Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

ジーパンでメンズに人気ブランドはどこ?実際に購入をしたレビュー

スポンサードリンク

デニムパンツは人気のアイテム

ジーンズといえばデニムでできたズボンのことなのですが、世の中にはたくさんのデニムブランブランドがあります。

私もジーンズが好きなのでいろいろなお店のものを購入したので、ここでは実際に履いたジーンズや、お店で見かけたかっこいいジーンズなどを合わせて紹介をしていきたいと思います。

最近はいろいろな商品が出ており、わざと加工をされているもの、わざと洗ってあり柔らかくされているものもあればものすごく厚い生地で男性好みのものなどいろいろとありますので紹介をしていきましょう。

ジーパンとは?

そもそもジーパンの定義について書いていきましょう。

ジーパンとは、デニム生地、や他の綿生地などで作られているカジュアルなズボンのことを指しています。

年齢や性別を問わず多くの人に指示をされているファッションアイテムの1つとなっていますね。

高級なものから一般向けの安価な商品までほぼ同じ造りとなっているのですが、生地や製法、部材などいろいろものがあります。

安価なものだとユニクロやGUなどが代表格となりますが、最近は質もあがってきていることから人気のアイテムとなっています。

それに対して高級なブランドはより良いものを提供するために新たな加工をしたりしていますね。

歴史

ジーパンの歴史は深く、デニム生地でできたズボンのことを指しているのですがの「デニム」の語源はフランス語の「serge de Nîmes(セルジュ・ドゥ・ニーム)」です。

「(フランスの)ニームの綾織り」といった意味の表現であるといわれていますね。

ジーンズの発祥としては、鉱山で働く男たちのためにに破れないズボンと作ろうということから始まっており、1870年に現在のリーバイス社がワークパンツをして発売をしたのが始まりだと言われています。

日本では別名Gパンやデニムパンツ、ジーンズなんていわれることもありますね。

シルエットや色も豊富

ジーンズの良いところは色も豊富にそろっており形もいろいろなことから万人の理想にあったものがあるというものです。

たとえば新品でもノリが付いているような商品から、ダメージ加工をされているもの、10年くらい履いたような色落ちのものなどいろいろとありますね。

他にもホワイトジーンズもありますし、ブラックジーンズもあったりととにかく種類が豊富なところがジーンズの良いところです。

また、シルエットも豊富となっておりストレッチの入っているすごく伸びるタイプの細身のジーンズから、ワイドなシルエットのものまで幅広くそろっています。

そのため、自分の理想とするスタイルに合わせたものを見つけられるというものジーパンの良いところです。

また、人気ジーパンブランドのディーゼルがスウェットのようなジーンズと発売してジーンズ業界に革新をもたらしています。

メンズに人気のジーンズブランド

ここでは私が実際に持っており履いたもののレビューも書いていきますが、人気のある店舗のものについても書いていきます。

今30代半ばなのですが、本当に多くのジーンズをはいて着ておりこの10年でもシルエットやスタイルはいろいろと変わっているなという印象になります。

私は20代はとにかくリーバイスにはまっており結構たくさん買っていたのですが、最近はイタリアのブランドも結構好きです。

もちろん、ブランドによっても価格も異なりますし、生地の質や形などいろいろな違いもありますので紹介をしていきましょう。

リーバイス(Levi’s)

ジーンズブランドといえばリーバイスと言わるくらい定番で人気のジーンズとなっています。

世界でも初めてジーンズを作ったブランドとして人気になっており、形も色の豊富にあることから絶大な支持を受けていますね。

リーバイ・ストラウス(英語:Levi Strauss & Co.)は、アメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーで誰もは1つは持っていると言われているジーンズブランドです。

(参考:「リーバイス公式ページへ」)

リーバイスの定番の形といえば「501」と呼ばれる一番スタンダードなシルエットのものにないます。

最近は先に向かって細くなる505やスキニータイプも人気となっています。

私は購入をしたジーンズは508でウェストなどはストレートジーンズだけれども、ひざ下から細くなっているタイプのテーパードとなっていますね。

もし、どこのジーンズと購入しようか考えているのならばまず一番に購入をしておきたいブランドといえます。

私の友人はこのリーバイスの中でもヴィンテージが大好きなものがおり、5万円ほど出したり、中には10万円以上もするジーンズを購入していました。

リーバイスは歴史があることからジーパンブランドの代名詞といえますね。

リーバイスの値段

価格帯としては1万円~ビンテージなどになると数十万円になることもあります。

リーバイスのジーパンは今までに10本ほど履きましたが、その時代に合わせた形が出ていますし生地も丈夫なのでとても汎用性の高いジーンズです。

価格も安価なもので1万円程度のものも多いため、ブランドのジーパンを購入するならばリーバイスがおすすめです。

リーバイスの場合は1本にこだわるのではなく、色やダメージなどいろいろなジーンズを購入して楽しめる良さがありますね。

ちなみに私が人生で初めてかったジーパンはリーバイスの503です。

中学生の頃にお年玉の1万円を手にもって買いに行ったことを今でも覚えています。

この写真は私が1年ほど履いたジーパンなのですがスマホの型がついています。

こんな風に履いていくうちに自分の味が出てくるのもジーパンの魅力だといえますね。

エドウィン(EDWIN)

こちらも世界的に有名なジーパンブランドとなっており、日本の岡山県が発祥の日本のジーンズブランドとなっています。

EDWINというブランド名は、デニム(DENIM)の「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転し「WIN」として命名されたといわれています。

「江戸」が「勝つ」(WIN)という説は俗説であり、公式な情報は確認されていないですね。

エドウィンといえば俳優のブラットピットが定番の「503」を歌っていたのが有名で一番の人気は503となります。

エドウィンので値段

価格帯も比較的リーズナブルで1万円~となっていますね。

エドウィンの場合はそこまで価格として高いイメージはなく、一番高いジーパンでも2万円はしないので、数を持ちたいならばエドウィンはおすすめのジーパンブランドです。

価格が安価なため高校生などに人気のジーパンブランドですが大人の方にも熱烈なファンがいるジーパンブランドです。

リー(Lee)

1889年にアメリカカンサス州サリナで産声を上げたLeeも人気のジーンズブランドです。

伝統的なディティールは継承しつつ、現代的にアップデイトされたスタイル、美しいシルエット、そしてデニムメーカーならではのクオリティの高さが特徴となっていますね。

リーはジーンズ以外にもバッグや子供服など商品が豊富にそろっているのが人気の秘密となっています。

リーの値段

価格は1万円くらいとリーズナブルはジーンズブランドです。

ジーパンだけではなく、どちらかといえばジーンズ以外の商品が多いですね。

子供用品はスヌーピーなどとコラボをしているものがあったりしますし、リュックがシンプルでかわいいなどジーパン以外にもついつい目がいってしまうブランドです。

ディーゼル(DIESEL)

世界的に有名なデニムブランドとなっており、ジーンズの他にもTシャツやバッグなどいろいろなアイテムが人気です。

「DIESEL」という名称の理由は、世界中どこでも同じ製法で作られ、又、同じスペリングで表される言葉だったためです。

設立当初からグローバルを視野に入れた意味合いが込められています。ディーゼルのデザインは既成の流行を追い求めるものではなく、個性的で斬新なファッションを求めています。

ちなみにディーゼルという名前になった理由は界中で同じように発音されて覚えやすく、当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料のように世間を活気づけたいという思いからつけられたとされています。

(引用:ディーゼル公式ページ

私の副業で成功をして始めて買った高級ジーンズはディーゼルなのですが、形もデザインも独特ですがかっこよさがあるので購入をしました。

今まで日本のブランドだったのですが、履いた感じやデザイン性は日本にはないものとなっており、生地を触った感じもとても良く履き心地も抜群なので気持ちが良いですね。

メンズだけではなくレディースも人気となっており、ダメージ加工はかっこよいです。

最近はJOGG JEANSと呼ばれている柔らかい生地のジーンズが出てきており履きやすさとシルエットの良さで人気となっていますね。

ディーゼルの値段

価格帯としては3万円が相場となっており、高いものになると6万円くらいになるものもあります。

価格は高いですがそれだけの価値を見た目を演出してくれますので、また余裕があるときには1本買いたいと思わせてくれるジーンズです。

ディーゼルはジーパンが基本となっていますが他にも衣服に力を入れており、トータルコーディネイトが可能なお店となっています。

私もここのTシャツなどはデザインがかっこいいためついつい購入をしてしまいますが、結構お値段がします。

(Tシャツで約1万円くらい)

かっこよいですし、質も良いのですがとにかく高いというのがディーゼルの印象ですね。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

こちらはスウェーデン発祥のジーンズメーカーとして人気を集めています。

基本的には細身のジーンズを販売しており、中でのTHIN FINN(シンフィン)は最も人気のあるジーンズとして人気になっていますね。

(参考:「ヌーディージーンズ公式ページ」)

基本のジーンズの形は細身となっており、豊富なバリエーションが揃えられていることです。

裾に向かって細くなっていくテーパードやストレート、股上の浅いものからジャストなタイプなど自分のほしい形や体系のものがきっと見つかると言われているジーンズメーカーです。

ヌーディージーンズの値段

価格帯は2万円~5万円程度となっており、ステッチのマークは印象的なジーンズだといえますね。

ここのジーンズ形はいろいろとあります。

私はこのシンフィンを購入をしたのですが、なかなか気に入っていますし今はスキニーリンという形のブラックデニムも愛用をしています。

購入をするジーンズによってはストレッチも入っており、伸びも良いので履き心地も良いジーンズだといえますね。

価格はものによって大きく差がありますので、ほしい形と加工具合によって価格帯も変動をしますのでいろいろと見てみましょう。

一番安価なもので2万円程度となりますすが、先日ダメージ加工をされているものになると4万円程度となっていたので商品によって差が激しいなという印象です。

ヌーディーを購入する際の注意点ネットで購入しないことです。

実は履く商品によってサイズ感は大きく異なり、私も同じサイズ30を履いたのですが1つはかなり細くて入らなかったですが、もう1つがガバガバで抜けてしまうという状態でした。

そのためヌーディージーンズを購入をする際には必ず試着をすることをおすすめします。

リプレイ(REPLAY)

REPLAY(リプレイ)もイタリア発祥のデニムブランドとして人気と集めており、スマートカジュアルのトータルウェアを手掛けているヨーロッパで絶大な人気を誇っているブランドとなっています。

(参考:「リプレイ公式ページ」)

話題のトレンドを入れつつも、独創性と本物志向を求めるファッションフリークから絶大な人気を集めているブランドです。

リプレイの始まりは1978年に、クラウディオ・ブジオール(Claudio Buziol)が開始をしたと言われていますので歴史あるジーンズメーカーですね。

ディーゼルやGASと比較をされることが多く、デザイン性と履き心地を追求しているブランドです。

リプレイも種類は豊富なジーンズがそろっており、ダメージなどの加工をされているものからキレイめのスタイルにも履くことができる汎用性の高いジーンズメーカーです。

リプレイの最大の特徴はHYPERFLEXと呼ばれる伸縮性の高いジーンズです。

広告塔をしてサッカー選手のネイマールを起用をしている代表的なジーンズですが、サッカー選手のネイマール選手が履いても細身をキープ。

サッカー選手なので太ももは太いのですが、それでもきれいなシルエットを保っているのですごいなと思いますね。

斜めや横には驚くほど伸びますが、縦には伸びないジーンズで洗濯を繰り返しても型崩れがしないと言われています。

リプレイの値段

私が購入をしたのはサファリにも掲載をされたハイパーフレックスのANBASS(アンバス)という種類のジーンズでウェストはレギュラーだけれども裾に向かってテーパードしていく細みのタイプです。

価格帯は3万円~5万円程度となっており、加工によってはもう少し高くなる場合もありますが、高級なジーンズを購入しようと思っているならば候補に入れておきたいジーンズブランドだといえます。

ディーゼルか?リプレイか?と言われると個人的にはリプレイの方が履き心地と汎用性は高いのでその時にほしい気分のジーンズを2つのお店で比較をしてはいかがでしょうか?

あとはGASもイタリアのジーパンブランドなので、イタリアのジーパンを購入するならこの3つの比較になるでしょう。

DENHAM(デンハム)

オランダのジェイソン・デンハムさんが2008年に立ち上げたブランドで歌手のU2のジーンズを制作しているイギリスのジョーケイスリーヘイフォードのワークショップから立ち上げたブランドです。

新品だけれどもヴィンテージのようなリアルな色落ちや汚れているような加工、スリムフィットで美しいシルエットが特徴のジーンズブランドとなっており、正規店は全国にありますし、バーニーズニューヨークやセレクトショップにはおいてあることがあります。

デンハムの特徴としてはハサミのマークがいつもあるのが特徴となっていますね。

他にもポケットの中の布にもはさみ、ボタンステッチにもはさみととにかく細かな点まで丁寧な仕事をされておりこだわっているジーパンです。

DENHAM(デンハム)の値段

デンハムの価格帯としてはジーパンの加工具合によりますが、3万円~7万円くらいの間のジーパンブランドでかなり高級と言ってよいでしょう。

もちろんジーパン以外にもTシャツ、デニムジャケットなどの服も作っていますね。

人気の型はスキニーの「BOLT」、テーパードの「RAZOR」、スキニーとレギュラーを組み合わせている「SHANK」となっていますので、デンハムを購入するならこの3つは試着をしてみましょう。

エヴィスジーンズ(EVISU)

エヴィスジーンズは大阪発祥の衣料品を製造販売する会社となっており、現在は滋賀県大津市に本社があります。

エヴィスジーンズは、独特なペンキステッチのマークとデニム素材の経年変化による色や風合いを特徴としており、日本の高級ジーンズブランドの代表といえますね。

最初はジーンズだけのお店となっていましたが今ではスウェットシャツ、カジュアルウェア、スーツ、靴などいろいろなものも提供をしている会社となっています。

エヴィスジーンズの最大の特徴はポケットカモメのステッチのマークになります。

直営店ではジーンズを購入すると好きな色でポケットにペイントしてくれるサービス(一部有料)を行っていますので自分好みの色のマークを描いてもらうことが可能です。

エヴィスジーンズの値段

エヴィスジーンズの値段は2~3万円程度となっており、選ぶ生地や形によって異なるという印象になります。

他にもシャツで2万円などジーパン以外のものにも力を入れており、エヴィスでトータルとコーディネイトすることで個性的な感じになれますね。

関西が発症のファッションブランドだけにトータルでそろえた場合には見た目も関西人ぽく見える?というのが個人的な印象となります。

エヴィスならではのかっこよさはありますし、なんといってもジーパンの経年劣化はかなりかっこよいのでおすすめの商品ですね。

G-STAR RAE(ジースターロウ)

ジースターロウは若者に人気のジーパンブランドとなっています。

素地や加工にもこだわるデニムブランドとなっており、オランダで誕生しました。

デニムに対する常識や可能性というものをしっかりと見極めて常識を覆すようなデザインが人気となっていますね。

良くディーゼルと比較をされることもありますが、手法やスタイルは全く異なってっています。

中でも立体裁断を得意としており、「ELWOOD(エルウッド)」が人気のジーンズですね。

他産業とのコラボも人気となっており、自動車の「Land Rover」とのコラボレーションで「RAW Defender」やバイク屋とコラボをしています。

全世界に300店以上のショップを持っておりアウトレットからショップまで幅広くあります。

ジースターロウの値段

ジースターロウはどちらかといえば若い世代が履いているようなジーパンです。

立体裁断などはお得意なジーパンブランドとなっていますが価格帯は20,000円~30,000円程度くらいになります。

ジーパンだけではなく、服(ダウンなどまで)や靴にも参入をしておりトータル的にコーディネイトできるお店として人気を集めています。

Dsquared2(ディースクエアード)

カナダ出身の双子の兄弟、Dean and Dan Caten(ディーン&ダン・ケイティン)が1994年にメンズのプレタポルテからスタートした「Dsquared2(ディースクエアード)」と呼ばれるブランドです。

独特なデザインとかっこよさがあり、デニムパンツだけではなくふぁっ新アイテムを作っているブランドですね。

ジーンズはダメージや加工に長けており、見た目も大人の雰囲気を醸し出している商品が多いです。

ちなみにディーゼルのブランドで働いた経験を持っている人がデニムを作っていますね。

ディースクエアードの値段

ちなみにジーンズの価格は5万円~高いものになると60万円という代物まで用意をされているジーンズの中でも高級ブランドとなっています。

正直60万円近くのジーパンになると「なんでここまで高いの?」と感じざる負えないくらい高いですが、質が良いのか?加工がすごいのか?とにかくお金もちには人気のジーンズブランドです。

ヤコブ コーエン(JACOB COHEN)

こちらもイタリア生まれのジーパンとなっており、若い世代におすすめというよりは30代、40代のおすすめのジーパンブランドとなっています。

足長の効果を生む立体的なシルエットやジャケットに似合うとされているテーラードデニムという語源を作り出したのもヤコブコーエンだといわれていますね。

大人に向けたラグジュアリーカジュアルと言われています。

また、ポケットなどもおしゃれとなっており見えない部分も無地ではなく、デザイン性を取り入れているあたりもヤコブコーエンのこだわりといえますね。

ちなみにイタリア製となっていますが、生地は日本製となっているため世界的にも有名な岡山もデニムがいかに質が高いかということがお分かりいただけます。

ヤコブコーエンの値段

ヤコブコーエンの値段としては38,000~60,000円となっておりイタリアブランドの中でも群を抜いて高いのが正直なところです。

購入をするならば688という定番の型番があり、股上が浅く、ひざ下からテーパードしている優秀なシルエットが人気ですのでヤコブコーエンを購入しようと思っている方は試着をしてみてほしい一本となります。

チープマンデー(CHEAP MONDAY)

こちらは安価なジーンズとして人気を集めており、なんといっても最高の細めといわれるくらいのスキニージーンズが人気を集めています。

ガイコツのマークが印象的なジーンズメーカーですね。

こちらのスウェーデンが発祥のジーンズメーカーとなっており、リーのスペシャルアドバイザーの経験をしたデザイナーのオリエン・アンデルセンとアダム・フライベルグが2004年に立ち上げたブランドです。

ファッションアイコンのケイト・モスが着用したことで世界的な支持を獲得しており、日本でも若者を中心に根強い人気があるジーンズメーカーとなっています。

股上はとにかく浅いつくりとなっているのですが、伸縮性は高く伸びは抜群なのですっきりと履きたい方には最高のジーンズといえます。

しかも生地も厚めでしっかりとしているため長く履けるジーンズです。

チープマンデーを購入する際にはかなりぎゅっと細くなりますが、とにかく伸びますのでいつも購入をしているサイズよりも小さめでも入ると思います。

BEAMS(ビームス)などに置かれていますので一度試着をしてから購入をしましょう。

チープマンデーの値段

価格帯は1万円程度が相場となっていますね。

相場からそこまで変動をすることもなく、基本的はほぼ同じような価格帯となっています。

チープマンデーも通販での購入はあまりおすすめしません。

その理由としては購入をする商品によって伸縮性も異なるからです。

私はブルーデニムと、ブラックデニムの2つを履いたのすが、ブルーデニムとブラックデニムを比較するとブルーデニムの方が2倍くらい伸縮性があります。

そのため、商品によってもサイズが異なるため一度履いてみることをおすすめします。

A.P.C(アーペーセー)

A.P.C(アーペーセー)はフランスを代表しているファッションブランドとなっています。

メンズ、レディースともに人気のあるメーカーでジーンズだけではなくシンプルはファッションも人気となっています。

ちなみにブランド名は、「生産と創造の工房 (Atelier de Production et de Creation)」の頭文字を取った略語で、「デザイナーの名前を服のデザインに結びつけたくない」という想いが込められている名前です。

とにかくシンプルで無駄なものもつかないジーンズメーカーとして人気になっており、いろいろなジーンズをはいて最後にたどり着くのはA.P.Cという印象です。

デニムの生地の質も高いため、履いていくたびに味も出てくるそんなデニムです。

アーペーセーの値段

ジーンズの価格は2万円くらいは相場となっています。

アーペーセーもジーパンだけではなく、ほかにもいろいろな商品をおいていることから人気のブランドとなっており、ジーンズよりもバッグが6万円していたりします。

本当にシンプルで良いものを購入するならアーペーセーといわれるくらい商品に無駄な装飾はありませんね。

ジーパンブランドのメンズのまとめ

いかがでしょうか?

ここまでいろいろなジーパンブランドを紹介してきました。

こうやって書いてみると私もジーンズにいくら使ったのか・・・と思うくらいの書き方ですが商品によって値段もことなりますし、質もことなりますね。

ついつい持っていても購入をしてしまうのはジーパンの魅力なのですが、他にもブルーが基本となっていることからコーデがしやすいですし、裾上げの長さを変えることで見た目もいろいろと変化をつけられる点も魅力だなと思います。

昔は裾上げも長めにしていたのですが、最近はジャストサイズにして2回ほど折るのが私は好みですし、大きくおりたい人はわざと裾上げをしなかったりもします。

ジーパンは人それぞれのファッションスタイルに合わせていろいろと変化ができますので1本とは言わずに2本、3本とその日の気分によって変えられるように持っておきたいアイテムといえますね。

ここで紹介をしたジーパンが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク