Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

部屋干しのコツとは?早く洗濯物を乾かす方法と気を付けるポイント

梅雨の時期になると困ることが選択の部屋干しです。

外に干すことができれば洗濯物もしっかりと乾いて気持ちが良いのですが、梅雨の時期はじめじめとしていますのでそんなに簡単にはいかないもの。

部屋干しだとなんかイヤなにおいものこっていますし、せっかく洗濯をしてもあまり気持ちよくないもの。

そこで部屋干しのポイントや早く乾かすコツについて書いていきましょう。

スポンサードリンク

部屋干しのコツは干し方を工夫すること

部屋干しをなんとかしたいと思っていても、正直外に干すことはできませんので室内の干すということしかありません。

そのため、部屋干しの方法を工夫することが一番の近道であるといえます。

部屋干しの方法を変えるだけ全然変わりますので部屋干しに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

部屋干しのコツは「空気の通り道を作ること」ですので参考にしてくださいね。

アーチ干し

おそらくたくさんの洗濯物を一気に干すことになりますので洗濯物を干しための洗濯ばさみは大きめのものを選ぶことになります。

その際に干し方のコツを使えば干し方もまったく異なってきますので準備が必要です。

干すときは靴下や下着などの小物は内側にしておき、タオルやパンツ類などの丈の長いものは外側に干すという具合に両端に長いもの、中央に行くほど長いものを干すやり方です。

正面からみるとアーチ状になっていることからアーチ干しなんて言われるのですが、こうすることで風の通り道ができ湿った空気が通り抜け、効率よく洗濯物が乾きます。

たったこれだけのことですが、ランダムに洗濯物を干すよりもずっと乾きも早くなりますのでおすすめです。

扇風機を使う

次に洗濯物を部屋干しできれいに乾かすならば、扇風機などで風を当てるという方法です。

扇風機で風を起こして部屋中の空気を動かして湿っている空気を流して空気の交換を行う方法です。

扇風機を回して室内の空気を循環させるだけのことなのですが、洗濯物を乾かす速度はグーっとスピードアップをしますので効果も高いです。

扇風機を回す場合回さない場合では洗濯物が乾く速度も約2時間も差があると言われていますのでぜひ試してみてください。

洗濯物の下に新聞紙を敷く

部屋干しをすると室内に湿気が一気にあがるため室内自体もじめじめとします。

湿気が多い部屋になると洗濯物もなかなか乾かない状況となってしまいます。

そんなときには洗濯物の下に新聞紙を敷いてみましょう。コツは新聞紙をくしゃくしゃにしておいておくことです。

そうやって置いておくことで新聞紙はどんどんと湿気を吸い取ってくれることから室内の湿度も下がっていきますのでメリットも高いでしょう。

ただ新聞紙を置くだけですが部屋干しに絶大な効果をもたらしてくれます。

注意点としては扇風機と併用する場合に湿気を吸い取っていない新聞紙はころころと転がってしまうのでそこはご注意を!

洗濯物の間に通り道を作る

洗濯物を干すとき部屋干しだとスペースもすくないことからついつい間を詰めずに洗濯物を干してしまいます。

しかし、それは大きな間違いで洗濯物の間にスペースがなければ洗濯物をきれいを干すことは難しく、空気の通り道もないため洗濯物は乾きにくいです。

そのため、洗濯物を干す際のコツとしては洗濯物の間にはこぶし1つ分の間をあけるということです。

密着させない、重ねないというのは部屋干しのコツであり、こぶし1つ分を開けて干すことで洗濯物同士の間に隙間ができますのでキレイに干すことができます。

洗濯物同士の間に空気を循環させることが部屋干しをするコツといえますので大事にしていきましょう。

衣類はできる限り広げて干す

梅雨時期は気温も不安定な時期です。

そのため、生地が厚めのパーカーなどを干すこともあるでしょう。

しかし、そんなときに普通に干していてもなかなか乾かず気付いたら2日間も干しっぱなしであったという声もあります。

そんな乾きにくい服などは乾かすときに表面積をできる限り広げるというのがコツです。

一本のハンガーでは難しい場合には2本、3本とハンガーをたくさん使っても良いので普通に干すよりも早く乾きますのでメリットも高いです。

バスタオルにしてもまっすぐ干すのではなく、ジグザグに干すなど表面積を広げて通気性をよくすることで洗濯物が乾く状況は一気に変わりますのでメリットも高いです。

ズボンやスカートは筒干し

ズボンやスカートを干す方も多いでしょう。

ズボンはデニムなどになるとなかなか乾きにくい状態となってしまいますので注意が必要です。

そんなときには筒状にすることが大事なコツです。

角ハンガーなどを使ってズボンやスカートを筒状にして干すことで空気の通り道ができ乾きやすくなります。

部屋干しのコツのまとめ

梅雨の時期は雨が毎日のように降ってなかなか洗濯物を乾かすこともできないもの。

そのため、室内で干さなければならないのですがそれでもじめじめとしてしまいますしなかなか乾かずずっとほし続けなければなりません。

もちろん外に干すことができれば一番良いのですが、そんなに簡単にはいきませんのでここで紹介をした部屋干しのコツを参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク