Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

パラブーツシャンボードのサイズ感に注意!手入れの方法も解説

パラブーツ(Paraboot)をしっていますか?

こちらは知る人ぞ知るシューズのメーカーでフランスが発祥の靴となっています。

革靴の専門店で質が高く購入をすれば一生履くことのできる一足として注目を集めています。

購入も若い世代から大人の方まで幅広い年齢層から支持をされている靴で履けば履くほど良さが出てくきますね。

そんなパラブーツが雑誌にもよく掲載をされていることから私もずっとほしいと思っていたのですが、とにかく値段が高いことからなかなか踏み切れませんでしたが臨時収入があり今回は購入をしましたので、パラブーツのシャンボードの購入レビューを書いていきましょう。

スポンサードリンク

パラブーツとは?

パラブーツとは?どんな靴でしょうか?

パラブーツはフランスを代表するシューズブランドです。

靴職人のレミー・リシャールポンヴェール氏によって百余年前に創業されました。

ノルウェイジャン製法やグッドイヤー製法など、伝統的な手作業による工程を行い、丈夫で履き心地のよい靴作りを続けてけています。

また世界で唯一、自社でラバーソールを製造しているブランドとしても有名でラバーソールはアメリカでレミーが学んで作ったもの今でも使われています。

耐久性にすぐれているのはもちろん、ベーシックで汎用性の高いデザインのものが多く、大人たちから絶大な支持を得ていますね。

革靴は雨の日は向いていないと言われているのですが、このパラブーツは雨の日に履いても大丈夫な革靴をしても有名なんです。

(参考:パラブーツ公式ページへ

パラブーツはシャンボートは一番人気

これだけ歴史のある靴ですし、種類はいろいろとあります。

定番の靴といえばCHAMBORD (シャンボード)、MICHAEL(ミカエル)、Avignon(アヴィニョン)、BARTH (バース)、WILLIAM (ウィリアム)CORAUX(コロ―)、Proton(プロトン)などがあります。

今回は初めてのパラブーツと言うこともあり、定番で最も人気があるシャンボードを購入しました。

ベーシックな外羽根のUチップデザインで形が作られていますので、カジュアルな着こなしからドレッシーな着こなしまで幅広く対応をしてくれる一足となっています。

登山靴で採用される伝統的のノルヴェイジャン製法で作られているため、堅牢性と防水性にすぐれていますのでパラブーツの購入を検討している方はまず購入をしておきたい一足です。

ソールには自社製の素材「パラテックス」を使用されており、ゴムを原料にしているため適度な弾力で歩行中の足を守ってくれるのが特徴です。

アッパーとソールはニ重ステッチで縫いつけられていますので、防水性も高いのがうれしいポイントといえます。

私も他の靴もいろいろと見たのですが、やはりスタンダードなモデルから購入をしておきたいという気持ちもあったので初めてのパラブーツはシャンボードを購入するという形にしました。

色はブラック、ブラウン(マロン)、ネイビーの3色展開となっており、ネイビーは限定のものが多いため着回しきくブラックを購入しました。

ブラックはフランス語でノワールと呼ばれており、ドレスシューズの基本中の基本と言われるほどのカラーとなっていますのでまずはブラックを購入しましょう。

ジーンズやチノパンなどに合わせても良いですし、私は試着をした際にはブラックジーンズでしたが結構しっくりくる感じでした。

他にもセレクトショップでは限定品も出ており、「ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ」では、グレイン・スムース・ガラス・スウェードの4種のレザーを組み合わせたクレイジーパターンを別注されており、これもスタンダードはシャンボードと違うかっこよさのあるシューズでしたね。

ちなみにシャンボードの価格は70,200円となっていますのでかなり高額なお買い物となっていますので覚悟をもって購入をしてください。

ボーナスはすべてなくなってしまいました(笑)

シャンボードのサイズ表記は?靴は一度履いてみよう

いろいろな店舗をみた結果私は開催には大阪にある店舗のパラブーツの大阪店で購入をしました。

その理由はサイズがセレクトショップでは扱いのないサイズだったからです。

楽天市場やアマゾンの方がサイズもあって安いと思っていたのですが、パラブーツは足のサイズに合わせて購入をすると痛い目を見ることになります。

そのため、サイズ感には注意をしましょう。

パラブーツの表記はUKサイズとなっています。

UKサイズ 日本サイズ(大体のcm)
5 23.0~23.5
5.5 23.5~24.0
6 24.0~24.5
6.5 24.5~25.0
7 25.0~25.5
7.5 25.5~26.0
8 26.0~26.5
8.5 26.5~27.0

これはパラブーツのサイズ表となっています。

このままだと普段私はスニーカーで26.0~27.0cmくらいを購入しています。

アディダスのスタンスミスで今は26.5cmを履いていますし、コンバースだと26.0cmを吐いています。

その感覚で一度ユナイテッドアローズでパラブーツを履いてみるとなんと一番小さなUk5なので23.0~23.5cmで良いということがわかりました。

シャンボードは履くとなじむことで皮が伸びてきます。

そのため購入時はジャストサイズ、もしくは少し小さめをを購入するようにしてください。

ユナイテッドアローズ、ビームス(BEAMS)で実際にサイズ感を聞いたのですがどこも私の足に合うサイズのUK5というサイズがありませんでした。

足のサイズも小さいため、ショップ店員さんいわく「パラブーツの店舗にしかないと思います」とのことだったので店舗へ行ったのです。

ちなみにパラブーツのショップでもサイズの5があることは珍しいそうで足にピッタリのサイズを購入したいならば正規の店舗へいきましょう。

正直、これだけ高い靴を購入するならば楽天やアマゾンで安く購入しようとは思わず正規の店舗でお金を出して買うべきです。

メルカリ、ラクマ、ヤフオクなどに中古もありますが、前に履いていた人の足の型がついている可能性が高いので新品を購入して味わいましょう。

着こなしはビジネススーツにも合う

着こなしですが、パラブーツはどんなスタイルにもあいます

そのためリラックスしたカジュアルスタイルでジーンズやチノパンなどに合わせても良いですし、ビジネスでのきちっとしたジャケパンとの相性もシャンボードは抜群です。

ラバーソールの履き心地とアッパーの上質なレザーが上品な抜け感を表現できるので、さまざまな着こなしに合わせやすい。

着こなしの写真を見ているのですが、カチッとしたスーツには少し違和感があるかもしれないですが、少しおしゃれな感じを演出しているのなら大丈夫です。

ホワイトパンツ、デニムとの相性も高いですし、夏ならばハーフパンツでも合いますので着こなしの幅も広い靴です。

パラブーツは靴の手入れが大事!頻度と方法

シャンボードの手入れはとても重要です。

本当に購入をして手入れをきちんとすれば長く履ける靴なのですがちゃんとしなければよい靴もダメになります。

そうならないためにも手入れはちゃんとしましょう。

メンテナンスの方法をパラブーツの店員さんに聞いたところ、1か月に1度は手入れをしましょうとのことです。

汚れを落として、きれいにふき取り、最後にクリームを塗りこんで栄養を与えてあげると靴に栄養が届くため長持ちをすると言われています。

防水のスプレーはパラブーツの場合はしなくても大丈夫とのことなので、今後は東急ハンズで購入をしたメンテナンスセットで手入れをまめにしていきたいと思います。

ちなみに鏡面磨きという手法でパラブーツの先を磨くとかなりキレイです。

こちら靴磨きの参考にしてください。

鏡面磨きはこちらが参考になります。

こちらはパラブーツのシャンボードを本当に丁寧に磨いている動画で50分もありますがついつい見てしまいますね。

パラブーツシャンボードのサイズ感と手入れに方法のまとめ

パラブーツのシャンボードのサイズ感を書いてきました。

パラブーツは少し大人になった人向けの靴だといえます。

がんばってためて購入をすると愛着も湧きますし、私は定期的に履いてはケアをすることを楽しんで靴がしっかりと良くなっていく感じを楽しんでいきたいと思います。

サイズ感にが注意。

そしてケアは必須なので購入前にきちんと用意をしておきましょうね。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク