではなく、ビフカツが乗っているビフカツカレーを注文するのですがボリュームもあり味も最高においしいですね。

カレーは辛くもなく甘くもなくちょうどよいです。

食べた後にぴりっと辛みが口の中に残る感じなので、小さな子供は少し食べずらいかもしれませんが小学生の娘でも食べていたので適度な辛さになります。

他にもいろいろなメニューがそろっていますが、初めて行く場合にはカレーもしくはビーフワンがおすすめです。

定食も充実

もちろんほかにもメニューがあり、定食も豊富に用意をされています。

こちらはビフカツ定食ですが、すべて白ご飯もついておりちょうどよい硬さで非常においしいです。

ランチを食べるならばカレーショップで手軽に食べたいところですね。

メニュー

・カレーライス 750円

・ビーフカツカレー 1,200円

・チキンカツカレー 950円

・エビフライカレー 950円

・トンカツカレー 950円

・ハヤシライス 950円

・一口カツ(ライス付) 1,300円

・ビフカツ(ライス付) 1,200円

・トンカツ(ライス付) 900円

・ミンチカツ(ライス付) 900円

・ビーフワン 800円

・焼き肉定食 1,500円

・ミックス定食 1,400円

・すき焼き丼(スペシャル牛丼) 1,400円

はり重の店舗情報

はり重には店舗が2箇所あります。

どちらも歴史のある店舗となっていますが、メニューが微妙に異なることもありますので初めて行くのなら本店へ行きましょう。

道頓堀店(本店)

定休日:火曜日

住所:〒542-0071 大阪市中央区道頓堀1-9-17

TEL:06-6211-7777

営業時間:11:00~21:10

大宝寺店

定休日:日・祝

住所:〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-9-26

TEL:06-6271-7666

営業時間:11:00~20:30

他にもイートインスペースインスペースとお肉が購入できるとして、大阪高島屋、近鉄上本町店にもでていますのでカレーが食べたいと思ったらこちらも利用してみましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク