Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ヘインズのtシャツジャパンフィットを購入!日本人はサイズに注意!

スポンサードリンク

日本でも人気のTシャツ ヘインズ

Tシャツといえばヘインズ(Hanes)と言われるくらい人気のTシャツです。

そんなヘインズにTシャツを先日シップスで購入をしました。

購入をした理由は「白いTシャツがほしい」「安くて枚数がほしい」「ユニクロは嫌だ」というこんな理由からTシャツ探しをしていたのですが、そこで見つけたのがヘインズでした。

今回購入をしたのはジャパンフィットと呼ばれる日本人の体型に合わしたものなのですが、ヘインズにはいろいろな種類もあるようなので紹介をしていきましょう。

ヘインズとは?

その前にそもそもヘインズとは?という点から書いていきましょう。

ヘインズは1901年のアメリカで誕生をした商品となっており、「コンフォート(快適さ)」を最も大切なコンセプトとして数々の魅力あふれる製品を生み出したブランドです。

1947年に誕生し現在も継承されているヘインズの代表アイテム「3P-Tシャツ(3枚パックTシャツ)」は、その着心地のよさが評価され、 「毎日着る身近なアイテムだからこそ、リーズナブルな価格でまとめ買いしたい」という要望に応え、メンズアンダーウェアで不動の地位を確立しました。

また、1970年代には、ヒッピー文化の象徴のひとつであるプリントTシャツのボディーとして、肉厚で着心地のよいヘインズのビーフィーTシャツが多くの若者に愛用されるなど、ヘインズはアメリカのライフスタイルとともに歩んできました。

(引用:ZOZOTOWN「ヘインズ」)

中でもパックTと呼ばれる販売方法を生み出したのはヘインズといわれており、生地の気持ちよさから袖を通せば体が喜び、見た目もシンプルなのでどんなファッションアイテムにも合う商品として人気を集めています。

販売方法としては1つの袋に2~3枚のTシャツをいれてあるスタイルでそれを確立したのはヘインズだといわれていますね。

ヘインズの種類

そんなパックTシャツの王様的な存在のヘインズですが、実はいろいろな種類が販売をされています。

これは袋の色で異なっており、赤、青、ゴールド、ビーフィーなどいろいろな種類があります。

赤パック

コットン100% 1942年に登場し、最も歴史がある赤パックです。

ヘインズ独特の「クタリ」感を楽しめるアイテムで最も販売をされている数が多く、セレクトショップなどでもコラボアイテムとして売られています。

青パック

コットン75%ポリエステル25% ポリ混合で汗をかいても乾きやすく、型崩れしにくいのが青パックの特徴鵜です。

ドライな肌触りで涼しく着ることができるのであえて青パックを選ぶ方も多いですね。

ゴールドパック

コットン100% 上質のプレミアムコットン素材のゴールドパックです。

型崩れも少なく、着心地抜群。ヘインズパックTシリーズの中でも高い位置にいるパックTシャツです。

ビーフィー

こちらはヘビーウェイトな生地で着られるTシャツとして人気を集めており、丈夫で長持ち、洗いこんでも伸びにくく型崩れがしないタイプです。

コットン100%の記事を使用し、着心地の良さは抜群のアイテムです。

コラボも多いヘインズ

実はヘインズは世界中の人から愛されており、知名度も高いブランド。

そのため、いろいろなブランドとのコラボも多いTシャツとなっており日本だとシュプリーム(supreme)、デラックス(DELUXE)、ステューシー(STUSSY)など近年のストリートブランドとも多くプレミアがつくほどの人気になっています。

Tシャツ以外にもロンTやのタンクトップ、ボクサーパンツなどいろいろなものが販売をされていますがすべて生地などに関してはてっていをしてこだわっている商品がヘインズといえます。

ヘインズのサイズ感

次にヘインズのサイズ感について書いていきましょう。

ヘインズはパックTシャツとして販売をされているため袋にきゅっと押し込まれて売っていることになります。

つまり、試着や中身をみると言うことが難しいのは正直なところで実際にサイズをあわせて購入をすると言うことは難しいです。

また、赤パックとジャパンフィットタイプでは全くサイズのことなりますのでそのあたりも注意をいておきたいポイントといえます。

ジャパンフィットのサイズ感

例えば、Mサイズを比較してみましょう。

赤パックのサイズは着丈72.5 肩幅50 身幅54 そで丈21(すべてcm)

ジャパンフィットのサイズは、 着丈66 肩幅43 身幅48 そで丈18(すべてcm)

比較をしてみると赤パックはアメリカのサイズのままとなっていますので日本人にはかなり大きめといえます。

それに対してジャパンフィットは日本人の体形に合わせて作られているためサイズ感はかなり絞ってありますね。

私は今回ヘインズをシップスで購入をしましたが、店員さんいわくサイズ感としては約3cmくらいの違いがあるとのことです。

身長163cm、体重67kg、がっちりとした体形の私はサイズとしてはLサイズでも多く感じずゆったりと着ることができる感じとなっています。

まとめ

ヘインズのTシャツを紹介してきました。

着心地としてはかなり気持ちよいです。

ジャパンフィットは厚すぎず、薄すぎず着やすい雰囲気となっていますし見た目も良いですね。

もちろん衿ネームも気にならない熱転写タグとなっていますのでかなり良い感じですよ。

今度は黒とグレーを購入しようかと思っています♪

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク